佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  日記 >  大型なし、千曲川本流釣り
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
QRコード
QR

大型なし、千曲川本流釣り

朝一番で千曲川に行ったところ、このブログでお世話になっている「川漁師」さんにお会いした。
住吉橋の下流に入られていましたが、上流にも一人。今日はこみそうです。

「川漁師」さんとちょっとお話をして、臼田橋の下流へ。
しかし水が多くて釣れる状態ではない。それでも無理をして流してみたのですが、1回アタリがあっただけ。30分ほどで撤収。
IMG_0040.jpg

続いて行ったところが、宿岩橋の上流。かなり上のダム下に一人入っていましたので、橋の下から釣り上がることにしました。
IMG_0056.jpg

始めてすぐにきました。22cmヤマメいやイワナかな?。一瞬ニジマスかと思った。よく分からん。
1.JPG

これは幸先良いと思い、さらに釣り上りました。
アタリは頻繁にあるのですが、釣れるのはチビばかり。
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG

チビばかり釣って、上流のダム下まで釣り上ってしまいました。
ここで、後から入ってきた地元の方としばし会談。
先ほどダム下に入っていた方だそうです。
この場所はこの方にゆずり、対岸に行こうと思っていたら、話をしているうちに別の人が入ってしまいました。
しょうがないないので、最初に入った橋の真下へ。
そこで今日の最大の25cmのヤマメ。大きい割には簡単に釣れた。
6.JPG

その後チビを追加。
7.JPG

暑くなってきたので、家に帰る途中に源流で道草。
a.JPG
b.JPG

会いたく無いものにも会っちゃいました。一瞬マムシかと思いましたが、アオダイショウの幼蛇みたいです。
c.JPG
スポンサーサイト
[ 2011年09月11日 17:14 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(6)
No title
佐久っ子様。初めてお返事させていただきます。千曲川の様子が良く解りありがたいです。本日(12日)朝市で川上に入って、夕まずめに佐久エリアを釣ろうと思い千曲川に向かったのですが、午後1時頃、南牧村の本流で38㎝のヤマメをゲットしました。この一匹で満足して帰路につき、今ホイル焼きにしていただきました。この一匹は佐久っ子様のお陰だと思っています。その他は20㎝クラスのヤマメ、岩魚が4匹全てリリースしました。今度は是非佐久エリアに挑戦したいと思います。
[ 2011/09/12 17:38 ] [ 編集 ]
No title
いやぁ~~このアオダイショウには逢いたくねぇなぁ。。。

下流で遊ぶとよく逢うんですよねぇ。。。
ここ数年は源流ばかりでニョロ君とは逢ってないなぁ。。。

大昔師匠と釣りに行ってベビをさばいて焼いて食べた事があります。。。
何を食べたか不明ですが。。。


何か山遊びを満喫できなかった今年。。。
何だかなぁ~~って感じで終わりそうです

今年も佐久っ子さんは充実した一年だったように思えて羨ましいデス
[ 2011/09/12 18:06 ] [ 編集 ]
No title
佐久っ子 様
こんばんわ。

先日の朝、貴重なお時間割いてのコンタクト
ありがとうございました。

あの後、直ぐに婚姻色の入った尺オーバーヤマメを掛けて
タモ入れ寸前でハリ外れにより痛恨のバラシ
ハリを確認した所、フトコロ強度1.5kgが若干伸びてました。

その後、粘るが掛からなかったです。
18日(日)に犀川へ行こうと思ったが。
予定変更して佐久の千曲川へリベンジしようと思います。
[ 2011/09/12 19:33 ] [ 編集 ]
No title
お初にお目にかかります。
いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。

38cmのヤマメとはすごいですね。
私はバラシも含め、このサイズに会った事はありません。
このクラスの引きにお目にかかってみたいです。
私が持ち帰ったヤマメの最高は32cm。
家のガスレンジからシッポがはみ出しました。
38cmのヤマメなんて、どういうふうにして料理すればいいんでしょうか。

ヤマメを釣るのに私は何もしていません。釣れたのは実力ですよ。

昨日の釣りで、地元の方と雑談をしたのですが、その方は南佐久漁協の年券を持っていました。毎年同じ時期に買っているのですが、番号がだんだん若くなっていると嘆いていました。
でも佐久漁協管内よりも魚影が断然濃いと思います。
来年はそちらにも手を出そうかと考えています。

今後も本ブログをよろしくお願いします。
また、コメントください。お待ちしています。
[ 2011/09/12 22:00 ] [ 編集 ]
No title
アオダイショウは大きいものは時々会うのですが、この模様のヘビは一瞬ビビリます。
幼ヘビがこの模様だと知っていたので良かったんですが、知らなかったらメチャびびったろうなあ。
この帰りにも紅色のヘビに会ったのですが、未だにその種類が分かりません。車の中からだったので写真は撮れなかったのですが、自分の知っているヘビとはかけ離れていました。
今年はヘビに会う回数はかなり少なかったですね。
そういえば、源流ってヘビは少ないですよね。
多いのは中域の川。釣りは抜き足差し足でやりますから、ヘビも気が付かないんでしょうね。

渓流釣りもあと半月、もう1回源流に行きたいですね。
[ 2011/09/12 22:18 ] [ 編集 ]
No title
お目にかかれてうれしかったです。
尺ヤマメ、残念でしたね。針が曲がってしまうなんて尺の上の方のサイズだったんでしょう。

手元まで寄せてバラすのは一番がっかりするんですよね。
また、ぜひ挑戦してください。
[ 2011/09/12 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL