佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2015年10月
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
QRコード
QR

ニジマス物語

冬季ニジマス釣りも、ここのところ釣れるのは標準サイズのみ。
金曜日の放流は標準サイズですが、各場所に1~2匹大型が放流されたようです。
釣れた情報から、大型はほとんど釣り切られたようです。
しかし、標準サイズはあまり上がっていないようです。
それでも大型ニジマスを求めて千曲川へ。。。。。
とある場所に大型50cmクラスを2匹発見!!!!
IMG_1553a.jpg
いっしょに泳いでいますのでペアでしょうか。
最初にイクラを流したらすぐに食ってきました。
目で見て合わせたところ、外れてしまいました。
再度流したのですが、一度食ったものは警戒してダメですね。
IMG_1552a.jpg
餌をサーモンに変え、再度流すと食ってきました。
しかしこれも水面付近で外れてしまいました。
やはり目で見て合わせているので、食いが浅いのでしょう。
その後は何度流しても警戒してダメ。
そのため一度自宅に戻り、秘密の餌を用意。
また、竿をカーボンからグラスロッドに変更。
釣り場に戻り流すと、今度はしっかりフッキング。
IMG_1555a.jpg
今日のブログはここからが本番。
先ほどペアで泳いでいたと書きましたが、かかったニジマスの後をもう1匹がついてきます。
IMG_1558a.jpg
少し楽しみながら写真を撮りました(ニジマスさんには失礼でしたが)。
IMG_1560a.jpg
5分くらい引きを楽しみました。
ニジマスもさすがに疲れてきた様子。
IMG_1561a.jpg
そんな状況でも、もう1匹は常に後をついてきます。
たぶん釣れたのがメス、後を追ってきているのがオスなんでしょうね。
IMG_1562a.jpg
取り込もうととして目の前まで引き寄せましたが、それでも離れようとしません。
タモを伸ばせば取り込めるかもしれません。
IMG_1563a.jpg
10分ぐらいで取り込み完了。
写真では小さく見えますが、50cmは超えているでしょう。
IMG_1564a.jpg
金沢釣具店に持ち込んでビッグサイズに参加しようと思いましたが、もう1匹の事を考えると断念。
リリースしました。
いずれ誰かに釣られてしまうでしょうが、それまで2匹の時間が楽しめるでしょう。
帰りがけに見たところ、また2匹ペアで泳いでいました。

私の師匠さん、場所を捜さないように(笑)。
スポンサーサイト
[ 2015年10月26日 14:04 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(9)

23日は放流日

23日の夕方、ニジマスの放流がありました。
私の行った場所は4時過ぎに放流があったようです。
流してすぐに標準サイズが1匹。
その後対岸でも放流があり、見ていたところ大型のニジマスも1~2匹放流していました。
40分ほどやったのですが、標準サイズ1匹。
3~4匹は釣れると思ったのですが期待外れでした。
さて、明日はどこに入ろう。
IMG_1528.jpg
近くで釣っていた人は大型を上げていました。
たぶん今日放流したものですね。
IMG_1529.jpg
[ 2015年10月23日 18:36 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(8)

ニジマスもご無沙汰

10/10に放流がありましたが3連休でほとんど釣られてしまい、その後2日ほど朝晩だけやりましたが全く釣れません。
そのため土日にもかかわらず釣りもしませんでした。
釣りブログなのに釣りをしないと書く事も無く、更新もできません。
と言う訳で農業の話題でも、、、、、、
先週タマネギの苗を植えました。
植える時のマル秘テクニック。
タマネギは穴あきマルチを張り、植え込んでいくのですが、植え方が浅いと土の凍み上がりによりタマネギが土の上に飛び出してしまいます。
土中の水分が凍ると全体が盛り上がり、日中の気温上昇で溶けて下がるのですがタマネギだけが上に残ってしまい、これが繰り返されると完全に苗が土の上に出てしまいます。
このため苗の根をできるだけ深くに入れる必要があります。
そこで穴あきマルチの穴部分に釣りの竿立てを使い穴をあけました。
土に差し込む部分は尖っているので、これをマルチの穴に15cmほど差し込み、少しグリグリとやると直径2cmくらいの穴があきます。
TS3R1357.jpg
穴があいたらタマネギの苗の根を水の中に入れます。
そのまま引き上げると根がまっすぐとなり全体がまとまります。
TS3R1358.jpg
それを先ほどのマルチの穴の中に入れます。
TS3R1359.jpg
根が途中で引っかかっている場合もありますので苗を底まで押し込み、持ち上げながら穴に土を入れます。
後は待つだけ。
収穫は来年の6月。
種を蒔いたのが8月20日ですので、収穫までに10か月かかります。
それ以上に長いのが長ネギ。
種を蒔いたのが8月31日。
収穫は来年の11月ですので、収穫までに1年3か月かかります。
追肥に土寄せとネギ類は手がかかります。
今週の週末に標準サイズのニジマスの放流があるようです。
竿を持たないと手が震えてきますので、明日あたりちょっと行ってみようか(笑)。
[ 2015年10月19日 17:29 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(10)

本日惨敗

放流2日後ですので釣り人は少ないと思い、8時前に下流の釣り場へ行ったところ沢山の釣り人が入っています。
釣れるポイントは川中にある石の上あたり。
上に見える浮きは私のです。
IMG_1466.jpg
これから下流は徐々に浅くなっており、浮き下は25cmくらい。
釣り場所から川の中がわかります。
IMG_1467.jpg
場所を移動できないので、同じ場所でただ投げるだけ。
30分で飽きました。
人も多くて釣れそうも無いので、さらに下流へ行って見た。
流れが速く、先ほどの場所で浅くなっており、こちらにはあまり落ちてきていないので釣る人はあまりいません。
IMG_1469.jpg
100mほどやってみましたが、チビ1匹。
でもこのニジマス天然魚のようです。
昨年は小型の放流がありませんでしたので、自然繁殖したのでしょうか。
IMG_1468.jpg
今日は9時30分納竿。
家に帰って柿取り。
午後はブドウの手入れ。
今年も枝にブドウ虫が入ってしまいました。
昨年植えた巨峰とシャインマスカットの苗もダメになってしまいました。
IMG_1472.jpg
餌としては良型なのですが(笑)。
IMG_1474.jpg
[ 2015年10月12日 20:35 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(8)

大型3本

11日の朝は小雨でしたが、カッパを着て千曲川へ。
3投目で標準サイズがきました。
大型を釣っていると可愛いものです。
IMG_1457.jpg
更に上流へ移動。
たぶん、ここにいるだろうと思われる場所で大型を1匹。
40cmくらいでしょうか。
IMG_1458.jpg
今日はスーパーに買い物に行かなければならないので9時で納竿。
釣れたのは最初の15分。
後は歩き回っただけでした。
下流域です。
写真には写っていませんが、こちら側からもかなりの人が釣っています。
IMG_1460.jpg
上流側。
私は写真の左のような荒瀬が好きです。
居そうな場所にピンポイントで落し、ダメなら次の場所へ。
結構疲れますが、1つの場所で釣っているよりも面白いです。
IMG_1461.jpg
午前中に所用をすまし、午後は下流域へ。
しかしどこも満員。
さすがに放流の次の日だけあって入る場所がありません。
それでも2時過ぎに最下流部に入れてもらいました。
IMG_1464.jpg
川幅が広いので久しぶりに浮き釣りで挑戦。
ただ、ある工夫をしました。
企業秘密ですが。。。。
知り合いと話をしたりしていたので、実質的には1時間ちょっと釣って大型2本。
普通に釣るよりは釣れそうです。
IMG_1462.jpg
IMG_1463.jpg
昨日の大会だったらベスト10に入っていたかもしれませんね。
[ 2015年10月11日 22:32 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(2)

冬季ニジマス釣りが始まりました。

10月10日から冬季ニジマス釣りが始まりました。
10日はオープニングイベントとして大物釣り大会がありました。
早朝の当日放流。
6時30分頃に放流がありました。
IMG_1440.jpg
私はこの放流場所のすぐ下流で釣ったのですが、これが失敗でした。
確かに放流直後は下流に流れますが、水深が浅いため1時間30分の間に散ってしまいました。
同じ場所に3人入ったのですが、全員ダメでした。
放流場所の上流及び下流。
IMG_1446a.jpg
結局釣れたのは標準サイズ4匹のみ。
それも川の中央まで入って行ってやっと釣りました。
私はヒップウェーダーなのですが、問題なく川の中央まで入れます。
IMG_1443a.jpg
大会本部前のやな場前の釣り場。
こういった溜りは魚が散りませんので、かなり釣れます。
そして放流も一番多い場所。
IMG_1451.jpg
12時からは大物賞の表彰と参加者を対象とした抽選会がありました。
結局、何も当たりませんでしたが。。。。。。
IMG_1453.jpg
IMG_1454.jpg
抽選会後に先ほど釣った場所の対岸に入り40cm弱を1匹。
午後1時30分に納竿。
IMG_1456.jpg
冬季ニジマス釣りのためにいろいろな準備と漁協組合員及び市役所職員による下草刈りをしていただきました。
関係者の皆さんありがとうございました。
来年はボランティア募集をしてください。
IMG_1394.jpg

[ 2015年10月10日 20:43 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(4)

家族サービス

渓流釣りも終わり、10日からはニジマス釣りが始まりますが、お休み中に家族サービスで紅葉を見ながら温泉に行きました。。。。
と言うのは口実で、行った場所は南相木村の「滝見の湯」なのですが、もう一つの目的地は「立岩湖」。
実は立岩湖には「しなのゆきます」が放流されており、渓流年券で釣る事ができます。
今年の年券は12月31日まで有効ですのでニジマス釣りの合間にやってみようと下見をしました。
しかし誰も釣っておらず、立岩荘の方に聞いたところ、ヘラブナ仕掛けで釣っているようです。
ちなみに、このような小冊子があります。
佐久では上州屋に置いてあります。
無料です。
IMG_20151006_0001a.jpg
IMG_20151006_0007.jpg
内容を載せても問題無いと思われますので中身をスキャン。
IMG_20151006_0002c.jpg
IMG_20151006_0003a.jpg
IMG_20151006_0004a.jpg
と言う訳で立岩湖へ。
左の道沿いのところがポイントのようです。
IMG_1404.jpg
その後、すぐ近くにある「滝見の湯」へ。
IMG_1405.jpg
名前のようにすぐ前に滝があります。
滝上でチビイワナが泳いでいるのが見えました。
滝底には大物が居そうな気がします。
IMG_1410.jpg
天気も良く、男湯は一番乗り。
IMG_1415.jpg
他に入っている人はおらず、自撮りしてしまいました。
IMG_1418a.jpg
これからイベントがあるようです。
詳しくはこちらへ
IMG_1413.jpg
館内には「釣りキチ三平」がそろっていました。
IMG_1419.jpg
[ 2015年10月07日 23:34 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

釣り用のイクラ作り

私はイクラをメインで使っていますが、イクラって意外と高いんです。
釣りで1回当たり200円くらい消費します。
放流時は倍の400円くらいですね。
最近は川虫も併用しているのですが、少しでも安くしたいです。
そこでスーパーで売っている筋子から塩イクラを作ってみました。
市販の塩イクラは100gで1090円。
サケ腹子は100gで499円。
約半値です。
結果的には失敗作でした。
昨年も挑戦しましたがうまくいきませんでした。
ある程度コツはつかめましたが、正直買った方が安いです。
通販で買えば100g700円くらいで買えます。
ポイントはイクラのばらし方と塩の振り方。
以下に失敗した作り方です。
まず、スーパーで筋子を買います。
サケの筋子はこの時期しか店頭に並びません。
まれに売れ残りを値下げして売っている時もありますが、時間が経ったものはうまくいきません。
IMG_1310.jpg
まず、筋子をばらします。
昨年は温かいお湯の中で手でほぐしたのですが、これは中々難しいです。
今年は焼き肉用の網がありましたので、それを使ってみたら意外とうまくいきました。
網をボールの上に置きボールに塩水(筋子の重量の5%の程度の塩)を入れます。→真水は止めた方が良いです。
上から筋子を押し付けながら引くとバラバラとイクラが落ちます。
IMG_1311.jpg
塩水の方が良いと思うのですが、私は真水でやってしまいました。
筋子からイクラを分離する時、一部はつぶれてしまいますので、その殻や粘りを水を変えながら取り除いていきます。
IMG_1312.jpg
イクラは全体に白っぽくなっています。
IMG_1313.jpg
飽和食塩水を作りその中にイクラを入れるとあら不思議、きれいなイクラになりました。
この状態で30分。
IMG_1314.jpg
イクラをザルにあけ、水切りをしたら新聞紙に広げ乾かします。
ポイントは乾かす時間。
早すぎると柔らかく、遅すぎるとイクラが硬くなり、新聞紙から離れなくなります。
飽和食塩水を使わずに、ここで塩を振って新聞紙の上で手のひらで押さえながら転がしても良いようです。
私はこちらの方が良くできました。
柔らかい場合は片栗粉を振っておけば何とか釣りには使えます。
硬いものはどうにもなりません。
IMG_1315.jpg
新聞紙が濡れてしまったので一部を別の新聞紙に移しました。
IMG_1316.jpg
だいたい乾いたら皿に取って保管。
このまま冷凍にします。
残念ながらこのイクラは柔らかすぎました。
針を刺すと中身が出てしまいました。
失敗作です。
IMG_1317.jpg
イクラが市販のようにプリプリしていません。
どうも新鮮な筋子でないとダメなのかもしれません。
失敗して再度筋子を買い、3回ほどやりましたが満足なものはできませんでした。
通販の塩イクラを購入して細かく分けて冷凍保存しておくのが一番良いかもしれません。
[ 2015年10月05日 18:44 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)