佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  未分類 >  今日も行っちゃいました
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
QRコード
QR

今日も行っちゃいました

土日はあまり釣りにはいかないのですが、千曲川を見ると増水に濁りがあり、この様子だと源流は好条件????。
DSCN1321.jpg
そう考えると居ても立っても居られず釣りに行っちゃいました。
いつもは山奥に行くのですが、今日は無理をせずに放流魚狙い。
とは言っても放流されたのは先月の19日ですが、、、、
8時30分に最初のポイント。
1匹残っていました。
DSCN1322a.jpg
放流ポイントの釣り歩きなので釣りそのものは楽なのですが、移動が大変。
と言う訳で次のポイントに移動したのですが先行者あり。
あきらめて次のポイントへ。
DSCN1324.jpg
ここは放流魚の爆釣りしたところ。
その後も何度か来て美味しい思いをしました。
もう居ないだろうと思ったのですが、何と2匹も残っていました。
DSCN1325a.jpg
DSCN1327a.jpg
天気も良く9時過ぎでかなり暑いのですが葦の葉には水滴が残っており、川への昇り降りでびしょぬれに、、、、
まあこの季節だとあまり気にはなりませんが、、、、
釣っているうちに乾くでしょう。
DSCN1330.jpg
DSCN1331.jpg
さらに次の場所へ移動。
ここは少し上流で放流があり、魚が下ってきます。
年に何回か釣りにきますので、ブログにも時々登場しています。
落ち込みが2つ程あり、そこに1~2匹落ちてきています。
最初の落ち込みで1匹ゲット。
DSCN1332a.jpg
さらにその下の落ち込み。
DSCN1334a.jpg
その下に小さな落ち込みがあるのですが、良型のイワナをバラシ。
糸が跳ね上がって上の枝にクルクル。
取るのに苦労しました。
DSCN1336.jpg
ここはとある放流ポイントの下流。
しかしながら放流魚が釣れた事無し。
時々良型の天然物が釣れます。
農業用水に水を取られているので、かなり渇水しています。
そのためかいつもは釣れないポイントできました。
DSCN1337a.jpg
さらにその近くのポイントからも。
小さな落ち込みに潜んでいました。
DSCN1340a.jpg
いつもはこの落ち込みで良く釣れるのですが、今回は出ませんでした。
DSCN1345.jpg
今回はいつもは釣れないポイントから釣れているので、もう少し下流まで足を延ばしてみたところ、珍しく釣れました。
DSCN1343a.jpg
DSCN1346a.jpg
ここまでやって11時30分納竿。
釣っていたのはこのくらいの標高のところ。
結構標高が高いのですが、意外と暑く感じます。
たぶん湿度が高いのが原因なんでしょうね。
DSCN1348a.jpg
スポンサーサイト
[ 2017年07月09日 23:58 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)
おはようございます。
この頃暑いですね、夕方は決まって夕立が来ます、先日は強風も混じってモロコシが倒れてしまいました、佐久の方も大雨、雷注意報が出ましたが大丈夫でしたか、九州のように長く続かないから良いですが、暑さには参ってしまいます。
[ 2017/07/10 05:26 ] [ 編集 ]
おはようございます。
地元の利を生かしながら、楽しいチョイ釣ですね。
まだ残っているかなとワクワクしながら釣るのも楽しそうです。
さすが日本一の信濃川、内陸部にも拘らず凄い川幅ですね。
[ 2017/07/10 06:28 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
佐久の方はまた渇水状態になりつつあります。
時々八ヶ岳の方から雷の音が聞こえるのですが、雨は降ってくれません。
また夕方の水くれを再開しました。
千曲川は濁っていますが、水量は平水です。
川上・野辺山辺りの畑はちょっとした雨でも土が流出してしまいますので、それが濁りの原因でしょう。
写真にもあるように一部で農業用水を取水すると川の水もほとんどありません。
昨年まではそれでもちゃんと水があったんですよ。
同じ長野県の中なのにえらい違いです。
[ 2017/07/10 08:25 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
天気が良く、千曲川を見るとつい行ってしまいます。
軽トラには農作業道具と釣り道具をいつも乗せていますので、畑から直行です。
放流魚もほとんど釣り上げられましたが、それでも皆さんが残した物を釣り上げようとするこの性格の悪さ(笑)。
この時期まで残っている放流魚は結構良型が多いので釣りも面白いです。
[ 2017/07/10 08:33 ] [ 編集 ]
源流近くまで放流イワナが居るのですね
漁協が放流されるのは広いのですね
残りイワナでも掛かれば嬉しいです
それにしても川幅も狭く水量も少なくて
釣れる物ですね。
[ 2017/07/10 10:36 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
元々漁協の管内が源流域ですので、かなり上流まで放流されています。
四輪駆動の車でなくては入れない所にも放流されます。
佐久地方は一部では雨が降っているようですが、全体的には渇水しています。
写真の川も普通はもっと水があるんですよ。
水量が少ない為に、落ち込みに魚が集まっているようです。
[ 2017/07/10 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL