佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  未分類 >  源流2番乗り
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
QRコード
QR

源流2番乗り

渓流が解禁してから源流通いをしていますが、今日行った源流はすでに先行者の足跡が、、、、、
もっとも解禁してから2週間近く経ちますので当然ですね。
IMG_2062.jpg
この時期はイワナも滝下のような深い落ち込みに集まっています。
しかしこのような場所はだいたい一番乗りの人がほとんど釣り上げてしまいます。
IMG_2059.jpg
竿を出したところ、すぐに食ってきました。
良型とは言えませんが、一応キープ。
IMG_2058.jpg
その後はチビばかり。
さらに下流の滝下に移動。
IMG_2061.jpg
ここもチビが多く、キープできたのはこの1匹のみ。
IMG_2060.jpg
ほとんど釣りきられているようですね。
溪の底で釣っていると、最後は斜面を登らないといけません。
軽トラのある場所まで重力に逆らって、この重たい体を持ち上げるのは重労働です。
IMG_2063.jpg
今日は餌にクロカワを使いましたが、川虫は食いがいいですね。
ただし取るのがとっても大変でした。
スポンサーサイト
[ 2016年02月28日 20:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(10)
おはようございます。

イワナの姿を毎回見せて頂けて、気分はスッカリ渓釣りシーズンです。
昨日28日に解禁前の下見に行って来ました。
南信州口元まで行ったんですが、道路/渓共に雪は殆どなくて、例年の3月中旬~下旬の雰囲気でした。
今年は、解禁当初から源流に入ってみよう。
[ 2016/02/29 07:05 ] [ 編集 ]
おはようございます。
家の前の川には明日に備え川虫捕りに方の姿が。
少し?(大変かも)の労力で餌代が浮きますので回数行かれる人には良いですね。
因みに私クロカワで岩魚を釣った事がありません。
[ 2016/02/29 07:24 ] [ 編集 ]
おはようございます。
気持ち雪が少なくなっていますね、こんな小さな川に良くいるものです、私の方にも小さな川はありますが、小型のみで大きなものはほとんどいませんし、放流はもちろんありませんね雨の日などに淵などで大型がたまに出るくらいです、最近は小渓流まで県外者が入るようになりましたね。
[ 2016/02/29 07:44 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
徐々に暖かくなってきましたね。
南信州は佐久に比べてかなり暖かいのでこちらよりも釣りやすいかもしれませんね。
釣りブログですので釣れた魚を出すようにしているのですが、中には可哀想だとか早く水に戻せとか、いろいろな意見がきます。
このようなコメントにまたコメントをされる方もいるんですよ。
ブログも中々大変です。
29日は天気がイマイチですが、1日からはまた天気が良くなるようです。
ただ気温がかなり低いようですね。
半年待った釣りです。
楽しんできてください。
[ 2016/02/29 08:05 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
土曜日も川虫を捕ってやったのですが、現地ではカチンコチンに凍っていました。
見えているイワナはイクラは中々食ってくれないのですが、川虫は食いがいいですね。
ただ、捕るのがとにかく面倒(笑)。
[ 2016/02/29 08:23 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
このような小さな川は最初に入った者の勝ち。
おっしゃる通り、良型はほとんど釣りきられ、小型のみしか残っていません。
途中、沢山の方が川に入っていましたが、停車している車は全て県外車で長野県(松本)ナンバーの車は1台もいませんでした。
地元の人より良く溪を知っていますね。
[ 2016/02/29 08:30 ] [ 編集 ]
後者の釣り
解禁後は時間が経つと先行者の残り物になりますね
どうしてもバージンと違い小形になります
大物が掛るポイントは限られますね

増水等で環境が変わればまた釣れるでしょう
ぼちぼち行きましょう

渓流は皆さんの物で私物化は危険です漁協の
規則を守って互いに楽しみましょう。
[ 2016/02/29 09:56 ] [ 編集 ]
佐久漁協管内はほとんどいません。南佐久のほうが良いのでしょうか?
[ 2016/02/29 19:27 ] [ 編集 ]
Re: 後者の釣り
解禁が過ぎれば誰でも渓に入れますので先行者がいるのは仕方無い事です。
当然の事ながら魚も少なくなります。
今年は入るのが遅すぎました。
来年はもう少し早く入ろうと思っています。
[ 2016/02/29 20:39 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
放流方法の違いとエリアの問題だと思います。
南佐久漁協は少しづつ広範囲に1週間かけて放流しますので、かなり魚が散ります。
佐久漁協は前日または当日にまとめて放流しますので、1日あればほとんど釣り切られてしまいます。
ブログにも書きましたが、滝見の湯の上流なんか放流魚が残っていました。
県外の人って魚のいる場所を良く知っていますよ。
[ 2016/02/29 20:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL