佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  日記 >  8月15日釣果無し
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

8月15日釣果無し

朝起きて家の前の用水路を見るとあまり濁りなし。
涼しいうちに千曲川へ行ってみた。

場所は昨日の朝行った東電の調整池の横。2本の流れがありますので昨日とは逆の流れに入ってみた。
濁りは笹濁りより少し強い程度。昨日の大雨の後で、よくこの程度で済んでいるものです。
釣りはできない事は無いが、ちょっとキツイ。浅いところは底の石が見えます。

とりあえず流してみたが、タナが取れずに根掛りの連続。
10分ほどでラインがプッツン。
と言う訳でやめちゃいました。
TS3R0504.jpg
TS3R0505.jpg

上流へ行けば濁りも少しは治まっているだろうと思い遡上。
今日の天気は晴れ。暑くなりそうです。
TS3R0506.jpg

ひさしぶりに入った場所は、入るに大変苦労するところ。
2mのアシをかき分けかきわけ、その上露があるので全身びっしょりに。。。
よくこんな場所に入ると、自分でも感心。
TS3R0509.jpg

1投目を石の裏ギリギリから流そうと餌を水面に落そうとしたところ、尺近いヤマメがジャンプしてきました。残念ながら餌はくわえられなかったのですが、魚影は濃いかなと期待。

ところがアタリはあるものの針掛りせず、釣れるのはウグイばかり。
TS3R0508.jpg
TS3R0510.jpg

唯一釣れたヤマメのチビ。
1.JPG

暑くなってきたので納竿。
家に戻る途中に、この間爆釣りした源流に行ってみた。先日は子供のお迎えの時間になり、途中までしか釣り上らなかったので、先日納竿したところから続きを始めた。
ところが何か変。釣り人の勘というんでしょうか。
全くアタリがない。
爆釣りした下流に行ってみたが全くアタリなし。それどころか魚の影さえ見えない。
自分で持ち帰ったのは3匹だけですので、リリースした分やバラした分を考えると居てもいいはず。

おそらく誰かが全て持ち帰ってしまったのではないかと思われます。
細々と流れる源流で、300mくらいの区間しかいません。人が入っていないので魚も警戒心が無く、すぐに食いついてきます。釣ったものを全て持ち帰ると間違いなく絶えてしまいます。
また一つ秘密の場所が消えちゃいました。
スポンサーサイト
[ 2011年08月15日 17:20 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(9)
No title
どこにも必ずある秘密の場所!!
自分だけの特定している場所なんですが…

なかなかいつまでもそうはいかないですよね


[ 2011/08/15 20:13 ] [ 編集 ]
No title
佐久っ子さん、今晩は。
秘密の源流は残念でした。
地元の愛好者には写真で場所が分かってしまうのでしょうね。
あとは愛好者の良心にかかってくるのでしょうが、その沢が放流河川か否かは分かりにくいのも事実です。
放流河川か否かにかかわらず、私もそうですが、エサ釣り派は基本的にキャッチ&イートが多く、持ち帰りたい気持ちが強くなってしまいます。
しかし、漁協の管轄外でも内でも最低限のリリースサイズは愛好者の良心として各自が決めておくべきだと思います。
このことは各自のマナーの問題とあきらめずに、機会あるごとに言い続け、書き続けることが必要なのかと思っています。
[ 2011/08/15 21:18 ] [ 編集 ]
No title
すみません。2日連続のコメントです。源流の魚を守り続けるためには、熱血ハンドおやじさんの言うとおりだとおもいます。僕たちは、15センチ以上が2匹以上釣れたときは持ち帰るというルールにしています。秘密の源流ポイントは、誰かが入ったようで、アタリも無くなりました。後、その源流が流れ込む池で釣りをしていたら、12センチの口が大きい魚が釣れました。調べたらバスでした。ビックリです。それから、特別解禁日などの日に行けば、素人にも3匹くらい釣れるでしょうか。一応脈釣りも慣れてきたのですが。最後に、バスの引きは、ヤマメなどと違ってそんなに引きません。それもまた一味違って面白いですよ。またまた長くなってしまい、本当に申し訳ありません。
[ 2011/08/15 22:11 ] [ 編集 ]
No title
残念ですね・・・
でも、秘密にしておきたいのならブログに載せないほうが懸命ですね。
こういう時代ですから、特定は簡単であると思います。
リリースサイズを看板等で教えているわけでもなく、釣りをしていけない場所というわけでもないですから・・・
愛好者の良心としてとありますが、それを言い出したら、投網、テンカラ等は最低の文化にならないでしょうか。
秘密の場所は、見つけたら自慢しないことです。
[ 2011/08/15 22:46 ] [ 編集 ]
No title
残念ですね・・・
でも、秘密にしておきたいのならブログに載せないほうが懸命ですね。
こういう時代ですから、特定は簡単であると思います。
リリースサイズを看板等で教えているわけでもなく、釣りをしていけない場所というわけでもないですから・・・
愛好者の良心としてとありますが、それを言い出したら、投網、テンカラ等は最低の文化にならないでしょうか。
秘密の場所は、見つけたら自慢しないことです。
[ 2011/08/15 22:50 ] [ 編集 ]
No title
残っていて欲しいと思っていたのですが、中々難しいですね。
ブログから場所を特定できたとは思えませんが、通りすがりさんがコメントしているように本当に川の事を考えたら、ブログにさえ載せない方が良かったのかもしれません。
ブログをやっている上での難しいところですね。
[ 2011/08/15 23:35 ] [ 編集 ]
No title
私は餌釣りオンリーですが、釣った魚を持ち帰りたい気持ちは常にあります。
放流時意外及び放流を行っていない河川では20cm以下はリリースと決めています。昨年は18cm以下としたのですが、今年は少し大きくしたところ、ボウズの日がかなり増えました(笑)。

今回の場所は12日が2回目で、内容が分かっていましたので、最初はビクを持たず、全部リリースするつもりいたのですが、あまりにも良型が釣れるので、途中でビクを取りに戻り、3匹だけキープしました。意志が弱かった。

この場所に限らず他の河川でもこの時期になると大型は減ってきています。
私なんか、いつでも釣りができるのでリリースしても気になりませんが、時々しか釣りができない人は小さくても持ち帰っちゃうでしょうね。
[ 2011/08/16 00:06 ] [ 編集 ]
No title
秘密の場所は同じですか。しょうがないですね。お盆のこの時期はたくさんの釣り人が入りますから。。。
そういう人達って小さくても根こそぎ持っていってしまうんですよね。
来年もやりたいと思ったら残しておいて欲しいんですけどね。

源流の流れ込む池にバスがいたのですか。
誰かが放したんでしょうね。
そういう事をする人も困りますね。
そのうち源流までバスが入り込んでしまうかもしれませんね。

それから放流日であれば3匹は釣れると思いますよ。
9月の放流日はぜひ挑戦してください。
[ 2011/08/16 00:19 ] [ 編集 ]
No title
コメントありがとうございます。
本当に川の事を考えたらブログには載せない方が良かったでしょうね。中々難しいところです。

以前に同じようなコメントをいただいた事があります。
ブログに写真と共に何々川のどこどこのポイントで釣ったと書いた事があります。
ブログを参考にしている人もいるので場所が特定できるような書き方は避けた方が良いといわれました。
それ以来、きて欲しくないところは写真や文章で特定できないようにしているのですが、見る人が見れば分かっちゃうでしょうね。

コメントありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
[ 2011/08/16 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL