佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  未分類 >  ニジマス釣り大会in小諸
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

ニジマス釣り大会in小諸

佐久漁協主催の「小諸ニジマス釣り大会」に行ってきました。
右端にあります吊り橋の上流と下流で釣りが行われます。
IMG_4339.jpg
大会といっても競技ではなく、釣るだけです。
朝6時に放流車が到着、放流が始まりました。
IMG_4330.jpg
IMG_4334a.jpg
IMG_4331.jpg
皆さん、放流を見守っています。
こういうところは情報交換の場所でもあるようです。
IMG_4332a.jpg
タモをセットしようと1mの竿立てを水中に入れましたが、底までつきません。
急激に深くなっているようです。
落ちたらアウトですね。
IMG_4343.jpg
8時になり、一斉に釣りが始まります。
5分くらいで最初の1匹。
IMG_4347.jpg
2時間ほどやって11匹。
水が多く皆さん苦戦しているようです。
対岸の釣り場。
2~3mおきに立っていますので、結構オマツリが起こっていました。
IMG_4349.jpg
本日の最小。
マス針によくこんなのが掛かるよなあ~~~。
IMG_4351.jpg
下流のある場所へ移動したところ、ここが入れ食い。
1時間で15匹ほど釣れました。
まだまだ釣れますが、竿にトラブルが発生。
結局11時30分に納竿。
合計で30匹弱くらいでしょうか。
たぶんこの水量だと釣れた方でしょう。
今日はイクラ、ブドウ虫、クロカワを使いました。
最初の11匹はイクラ。
残りはブドウ虫でした。
途中、クロカワを何回か流したのに全く食いませんでした。
増水の中、苦労して取ったのに(泣)。
明日は湯川の上信越高速道路下でニジマス釣り大会があります。
スポンサーサイト
[ 2016年09月03日 22:55 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)
おはようございます。

我が娘が大好きなニジマス。
30匹も釣れれば、疲れてしまうくらいですね。
写真で見るとかなり流れが強そうなので、放流ニジマスは川岸付近で、しかも葦間などの比較的淀んだ場所に避難して集まるかも知れませんね。
これだけ釣ってお土産に出来れば、我が娘なら大喜びでしょう。
[ 2016/09/04 07:26 ] [ 編集 ]
放流マス
マス釣り楽しそうですね
増水の中での放流は釣人も難しいでしょう
そんな中で沢山釣り上げ流石です

まだまだこの水量ですと残ってますね
楽しみが続くのでは。
[ 2016/09/04 14:20 ] [ 編集 ]
こんにちは。
少し濁り気味に見えますが良く釣れましたね、放流直後でも釣れるんですね、生けすからの放流でしょうから練り餌でもいいかもしれませんね、餌持ちが悪いですか、競争の釣りですから手返しが勝負を決めますね、30匹とは最高じゃないですか。
[ 2016/09/04 14:22 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
中央付近は流れが速いので、淀んだ場所に集まるようです。
対岸からの放流ですが、流れの速い場所を乗り越えてこちらにも沢山ニジマスがきました。
こちらの岸は3人しかいなかったので人数が少ない分、沢山釣れました。
ニジマス釣りは腕ではないですね。
いる場所を見つける目です。
[ 2016/09/04 19:51 ] [ 編集 ]
Re: 放流マス
今年のマス釣りは水量が多いので食いがイマイチでした。
昨年の方が良く釣れました。
良くバラシもしましたが、、、、
かなり残っていると考え、次の日も行って23匹ほど釣りあげました。
[ 2016/09/04 19:56 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
増水しており、対岸からの放流ですので心配したのですが、よくこちらまで来てくれました。
実はまだまだ釣れていたのですが、引っこ抜いてばかりいたら竿を折ってしまい、泣く泣く納竿しました。
そのままやっていたら50匹くらい釣れたかもしれません。
半分以上針を飲まれ、活かして持ち帰るために新しい針に交換するのにかなり時間を要しました。
竿を折ってしまい途中で止めましたが、30匹は釣れた方でしょう。
[ 2016/09/04 20:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL