佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  日記 >  6月6日の釣り
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
QRコード
QR

6月6日の釣り

6日は佐久高原ツツジ祭りの一環として、荒船湖で釣り大会(マス、鯉)がありました。竿、餌は持参でルアーは禁止。
競技は10時30分からなのですが、佐久市では7時からゴミ拾いがあり、それにも参加しなければならず、忙しい1日でした。
起きたのは4時30分。それから千曲川にクロカワ取りに。ついでに30分ほど本流釣りに挑戦。結構アタリはあったのですが、合わせがうまくいかず残念ながら上りませんでした。
それからゴミ拾い。ちょっと早めに上がらせてもらい、9時に釣り大会会場へ。
P1010013.JPG
P1010032.JPG

ツツジ祭りですのでツツジも咲いていましたが、去年よりも遅れているような感じです。
山は新緑、きれいです。
P1010031.JPG
P1010010.JPG

9時30分より釣り大会受付開始。参加者は全部で60名くらい。そのうち10名くらいは鯉ねらい。
P1010017.JPG

10時から開会式。
佐久市の関係者、来賓挨拶等がありました。赤い服を着た女性はミス佐久鯉のみなさんです。
P1010028.JPG
P1010027.JPG

ツツジ祭りではいろいろな行事があります。
1.JPG
2.JPG
P1010016.JPG

釣り開始前の準備中。
P1010024.JPG

10時30分競技開始で13時30分までの3時間。
結果は負け。全部で12匹でした。(順位は重さなのですが)いつもの事ながら開始から30分は入れ食いになるのですが、その後はさっぱり。最初はブドウ虫やイクラを使いますが、食わなくなった時のために生餌のクロカワを持っていったのですが、暑さのためにお亡くなりになってしまいました。ちなみにトップは20匹くらいだと思います。
今回は計量もやめようかと思ったのですが、とりあえず計ってもらったら2700g。大物が多かったので結構ありました。
帰る用意をして、魚を生かして持ち帰るためセンターハウスの前の水道(
最初の写真にある水道です)から水を汲んでいたところ(池の水は暖かすぎてダメ)、中ではちょうど表彰式が始まったところでした。外まで声が聞こえており「第5位、佐久っ子さん、いませんか」  何!私、 みんなが集まっている中、飛んで入りました。商品といってもジュース4本ですが、何か得した気がしました。30秒早く水を汲んでいたら帰ってしまっていた。
ちなみに、これが一昨年からの成績です。
P1010010.JPG

午後3時に土曜日の朝行った湯川へ。
実はここですごい爺さんに会いました。歳は70歳くらいなのですが、川の片端からヤマメを釣り上げていくような釣り方。
私が後から入ったので、その人が釣り上がるのか聞くために、一段落するまで見ていたのですが、流すとすぐに釣れてしまう、と言う感じ。湯川は魚が少ないと思うのですが、なんでこんなに釣れるのと不思議に思うくらい。
釣り上がると聞いたので、私は下流に入り、居そうな場所を見よう見まねでやってみたのですが、アタリさえ無し。どうしたらあんなに簡単に釣れるのだろう。
自分自身あまり人に聞くのは好きでは無いのですが、この時ばかりは聞こうと思い、先ほどの場所に戻ったところ、タッチの差で帰られてしまいました。
ぜひもう一回会って、話を聞いてみたい。
スポンサーサイト
[ 2010年06月07日 22:50 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL