佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  未分類 >  貧釣りと爆釣り
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

貧釣りと爆釣り

土曜日は佐久漁協で6時から放流がありました。
私の場所は6時30分に放流され、すぐにイワナが釣れたのですが、その後はさっぱり。
バケツ2杯放流しましたので40匹くらいでしょうか。
IMG_2340.jpg
時間をかければそこそこ釣れるでしょうが、見切りをつけ南佐久漁協の放流場へ行って見る事にし、7時に納竿。
自宅で朝食を食べ、目的の川に行ったが放流はされていませんでした。
それでは源流に行こうと車を走らせたのですが、ある放流河川と道路が交差するポイントがあります。
ちょっと様子見で川に降りたら、ヤマメが1匹泳いでいました。
放流の場合はもっと沢山の魚が泳いでいますので、居付きのヤマメでしょう。
IMG_2346.jpg
せっかくなので竿を出したところ食ってきました。
26cmくらいの銀化したヤマメでした。
IMG_2342.jpg
これを釣り上げた後で、地元のお爺さんがこの場所へ釣りにきました。
話を聞いたところ、昨日放流があったとの事。
という事は、この場所は釣られた後???
先ほどにヤマメは放流魚????
IMG_2345a.jpg
それでもと思いさらに竿を出したところイワナがきました。
その後ヤマメを1匹追加しましたが、後はさっぱり。
IMG_2344.jpg
この場所はお爺さんに譲り、この川の下流の放流ポイントに向かってみた。
川をのぞくとヤマメが泳いでいます。
確かに放流があったようです。
あの時、地元のお爺さんに会わなければ源流に行っていたところでした。
実にラッキーでした。
IMG_2361a.jpg
釣りはと言うと、魚は居るのですが食いが渋い。
餌は最近好調なクロカワを使ったのですが、思い切ってイクラに変更したら、これが入れ食い。
流すとすぐに食いついてきますが、バラシも多し。
IMG_2348a.jpg
ただ、1度バラシてもすぐに食ってきます。
この放流ポイントで2時間ほどやり、ほぼ釣り切りました。
いつもはスレタのが残るのですが、珍しくきれいになりました。
という事で更に下流の放流ポイントへ。
ここは結果から言うと先ほどよりも放流量が多かったような気がします。
IMG_2391b.jpg
ここでも2時間ほどやり、ついにイクラ切れ。
まだまだ残っていますが、2時に納竿。
昨日、イワナの放流魚を釣ったので、放流はイワナだと思っていたらヤマメでした。
大きさもピンからキリまでで、放流サイズから28cmくらいまで様々でした。
釣った数は全部で37匹でしたが食い逃げが実に多かった(笑)。
今日は最初に会ったお爺さんに感謝です。
IMG_2389.jpg
スポンサーサイト
[ 2016年04月09日 23:04 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(12)
大漁で
やはり放流魚はイクラに限りますね
1日経てばミミズでもきますが、
魚達も勉強するのでしょう
短時間勝負になりますね

それにしても各場所に放流され
皆さんも喜ばれる事でしょう。
[ 2016/04/09 23:33 ] [ 編集 ]
おはようございます。
放流が何回もあるんですね、37匹とはほとんど釣りきってしまいましたね、それにしても放流場所に釣り人が集まってきませんね。
木曾も値上げの割には放流が少ないです、もっとも秋に稚魚放流を沢山してもらった方が個人的には嬉しいですが。
[ 2016/04/10 07:08 ] [ 編集 ]
こんばんは。

イクラで爆釣、小気味いいですね。
サイズが揃っているのは当り前かも知れませんが、チビに悩まされずの40匹近くはいいですよ。
[ 2016/04/10 21:23 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
南佐久漁協は5日間かけて管内の河川に放流します。
放流ポイントも一つの河川で数ヶ所あり、放流ポイントでの放流数は少ないのですが、当たればそこそこ釣れます。
ただ何時放流するかは漁協に聞いても教えてくれません。
だから川を確認するしかないんですけどね。
毎朝お目当ての川を見に行っています。
[ 2016/04/11 00:17 ] [ 編集 ]
Re: 大漁で
以前はずっとイクラを使っていたのですが、源流通い中イクラよりもクロカワの方が食いが良かったので延長でクロカワを使いました。
私の釣り方ではイワナはクロカワ、ヤマメはイクラが正解のようです。
放流ポイントは沢山ありますので、釣り人の中では1ヶ所1人が暗黙の了解で、早い者勝ちです。
前日のブログで放流車と会ったと書きましたが、同時にこの川に放流されるとは思いませんでした。
毎年取っているデータを修正しなければ。。。。。
[ 2016/04/11 00:33 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
流している時間より、取り込みや餌を付けている時間の方が圧倒的に長かったです。
残念ながらサイズはピンからキリまでありました。
南佐久漁協は良型が多いんですが、珍しくバラバラでした。
写真のような川で、天気の良い中一人で爆釣りすると気分がいいですね。
[ 2016/04/11 00:41 ] [ 編集 ]
おはようございます。
始めからわかっていれば良いのですが
餌で釣果が変ってくるのってありますね。
特に放流魚はほとんどがペレットで育っていますから。
私の知る養魚場ではスーパーに出荷した虹鱒の腹ワタを与えているみたいです。
少し特殊ですね。
[ 2016/04/11 05:43 ] [ 編集 ]
こんにちは
全て持ち帰りですか?
どんな食べ方をしてますか?
[ 2016/04/12 09:08 ] [ 編集 ]
こんばんわ
大漁おめでとうございます。
南佐久は放流がわかりにくい分、残っていると爆釣できていいですね。通い詰めた努力の結果でしょう。
南佐久の放流は場所や日時がわからないので、どうしても足が遠のいてしまいます。
[ 2016/04/12 20:02 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
釣れた放流魚は全て持ち帰っています。
放流魚は近くの方におすそ分けしています。
渓流魚は脂身が少なく高タンパクなので、特にお年寄りには好評です。
私はほとんどが塩焼きですが、たまに3枚におろしてフライにしたりしています。
[ 2016/04/12 20:23 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
今回は餌もいろいろ変えてトライしています。
結果的にはイクラが一番よく食います。
その中でも、
放流後1日置かないと警戒して食いが悪いです。
浅くて下が石ころで流れのある場所は特に食いが良いです。
また、落ち込みの溜まりも良く食います。
流れが緩やかで魚が見えている場合が一番厄介です。
ペレットを針先に付けたらくいますかねえ???
[ 2016/04/12 20:29 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
3年前までは漁協に聞くと河川の放流日を教えてくれたのですが、2年前からは月の前半、後半くらいしか教えてくれません。
放流が終わると漁協のホームページに出ますので、放流日の記録を取っておくとだいたい放流日の予想がわかります。
あとは足で稼ぐだけ。
それも佐久穂と小海しかわかりません。
あとは佐久からは遠すぎます。
ここのところ放流が無かったらそこに近い源流へ行っています。
[ 2016/04/12 20:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL