佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2017年04月
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

はまっています。

ここのところ新規開拓の溪にはまっています。
新規開拓と言っても私が新規に入るだけで、知る人ぞ知る溪です。
28日は漁協の放流ポイントに寄ってからの入渓。
27日に放流があったのですが、見事に釣り切られています。
そんな中で何とか13匹確保。
DSCN0456.jpg
その後目的の源流へ。
ブログには載せていませんが、ここのところ良く通っています。
28日は「初源流パート2」で載せた更に上流へ入ってみました。
何時、クマが出てもおかしく無いところで、ビビりながらの竿出し。
溪はよだれが出そうな渓相。
DSCN0438.jpg
DSCN0447.jpg
周りは笹薮が多く、クマがひょっこり顔を出しそう。
見通しが効くところは良いのですが、こういう所は怖いですね。
DSCN0445.jpg
ビビっての釣りで、入渓ポイントから上下100mほど流しましたが、全くアタリ無し。
魚が居ないんではないかと思っていたら最後にきました。
釣れたのは倒木の向こう側。
意外と良型です。
釣り上がれば尺も出そうですが、命あっての物。
次回はあるかどうか。
DSCN0440a.jpg
大物が潜んで居そうな落ち込みは沢山あるのですが、、、、、
DSCN0439a.jpg
周りには残雪が残っています。
DSCN0443.jpg
1時間ほどで納竿し、別の溪へ移動。
ここはクマの爪痕があったところ。
見通しがきく分少しは安心です。
DSCN0449.jpg
こちらの溪、魚が居る事はわかっており、何とか2匹確保。
DSCN0450a.jpg
この溪も連休中は沢山の人が入るでしょう。
連休中はどの川も人人人。
私は山菜取りに専念です。
スポンサーサイト
[ 2017年04月28日 22:12 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(8)

渓流リベンジ

渓流の新規開発などと言って通っていますが3日で2匹。
中々釣れません。
お蔭で意地になって4回目の入渓。
19日、朝方は雨が降っていたのですが、急激に晴れて釣り日和になりました。
DSCN0310.jpg

入渓場所は16日に入った場所。
最初のポイントは泣き尺が泳いでいたところ。
今度は何とか釣れました。
以前、泣き尺かと思ったのですが、それほど大きくありませんでした。
DSCN0311a.jpg
そして良型を落としてしまったところ。
今度はちゃんと釣れました。
DSCN0313a.jpg
実は前回と違ってとあるところを変えました。
そうしたら急に釣れるようになりました。
さらに釣り上がり。
瀬尻に出ているイワナをゲット。
これも良型。
DSCN0315a.jpg
泣き尺一歩手前。
DSCN0317a.jpg
サビが入っています。
DSCN0318a.jpg
好ポイントでは1匹上がります。
DSCN0321a.jpg
DSCN0325a.jpg
本日最後の1匹。
DSCN0330a.jpg
溪の周りの木にはこのような跡が、、、、、
もう少し先まで行きたいのですが、躊躇しています。
DSCN0336.jpg
[ 2017年04月21日 20:58 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

雨上がりの渓流

17日の夜は久しぶりに雨らしい雨になりました。
お蔭で千曲川は増水に激濁り。
DSCN0297.jpg
渓流もうまく濁りが入れば釣れるのですが、これだけ増水するとイワナも岩の下か?
ともかく現場へ行ってみました。
最初に入った川は全く濁っておらず、水も平水。
ちょっと釣れそうも無いので、別の溪へ移動。
こちらは増水に薄濁り、釣れない事は無いのですが、ちょっと水量が多すぎます。
少しやってみましたが、難しいですね。
この河川は釣り上がるのに、右岸、左岸と川渡りしながらの移動となります。
水量が多いと危険なのですぐに止めました。
DSCN0298.jpg
仕方ないので先ほどの溪に戻りました。
最初の一投。
何と掛かりました。
それほど場所は変わらないのに、こちらの溪は全く濁っていません。
DSCN0299a.jpg
さらに上流へ移動。
その後釣れるのはチビばかり。
来年は良型になってくれるでしょう。
DSCN0301a.jpg
11時くらいになると気温がグングン上昇。
汗だくでの釣りになりました。
でも釣れるのはチビばかりでリリースの連続。
DSCN0303a.jpg
さすがに暑さでダウン。
溪から上がりました。
帰りに山道の脇からちょっと竿を出すと、何と尺イワナがかかりました。
リュックを下して、ウェーダーも脱いで、竿だけを持って釣っていたので最後はずるずるとずり上げ。
魚がはねてゴミが付いてしまいました。
34cmの尺イワナ3号ゲット。
DSCN0307.jpg
DSCN0307a.jpg
午後は田んぼと畑の仕事。
釣ばかりしていたので、やる事が溜まっています。
しばらくは1日フル稼働になりそうです(泣)。
[ 2017年04月18日 20:52 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(8)

初源流パート2

16日は初入渓の記事を書きましたが、17日も同じ溪に入ってみた。
いつも思うのは、「渓流釣りは難しい」。
源流は水量が少なく、ピンポイントで魚のいる場所を狙います。
そのため錘を重めにしています。
渓流釣りは流す釣りなのに、提灯釣りで同じ仕掛けでやっているのが、そもそも間違い。
でも、意地でやってます(笑)。
今日も釣り上がっていきますが、中々釣れません。
やっと釣れた1匹。
DSCN0285a.jpg
さらに釣り上がると、川の中に魚の死骸が見えます、、、、、
針を飲んだイワナが死んだのかな????
と思っていると、他にも数匹死んでいます。
DSCN0288a.jpg
状態からみて数週間くらい前でしょうか。
1匹引き上げてみると、腹を裂いた跡があります。
どうやら後から大型が釣れたので、小型の物を破棄したのではないかと言う気がします。
DSCN0289.jpg
しばらく釣り上がりましたが全く釣れません。
腕が悪いんですね。
ここはあきらめて、更に上流へ移動。
私の好きな源流です。
居そうなポイントが沢山あるんですが、全くアタリ無し。
居ないのか、水温が低すぎるのか、腕が悪いのか、、、、
DSCN0292a.jpg
写真の一番上のポイントまでやって止めました。
中々難しい渓流です。
[ 2017年04月17日 23:45 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

暖かさに誘われて

16日の日曜日は天気が良く、気温も20度近くまで上昇したようです。
佐久市は選挙の投票日であり、またスーパーでの買い物など、結局11時過ぎにイワナに誘われて出かけました。
以前から入りたい溪があり、今日はそこに直行。
初めて入る溪なのですが、あちこちに先行者の車があります。
皆さん良くご存知です。
DSCN0276.jpg
標高が高いので、まだ雪が残っています。
DSCN0268.jpg
初入渓記念。
DSCN0270.jpg
入渓して少し釣り上がった滝下。
黄印の場所を流すと泣き尺が餌を追って浮き上がってきました。
しかし残念ながらヒットしませんでした。
DSCN0269a.jpg
更にすぐ上の瀬を流すと食ってきましたが、抜いたら落ちちゃいました。
ゆっくり泳がせてタモですくえばいいのに、抜く癖がついてしまいました。
DSCN0272a.jpg
更に上流へ釣り上がり。
やっと釣れた1匹。
ボウズを免れました。
天然物は朱点がきれいです。
DSCN0274a.jpg
200mほど釣り上がり納竿。
初めての溪は緊張します。
クマが現れそうな溪です。
帰りにとある放流ポイントへ寄ってみたところ、放流魚が1匹釣れました。
しかし小さいのでリリース。
DSCN0277a.jpg
さらに別の放流ポイントへ移動し2匹ゲット。
よく残っていたものです。
DSCN0279a.jpg
今日は14時で終了。
今回は14日に釣った魚も含めて3枚におろし、ムニエルにしてみました。
いつもは塩焼きなのですが、さすがに飽きがきました。
DSCN0283.jpg
さて、そろそろ畑仕事もやらねば、、、、、
[ 2017年04月16日 20:57 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)

放流魚パート2

金曜日は天気が良く、イワナさんが‘おいでよ‘と呼んでいるような天気でした。
と言う訳でやはり行ってしまいました。
まずは千曲川でエサ取り。
朝の水はとても冷たく、手を入れられるのも10秒が限度。
餌を捕るのに凍傷になりそうでした。
場所は数日前に放流があったとある河川。
放流魚は2日もあればほとんど釣り上げられてしまいます。
週の頭に放流があると週末まではほとんど残っていないでしょう。
お勤めをされている方には辛いですね。
この川も週の頭に放流があったようです。
流してすぐに1匹。
その後は沈黙。
放流後なら入れ食いのように釣れるんですけどね。
DSCN0222a.jpg
川を渡って、すぐ下流を流したら1匹釣れました。
何か一か所1匹のパターン。
DSCN0224a.jpg
その後はまた沈黙。
腕が悪いんだろうか????
仕方が無いので場所移動。
良型ゲット。
昨年からこの魚種が放流されているのですが、ヤマトでも無いしニッコウでも無いし、掛け合わせでしょうか。
大型で引きが強いです。
DSCN0226a.jpg
また1匹で沈黙。
またまた場所移動。
ここは水深が20cmくらいしか無く、イワナが1匹泳いでいるのが見えました。
そっと上流から流すと食ってきました。
DSCN0228ajpg.jpg
この場所も1匹しか釣れず、少し上流へ移動。
右の落ち込みで釣れました。
少しサビが入っているようですが、居付きのイワナでしょうか。
25cmオーバーの食べるには良いサイズです。
DSCN0230a.jpg
この場所はこれだけ。
さらに場所移動。
秘密の放流場所(笑)。
残っていました。
DSCN0232a.jpg
時々アタリがありますので、まだ何匹か残っているようですが、ちょっと別の場所へ。
先ほどのすぐ下流。
DSCN0236a.jpg
さらにそのすぐ下。
放流担当者がポロポロと放流して行ったんでしょうか。
それとも下ってきたのかな???
DSCN0238a.jpg
またまた場所移動。
いつも放流魚が少しだけ釣れる場所。
やはり今回も釣れました。
DSCN0241a.jpg
DSCN0244a.jpg
さらに天然魚を求めて上流へ。
美味しそうな釣り場が続きます。
DSCN0250.jpg
上の写真の上部の場所で1匹。
DSCN0251a.jpg
その後は全く釣れず。
やはり天然魚は厳しい。
これだけ水量があれば、ちょっと濁りが入ると良く釣れるんですけどね。
これだけ清流だと厳しいわ。
それでも200mほど遡行してやっと2匹目。
DSCN0253a.jpg
あまりにもアタリが無いので、車で上流に移動。
こちらはチビばかりの釣りでしたが、1匹だけ交じった尺イワナ。
やっと今年2本目。
DSCN0255a.jpg
自宅へ帰る途中に、とある河川の放流ポイントを流したたら1匹だけ釣れました。
とにかく引きが強く、本日2本目の尺イワナかと思ったら腹掛りでした(泣)。
DSCN0261b.jpg
残り物って意外と良型が多いですね。
ただ、足で稼ぐ釣りはくたびれます。
でも、面白いです。
[ 2017年04月15日 20:00 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(4)

放流の残り物

11日は久々に雨らしい雨になりました。
朝は曇りで雨は降っていなかったのですが、釣り場に着くと降り出しました。
白い物がチラホラと混ざったミゾレ。
まあ、この雨の中で釣りをする釣りバカは私ぐらいのものですね。
まずはエサ取り。
クロカワをメインに使っているのですが、網にこんな物が入りました。
DSCN0166.jpg
でっぷり太ったカジカ。
ここまで大きな物は久々です。
これも焼いて食べれば美味しいのですが、貴重な魚ですのでリリース。
釣り場は前日に放流があった場所ですので、いくらも残っていないでしょう。
DSCN0168.jpg
数匹釣れればOKの気持ちでやったら1時間で6匹ほど釣れました。
DSCN0167a.jpg
DSCN0173a.jpg
続いて別の放流場所へ。
とある橋の下なのですが、雨が降っている時は橋の下っていいですね。
ここでは3匹ほどゲット。
DSCN0175b.jpg
少し流して食わなかったら止め。
さらに場所移動し、ポツポツと拾い釣り。
DSCN0177a.jpg
DSCN0181a.jpg
お昼まで時間があるので、とある源流へ。
源流と言っても土手から釣れる安全な所ですが、、、
標高が高いので、山道には積雪があります。
DSCN0184.jpg
30分くらいやって天然魚を3匹追加。
まあ寒い中良く釣れた方でしょう。
11時30分に納竿。
釣りバカの半日でした。
DSCN0185a.jpg
[ 2017年04月11日 19:52 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(8)

釣れないストレス

6日を過ぎると天気が悪くなるとの事なので、昨日に続き蓮ちゃんで釣り行。
ここのところ通っている濁りのある川。
ここは放流魚が1匹だけ釣れるのですが、次に行くとまた1匹、、、、
順位でもあるんでしょうか。
DSCN0097a.jpg
その後下流を少しやったのですが釣れず、場所を移動。
次の場所では錆びたイワナと久々のヤマメ。
やっとヤマメが釣れました。
と言ってもキープできる大きさではありませんが、、、、
それでも水温が上がってきた証拠ですね。
DSCN0099a.jpg
上の写真の落ち込みまで行ったところ、イワナがきました。
DSCN0102a.jpg
この場所は他に釣れそうな気がしないので、またまた場所移動。
ここは昨日釣った場所。
昨日イワナを落としたところを再度やったらきました。
DSCN0104a.jpg
さらに10mほど上流の落ち込み。
本日2匹目のヤマメ。
来年はキープできる大きさになるでしょう。
DSCN0107a.jpg
お昼近くになりましたので、今日は納竿。
帰りに別河川の放流場所に寄ったら、ルアーの方が一人。
今、放流があったとの事。
川の中を見ると、放流魚がうじゃうじゃ泳いでいます。
佐久漁協では大きな河川が2つあるのですが、その一河川で一番放流がある場所です。
地元の人はこの写真だけですぐにわかる場所。
ルアー釣りを見ていると、常に数匹がルアーを追っています。
ルアー釣りの方曰く、追っては来るが釣れないとの事。
その方はすぐに下流へ移動して行ってしまいました。
DSCN0110.jpg
DSCN0117.jpg
私も続いてやってみたのですが、これが全く食わない。
餌が流れてくると、魚が場所を空けてくれます。
魚はたくさん泳いでいるのに釣れないのは大きなストレス。
品を変え、手を変えやって、3時間粘ってやっと12匹。
途中から写真を撮るのも面倒くさくなって止めました。
DSCN0109a.jpg
DSCN0113a.jpg
結局午後4時まで一人で釣っていました。
見える魚は難しい。
4時近くになると結構ライズしていましたので、毛ばりが効果あるかもしれません。
この3時間はかなり疲れました。
土日辺りになれば食い気が出てくるんでしょうが、お休みなのでみんな釣られてしまうでしょう。
[ 2017年04月07日 20:03 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(14)

気温も上がりました。

昨日、今日と気温がだいぶ上がりました。
畑の野菜も少しづつ成長し始めました。
ホウレンソウ。
昨年の秋に種をまいたもので、第一段はもう食べ終わりました。
第二段がもう食べれれるはずだったのですが、成長がかなり遅れています。
DSCN0072.jpg
今年まいたホウレンソウ。
収穫はまだまだ先です。
DSCN0065.jpg
紅法師という水菜です。
昨年作って好評だったので、今年も作ってみました。
DSCN0071.jpg
レタスとサニーレタス。
夜は冷えますのでビニールをかけていますが、昼間は横を開けないと暑くなり過ぎるので毎日開けています。
DSCN0066.jpg
冬菜。
暖かくなるとグングン伸びます。
DSCN0068.jpg
長ネギの苗。
寒い冬を良く越しました。
DSCN0083.jpg
玉ねぎ。
ここの暖かさで急に成長し出しました。
一部の苗は土の凍結により苗が浮き上がってしまい、ダメになってしまいました。
DSCN0074.jpg
梅です。
まだ花が咲きません。
今年は開花が遅れているようです。
DSCN0080.jpg

今日の釣果。
天気が良いので、午後ちょこっと行ってきました。
昨日、濁りの中で良く釣れたので、更に下流でも釣れるのでは?と考えたのですが、濁りが入っていませんでした。
DSCN0086a.jpg
DSCN0088a.jpg
DSCN0090a.jpg
DSCN0092a.jpg
DSCN0094a.jpg
実際は6匹釣ったのですが、1匹は写真を撮り忘れました。
川にクロカワが少なかったのでヒラタを使ったのですが、途中で外れたイワナがかなりいました。
水温が上がったので活性が高くなりました。
[ 2017年04月05日 22:41 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

釣り日和

やっと春めいた気候になりました。
土曜日の雪が嘘のようです。
4日は気温が上がりそうですので、朝からお山に入りました。
と言っても9時過ぎですが。

この場所は落ち込みが2つあり、いつも良型が釣れます。
今日は残念ながら片側の落ち込みからしか釣れませんでした。
IMG_5883a.jpg
ポイントは二ヶ所しか無いので、別の溪に移動。
この場所は時々尺イワナが釣れます。
解禁直後にも来たのですが、先行者があり、全く釣れませんでした。
この川はこのポイントだけが良く釣れます。
手前の石の淵を舐めるように流すと食いついてきます。
今回は良型が一匹。
IMG_5886a.jpg
今回は別の場所でも一匹釣れました。
IMG_5889a.jpg
さらに別の溪へ移動。
行った先は先日の大雪の場所。
今日は先日の下流に入ろうと思って行ったのですが、川は激濁り。
工事をやっている場所はわかっていますので、止む終えず上流へ入る事にしました。
しかし水量が少なく、清水となると中々食ってくれません。
やっと釣れたのがこの一匹。
IMG_5891a.jpg
全部で4匹釣れたしお昼になったので納竿し、下流まで戻ってきたのですが、激濁りでもちょっと竿を出してみようかと思い、やってみたところ、実によく釣れます。
餌は見にくいようですが警戒心が無くなり、岩の下から出てきているようです。
瀬尻でよく釣れました。
上の写真と見比べると濁り具合がよくわかります。
IMG_5893a.jpg
釣れた魚をビクに入れようと竿を置いたところ、針が黄丸のところの水の中に入りました。
魚をビクに入れて竿を上げたら、何と釣れていました。
餌がまだ付いていたため、食いついたようです。
IMG_5896a.jpg
近くの落ち込みからも良く上がってきます。
IMG_5903a.jpg
IMG_5907a.jpg
IMG_5909a.jpg
IMG_5911a.jpg
天気も良く、久々に充実した釣りになりました。
[ 2017年04月04日 20:56 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

釣りバカです。

昨日は雪の中で釣りをしましたが、意外にも釣れたので二匹目のドジョウを狙って今日も釣り行。
家の周りは白くなっていましたが、道路は解けていましたので何とか釣りはできるだろうと思い、昨日の場所に行ってみたのですが、これが大間違い。
10cm以上の雪があり、まだ降っています。
IMG_5854.jpg
川もこんな状況。
しかし、深々と雪が降る中の釣りは何か哀愁があって好きなんですよね。
冬の源流釣りという気がします。
ただ、滑りますので移動は要注意。
しかし、この雪の中で釣るなんて、相当の釣りバカとしか言いようがありません(笑)。
IMG_5858.jpg
釣りはというと、これが全くダメ。
昨日はあんなに釣れたのに、どうしちゃったんでしょう。
違いは濁りが全く無く、水温が更に低いことでしょうか。
釣れたのはたった3匹。
IMG_5856a.jpg
IMG_5861a.jpg
IMG_5866a.jpg
それでも気分の良い釣りができました。
来週は気温も上がるので雪も急激に融けるでしょう。
さて、そろそろ畑の準備もしなければ、、、
これは私が溪から上がって戻ってきた跡。
IMG_5863.jpg
[ 2017年04月01日 20:30 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(7)

雪降りだけど行ってきました。

天気予報を見ると31日は曇りの予想。
雨、雪は夕方からのようです。
4月1日は一日天気が良くないみたいなので、ちょっと竿出しに、、、、、、
目的地は、30日の続きの場所。
ところが山に近づくと雪がチラホラ。
結局雪の中の釣りになってしまいました。
IMG_5825a.jpg
30日は途中から激濁りになり、止む終えず中止したのですが、今回は大丈夫のようです。
濁りも若干あります。
釣り始めて一投目からきました。
IMG_5827a.jpg
これは幸先が良い!!!
今日は爆釣り???
などと「捕らぬ狸の皮算用」。
期待に反してその後はサッパリ。
やっときた二匹目。
IMG_5829a.jpg
途中まで行くと、かすかに重機の音が、、、、
川の近くで何かやっているようです。
この河川に流れ込む支流でしょうか。
IMG_5826_20170331202555bd9.jpg
この支流は水量も多く、ここを通り過ぎると本流側は水量が激減。
渇水、清水、低水温のトリプルパンチになってしまいました。
釣り上がっても全く食い気無し。
仕方なく、他の場所へ撤退。
次に入った川は水量も多く、水温は低いですが若干の濁りが入り釣には好条件。
流して一投目できました。
放流魚?
まだ残っていたんですね。
IMG_5831a.jpg
近くの落ち込みからは放流魚と天然物が入り混じって釣れてきます。
IMG_5833a.jpg
IMG_5844a.jpg
水温はかなり低いと思うのですが、水量が多いのと濁りがあるので魚が警戒しないんでしょうね。
IMG_5840a.jpg
IMG_5842a_20170401064154bcb.jpg
IMG_5850a.jpg
雪降りの中やっていると竿も雪が張り付いてこの状態。
竿の出し入れがとにかく大変。
提灯釣りには致命傷です。
IMG_5848a.jpg
オカズ用の5匹をいただき、残りはリリース。
帰りは雪道になってしまいました。
IMG_5853.jpg




[ 2017年04月01日 07:03 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(4)