佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  未分類 >  もうすぐ解禁
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

もうすぐ解禁

佐久地区の渓流解禁まで残り2日となりました。
去年は解禁日に大雪が降り、とても釣りができる状態ではありませんでした。
今年は雪が少なく、週間天気予報を見ても雪にはならないようで、また気温もあまり低く無いので条件的にはかなりよさそうですが、難点は解禁日が月曜日である事。
土日の休みまで魚が残っていてくれるでしょうか。
金曜日に放流したとの事で川を見に行ったのですが、いつもの事ながら氷が張っており、その下で放流魚が泳いでいました。
でも数はかなり少ない感じ。
年々放流数が減っているように思えます。
やはり予算が少ないんでしょうか。
IMG_0032.jpg
IMG_0033.jpg
まあ、放流魚期待よりも、寒いながら源流に行って釣りができる事の方が嬉しいです。
雪も少ないので結構上流まで行けそうですが、今年はクマさんが冬眠をしていないとか。
大型のイワナを狙うならば2月いっぱいが絶好のチャンス。
この時期のイワナはすぐに食いついてきます。
ただし源流へ最初に入らないとダメですが。。。。。
さて、今年の渓流釣りはどこからスタートしようか?。
この時期のソワソワ・ワクワク感は何時になってもいいですね。
スポンサーサイト
[ 2015年02月14日 09:46 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(4)
おはようございます
私の経験上でもやはり大きいのは春先に掛けています
スレていないのと餌が少ないのが要因でしょうか
昨年は雪深い河に初期に入りアイスバーンに悩まされ 何回転んだことか
フェルト底では全く歯が立ちませんでした。

[ 2015/02/15 08:10 ] [ 編集 ]
ハックル70
こんにちは。

放流した魚が見えるとは、私の所ではあまり経験がありませんね、水が少ないようですね、こういう場所はたちまち釣られてしまうでしょうね、源流も大きな淵でないと瀬では釣れないし、大勢入り込んである程度荒らされてからの方が面白い場合もあります。
[ 2015/02/15 10:33 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
昨年の大雪は大変でした。
釣竿と雪かきを持って源流に入りました。
川に下りる時は新雪が抵抗になりちょうど良かったのですが、川から上がる時は雪で滑り、かなり苦労しました。
今年は雪が少ないので楽だとは思います。
大型を1匹くらい上げたいですんね。
[ 2015/02/15 20:34 ] [ 編集 ]
Re: ハックル70
写真のところは、細い河川ですので魚が良く見えます。
半分はすぐに釣られてしまいますが、半分はスレて残ります。
表面は結氷しているので、釣るのは難しいでしょうね。
佐久漁協は金曜日に放流したようですが、南佐久漁協はそれ以前のようで、散ってしまい魚の影が見えませんでした。
そういうところは後まで残りそうです。
[ 2015/02/15 20:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL