佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  未分類 >  普通の釣りです。
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

普通の釣りです。

地元の新聞「佐久市民新聞」にこんな記事が。
IMG_3789.jpg
確かに放流日以外は釣り人が少ないですね。
それでも漁協のホームページを見ると50匹以上釣っている人もいます。
やっぱり腕でしょうか。

ここのところ天気も良いので暑さを避けようと源流へ。
1投目できました。
良型のイワナ。
いつもこのポイントは釣れます。
IMG_3799a.jpg
さらにその上の落ち込み。
これは4月下旬の放流魚のようです。
29cmといったところでしょうか。
岩と岩の隙間に流したら食ってきました。
IMG_3802a.jpg
その上の落ち込み。
珍しくヤマメが釣れました。
これも4月放流の居付きでしょう。
IMG_3804a.jpg
15分で4匹(1匹はリリース)釣れました。
この河川は川の形状からここまで。
この河川が流れ込む河川へ移動。
ただ、流れ込み場所は釣れないので、居ると思われる場所へ移動します。
入渓ポイントから10mほど釣り下がった場所で釣れました。
IMG_3806a.jpg
さらに下の落ち込み。
ここはいつも良型が来るのですが、、、、、、
やっぱりいました。
ここで2匹。
IMG_3808a.jpg
これより下流はあまり魚影が濃くないので止め。
この河川はこのポイントだけいつも釣れます。
ほんの2時間ほどの釣りでしたが、食べられる大きさが釣れて良かったです。
スポンサーサイト
[ 2016年07月18日 21:07 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(10)
おはようございます。
何処もアユは駄目なようですね、養殖アユの放流ですので良い場所に当たった人だけが釣れるだけですので、人気が落ちて、当方の川にも釣り人はいませんね、おおきな赤字になるでしょう。
[ 2016/07/19 06:17 ] [ 編集 ]
こんにちは。

今年の鮎は不調の様ですね。
自分が行く辺りの本流も鮎師の姿が疎らです。
そのせいか、鮎が始まっても、山釣の人の減りが少ない気がします。
岩の隙間は如何にも居そうですし、最初の写真の苔岩の左下あたりも好きなポイントです。
[ 2016/07/19 11:43 ] [ 編集 ]
こんにちわ。鮎駄目ですか?
近々昨年のリベンジと考えていましたが!
老練の手練れ鮎師も減っているのは確かですし 若者がこれから鮎ってやりませんよね。
皆格好良いルアーを齧り他の遊びに移ってしまいます。
30万もする竿を買うなら車の改造やオプションに使ったほうが良いのかも?
お子さんに決して高額でないギアですが安全に気を使いしっかり装着させレクチャーされている親子には
邪魔をせず 声を掛けるようにしています。なんとなく微笑ましいですよね。
涼しそうな源流、写真を見ているだけで蒸し暑さ軽減ですよ。
 
[ 2016/07/19 12:15 ] [ 編集 ]
現地の利点
梅雨が明け一気に暑く成りましたね
こんな時は源流釣りに限ります
やはり長野は鮎釣りより渓流釣りが合いますよ
此方は炎天下の鮎釣で頑張ってます。
[ 2016/07/19 16:33 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
漁協も苦肉の策で成魚放流をしていますが、放流キロ数は変わりませんので結果的に放流数は少なくなります。
放流当日は釣れるでしょうが、その先はダメでしょうね。
おかげで渓流魚の放流量も少なくなっています。
千曲川もちょっと雨が降るとすぐに濁るようになってしまいました。
それに比例してアユが釣れなくなってしまっているように思えます。
上流からの土砂の流出を止めないと水質が改善されないでしょう。
[ 2016/07/19 22:38 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
私が千曲川で釣っていても、最近は藻が多くヌルヌルしています。
中々アユが育たない環境になりつつあります。
最初のイワナはおっしゃる通り苔岩の下から出ました。
今回の魚はほとんどが岩の下から引きずり出しました。
もう少し水温が上がれば瀬に出てくるんですけどね。
[ 2016/07/19 22:48 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
老練の手練れ鮎師が減っているかもしれませんが、ファッションに身を固めた鮎釣り師さんは増えていますね。
鮎自体が釣りにくくなっていますので、ベテランでないと中々釣れないのではないかと思います。
30万かけて釣れれば苦しませんよね。
[ 2016/07/19 23:08 ] [ 編集 ]
Re: 現地の利点
炎天下の中の鮎釣りは大変ですね。
それでも釣れれば疲れも吹っ飛びますが、釣れなければ2度と来ないでしょうね。
釣れない事がインターネットで広がり、釣り人が減ってしまっているようです。
漁協のホームページを見ると、沢山釣っている人もいます。
それなりに放流はしていますので、ある程度の技量が無いと釣れないのだと思います。
ファッションに身を固めた釣り師さんには難しいでしょうね。
[ 2016/07/19 23:21 ] [ 編集 ]
自分は、鮎釣りはしませんでした。鮎をする人には失礼ですが、囮で引っかけるというのが少し抵抗が! しかし、毎回よくあがりますね。 以前家のものによく言われました、川魚より海の魚のほうが良いと!
[ 2016/07/21 14:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
私も鮎釣りはやりません。
費用もかかりますし、暑い中じっとしているなんて性格的に無理です。
すぐに涼しい源流へ避難しちゃいます(笑)。
我が家は川魚が好きですので、結構食べています。
それに周りの家でも好きな方が多いので、釣れた魚はさばけてしまいます。
皆さんには腹出しし、串に刺してわたしますのでもらう方も焼くだけで良いので重宝がられています。
[ 2016/07/21 20:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL