佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2017年07月11日
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR
月別アーカイブ  [ 2017年07月 ] 

ラズベリージャム

畑でラズベリーを栽培していますが、採れる量もだいぶ少なくなってきました。
これは2日分の量です。
最盛期はこれに一杯採れました。
DSCN1374.jpg
我が家では採れたほとんどをジャムにしています。
ただ、ラズベリーは種があるため、これを除去する必要があります。
中には種の粒粒がいいと言う人もいますが、、、、

採れたラズベリーは水洗いしてフライパンに移して加熱します。
DSCN1376.jpg
ヘラで潰しながら加熱すると、10分ぐらいでドロドロになります。
DSCN1377.jpg
一部を目の粗いザルに移します。
1回当たり、だいたいオタマに3杯くらいです。
DSCN1378.jpg
オタマの裏側でグリグリ擦ると水分だけが下に落ち、種が固まってきます。
DSCN1382.jpg
種をオタマですくって別の容器に移し、これを繰り返します。
左が種、右が汁です。
ボール一杯あったラズベリーがこのように分かれました。
DSCN1384.jpg
種は廃棄し、汁のみをジャムにします。
使うのはこの汁と砂糖とレモン汁少々。
まず、汁の重さを計り、砂糖の量を決めます。
私は汁の重さの40%の砂糖を使用しています。
でも、これだとちょっとすっぱいんですよ。
他の人にあげたりするのなら50%くらいが適当かなと思います。
DSCN1386.jpg
DSCN1388.jpg
砂糖の量がわかったら、フライパンに汁を戻し、少し加熱したら少しずつ砂糖を投入していきます。
それと同時に保存瓶を煮沸消毒します。
DSCN1390.jpg
砂糖が溶けたところで、レモン汁を小さじ一杯くらい入れ、水分を飛ばすために煮詰めていきます。
DSCN1391.jpg
アクが出ますが、私はあまり気にせずそのままにしています。
トロッとなる少し手前くらいがちょうど良い濃さです。
冷えると固まりますので濃すぎには注意!。
それを消毒した瓶に移します。
すこしでも冷えてくると表面に膜ができますので、早さが勝負です。
これで蓋をすれば終わりですが、私は蓋を半開きにして再度煮沸した鍋に入れて瓶を温め、取り出してすぐに瓶の蓋を閉めて内部の圧力を下げています。
DSCN1392.jpg
できあがったジャムをヨーグルトにかけて試食。
コップの中は先日作った梅ジュース。
う~~~ん!美味しい!!!
DSCN1394.jpg
スポンサーサイト
[ 2017年07月11日 12:25 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)