佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  未分類 >  今回も放流物を求めて、
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

今回も放流物を求めて、

金曜日も放流物を求めて釣り場へ。
最初に入った場所は先日爆釣りした場所。
前回も8匹上げていたのでダメかと思ったのですが、2匹釣れました。
小型があと2匹残っていますが、警戒してダメ。
DSCN1106a.jpg
さらに別の場所へ移動。
ここは放流してあるのですが竿抜けポイント。
ただ土手の上からの釣りなので、抜く時に注意が必要です。
DSCN1109a.jpg
DSCN1111a.jpg
DSCN1113a.jpg
各落ち込みで1匹ずつ上げた後別の場所へ移動。
1匹釣ってもう1匹残っていますがダメ。
DSCN1115a.jpg
さらに場所移動。
珍しくヤマメが釣れました。
前回の放流物の残りと思われます。
DSCN1117a.jpg
同じ場所でイワナを2匹。
1匹は小型のためリリース。
錆びた天然物でした。
DSCN1119a.jpg
またまた場所移動。
この2匹はこの次の写真にある落ち込みから上がってきたものです。
DSCN1121a.jpg
この場所も結構放流されるのですが、釣りやすい場所のため、放流後アッと言う間に釣られてしまいます。
2匹釣れたのも奇跡。
1匹は針が頭に掛かりました。
チョコっと刺さっているだけなのに、よく落ちませんでした。
DSCN1124a.jpg
と言う訳で今日は12匹。
釣り場は南佐久漁協管内なのですが、みな良型の放流魚です。
近所におすそ分けしていますが、この魚だと喜ばれます。
DSCN1128.jpg
たぶん放流魚の釣りはこれでおしまい。
また源流釣りに戻りますがお天気が心配です。
畑仕事も残っていますし、先日の雨で雑草もだいぶ伸びてきました。
さて、どうなることやら、、、、
イチゴのジャムを作りました。
毎日たくさん採れ、食べきれないのでジャムにしています。
イチゴの旬って本当は6月なんですよね。
近所におすそ分けしていますが、これは我が家の分。
次はルバーブとラズベリー、その後はネクタリンのジャム作りです。
DSCN1130.jpg

ところで、釣り場に行くのに高原の畑の中を通ります。
白菜やレタスが作られていますが、どの畑の野菜も全く虫に食われていません。
私もある程度農薬は使いますが、それでも虫は付きます。
どのくらい強い農薬を使っているんだろう????
DSCN1034-p.jpg
スポンサーサイト
[ 2017年06月24日 23:26 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)
おはようございます。
ジャムきれいに作りますね、たしかに専業の畑の野菜には虫食いの後すら見えません、大型機械で一面雨のように消毒するからでしょうか、我が家のキャベツはメッシュ状態です、このところいろいろ穫れすぎて処分に困りますね。
[ 2017/06/25 06:07 ] [ 編集 ]
おはようございます。
南佐久漁協さんは実にまめに放流していますね、素晴らしい。
それに何といっても、冬季ニジマス含めて一年中楽しめるんですから良いですね。
見事に虫跡一つないキャベツですね。
自分は定植時からネットをかけ、ネット裾も埋めて完全防備の積りですが、ヨトウムシに2/20個やられました。
[ 2017/06/25 07:32 ] [ 編集 ]
お疲れ様です。
どこの川も藪で大変そうですね^^;
でも藪の中歩いてでこれだけ数が釣れれば充分でしょう。
南佐久はまだ放流箇所がはっきりしないので数釣りは厳しいです。
[ 2017/06/25 19:57 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ジャムは凝固剤のペクチンを使わずイチゴと砂糖だけで作りますので、市販されているジャムとは比較にならないほど美味しいです。
我が家の畑の野菜も穴だらけです。
先日もレタスを切ったらナメクジが2匹も出てきました。
一応消毒はしているんですけどね。
きっと強さが違うんでしょうね。
我が家もキュウリが毎日10本くらい採れています。
仕方がないので私が夜食に味噌を付けて食べています(笑)。
[ 2017/06/25 23:54 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
南佐久漁協は一週間かけて管内の河川に放流します。
今回は事前に放流情報がホームページにアップされていたので、放流の特定が楽でした。
南佐久漁協は7月は放流がありませんが、8月13日~16日にニジマスの放流、9月にイワナの放流があります。
佐久漁協は7月、8月、9月にイワナとヤマメの放流、8月最終日曜と9月にニジマスの放流があります。
高原野菜の消毒は見事ですね。
実際に消毒をしているところを見ると、スーパーに行っても一瞬買う気が失せます。
[ 2017/06/26 00:14 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ご無沙汰しております。
私の釣りは足で稼ぐ釣りですので、歩き回ればそこそこ釣れます。
南佐久漁協は昨年までは※川に〇日に放流しましたとホームページに記載していました。
放流日は毎年同じ頃ですので、これらを記録しておけばだいたいわかります。
放流は橋の上からや道路と川が接している場所です。
私は足で稼いでいますが、どこからか放流日が漏れており群馬県などから放流直後に入る人が沢山います。
このため放流当日にほとんど釣り切られます。
会社勤めの人が土日に行ってもほとんど釣れないと思います。
[ 2017/06/26 00:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL