佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  未分類 >  まとめてアップ
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

まとめてアップ

19日に放流魚の拾い釣りをしましたが、ビデオの場所にまだ残りがいましたので、20日に再度現地へ。
でも、その前に千曲川で川虫取り。
川に入る前にある木にはアメシロがいっぱい。
その下を恐る恐る通っていきます。
DSCN1977a.jpg
こんな状態なので我が家の畑にも飛んできちゃうんですよね。
昨19日に釣り残した場所に着いてみると、釣り残した分より魚が多くいます。
きっとどこかから出てきたんでしょうね。
と言っても全て放流魚ですが、、、
魚の前にポタリと餌を落とすとすぐに食いついてきました。
DSCN1979a.jpg
他にも同じ場所で4匹ゲット。
DSCN1981a.jpg
あと2匹泳いでいるのですが、この2匹は警戒心が強くどうしても釣れませんでした。
[広告] VPS

実は今日は源流に行こうと思い、ついでに19日に釣り残した場所に寄りました。
と言う事で目的の河川の源流へ移動。
とある場所で1匹バラした以外は釣れるのはこのサイズばかりでリリースの連続。
かなり入りやすい場所なので、良型は釣られてしまっているんでしょうね。
河川の周りの草も結構踏まれています。
DSCN1986a.jpg
最後の魚止めの滝下でやっと泣き尺をゲット。
錆びたイワナで、釣り人としてはこう言うのを釣りたかったんですよね。
源流イワナという気がします。
DSCN1988a.jpg
DSCN1989.jpg
帰りの道路端。
木々の紅葉が始まり、季節は秋です。
DSCN1999.jpg

代わって次の日(21日)。
錆びたイワナを釣った下流に入渓。
天気も良く、気温もちょうど良いので、とても気持ちが良い。
DSCN2020.jpg
このようなコケの川は源流という気がします。
DSCN2001a.jpg
入ってしばらくは前日同様チビばかりでリリースの連続。
DSCN2003b.jpg
あまり釣れないのでトンボも可哀そうと思ってか慰めに来てくれました。
DSCN2010a.jpg
今日はボウズかな?と思っていたところやっときました。
流れがゆっくりのところで、水面に落ちてくる餌を捜しているようで、上からポトリと落としたらすぐに食いついてきました。
毛鉤みたいな釣り方です。
DSCN2015a.jpg
その後はまたチビの連続。
昨日釣った場所まで釣り上がってしまいました。
そしてこの一匹。
昨日釣り落としたイワナです。
DSCN2036a.jpg
さらに釣り上がり、錆びたイワナを釣った場所で2匹追加。
DSCN2039a.jpg
DSCN2041a.jpg
今日はボウズかと思っていたら5匹ほど釣れました。
天気も良く、気持ち良い釣りができました。
11時30分に納竿。
帰る途中にとある渓に立ち寄り。
実は昨日その渓の橋上から川を見たところ、魚が泳いでいるような感じが、、、、
近くに観光客がいましたのでその時は止めました。
今回は誰もいませんので、ちょっと立ち寄ってみました。
そしたら何と一投目できました。
結構な良型。
DSCN2044a.jpg
さらにすぐ上流の橋上から見た場所。
ここにも1匹いました。
DSCN2046a.jpg
これは他にも居るのでは?と思い、下流側もあたってみると、チビイワナに交じってキープ1匹。
時間が無かったのであまりできませんでしたが、さらに上下流をあたってみようと思っています。
DSCN2054a.jpg


22日、今日も8時過ぎに家を出て、とある渓へ。
釣り始めてもチビしか釣れず、今日こそボウズかな?と思っていましたが、落ち込みの下でやっと1匹。
1匹釣れてホッとしました。
DSCN2056a.jpg
さらに上流へ釣り上がっていくと、とある落ち込みで良型が泳いでいました。
スッと餌を流すと食いついてきましたが、合わせに失敗。
これは警戒してダメかと思いましたが、2投目で再度食いついてきました。
今年最後の尺イワナ?
DSCN2058a.jpg
さらに同じ場所で2匹追加。
DSCN2064a.jpg
一旦車に戻り場所を移動。
渓に下りていく途中の木にこんな痕が、、、、
誰かが傷付けたのか、それとも森のくまさん????
最近の傷のようです。
DSCN2068.jpg
キョロキョロビクビクしながら、目的の場所だけやって納竿。
あんな傷を見たら、とても長時間は釣れません。
それでも何とか1匹釣れました。
DSCN2070a.jpg
今回もお昼前に納竿。
魚は近くの方々に最後のおすそ分け。
3日間とも良型が交じりラッキーでした。
渓流釣りもあと一週間。
何か焦ります。
スポンサーサイト
[ 2017年09月22日 22:59 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)
こんな細い流れでも魚はいるものなんですね
根こそぎ釣られてしまわないか心配ですね
[ 2017/09/23 01:57 ] [ 編集 ]
おはようございます。
落とした途端にパクッも大好きです。
自分的にはかなり面白いです。
魚と人と、どちらが先に相手を見つけるかの競争ですね。
全体的に流れから結構離れて、そっと竿を出すスタイルが自分と似ています。
[ 2017/09/23 05:23 ] [ 編集 ]
おはようございます。
最後の追い込み活動的ですね、体感的には良い季節になりましたが、私なんかは春先の意気込みに比べればなんとなく釣りも雑になって来てしまいます、大雨を期待しているのですがあまり降りそうもないですね。
[ 2017/09/23 05:46 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
カメラの角度で細く見えますが、結構流れはあります。
とは言っても源流ですから川の中を歩けるくらい水は少ないです。
私は15cm以下は全てリリースしていますが、県外の一部の方は全て持ち帰っているようです。
[ 2017/09/24 22:53 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
特にヤマメはちょっとした物音ですぐにヤブの中に入ってしまいます。
近づくのが大変です。
流れのある所は魚からもこちらが見えないのでいいんですが、ゆったりとした所はまずダメですね。
そこが面白いところでもあるんですが、、、、、、
[ 2017/09/25 18:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
最後の追い込みやっています。
まとめて釣りをやって、二週間竿を握らない時に(10月14日から冬季ニジマス釣りが始まります)禁断症状が出ないようにしなければ(笑)。
[ 2017/09/25 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL