佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2014年07月
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

今日も源流へ。。。。

日曜日の朝、南佐久漁協のお目当ての河川に放流があるかと思い、早朝に行って見たがまだ放流されていない様子。
金曜・土曜と放流が無かったという事は月曜日以降という事。
平日は仕事があるので釣り切られてしまいそうです。
熊谷ナンバーの軽自動車の方も早朝から来られていましたが、その後どちらに行かれたんでしょうか。
という訳で土曜日に行った源流の続きをやる事にした。
朝の一投目、落ち込みの尻の流れが緩いところに遠目から打ち込むと、グッと強い引き。
糸が引っ張られ、魚が沈んでいる流木の下に逃げ込みます。
何とか枝に絡まらずに引き出し、良型ゲット。
IMG_6977.jpg
釣った場所に近づくと、1匹のイワナが岩の下に入るのが見えました。
岩の淵を舐めるように流すと、食ってきました。
5分で良型2匹ゲット。
ラッキーでした。
朝の6時前で、もののけさんに合うリスクもあるのですが、この時間帯は良く食います。
IMG_6978.jpg
その後は15cmクラスのイワナと遊びながら釣り上がります。
落ち込みの先に木の枝が水面に突き出した場所。
流れの尻は木の枝がありませんので竿を出すと、すぐに食ってきました。
上流に向って走られ抜きにかかると、水面にポチャリ。
ハリス止めごと切れてしまいました。
水面に突き出ている木の枝の隙間を流して3匹目の良型。
IMG_6979.jpg
さらに同じ場所でもう1匹。
この魚ハリスが付いています。
先ほど落としたイワナでした。
ヤマメと違ってイワナはどん欲です。
という訳でここでも良型2匹ゲット。
IMG_6980.jpg
さらに釣り上がると釣竿が落ちています。
大水がでると流される場所ですので、最近の物でしょうか。
中間が縦に裂けており、どうも転んで自分の下敷きになって割れてしまったようです。
それにしてもかなり使い込んだ竿とお見受けしました。
IMG_6981.jpg
そして、この当たりから急激にアタリが少なくなりました。
すぐ上流でこんな物を発見。
色落ちしていないので最近の物のようですね。
IMG_6983.jpg
先行者が入った為か、日が出てきた関係か、アタリが少なくなりましたのでそろそろ止めようと思い、100m先の落ち込みまでとビクを川に残し、釣り上がっていったところ、最後で良型1匹ゲット。
IMG_6984.jpg
戻って先ほど川に入れたビクを捜しましたが中々見つからず、場所探しに苦労しました。
源流は同じようなポイントが多いので、置いた場所を忘れてしまいました。
歳ですね。
良型が5匹釣れましたので8時30分納竿。
今日はアブとハエに悩まされました。
車を山道に止めると回りにアブ、アブ、アブ。
ドアを開けるとすぐに数匹が車内に入ってしまいます。
釣っている時は何故か沢山のハエがまとわり付いてきます。
めずらしく夜の気温が高かったので活性が高いようです。
今日はこの後、小屋の屋根の修理にブドウの袋かけ。
兼業農家さんはつらいです。
スポンサーサイト
[ 2014年07月28日 21:57 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

猛暑いや酷暑の釣り

金曜日の夜は暑かったですね。
毎年、夏の数日はこんな日があるのですが、朝まで暑かったのは初めて。。。。。
半分、寝不足で釣りに向かった。
25日から南佐久漁協で放流が行われているとの事ですが、行ってみると目的の河川では放流されておらず、近くの源流へ行く事にした。
目的の源流に着いてみると、かなりの渇水中。
IMG_6959.jpg
IMG_6952.jpg
先日は渇水で釣れなかった事もありましたので、テンション急降下。
とは言いながらも、着いて最初の1投できました。
まあまあの良型といったところ。
IMG_6951.jpg
そこから釣り上がっていくのですが、ちょっとした物音ですぐに逃げてしまいます。
それでも来年期待サイズはポツポツと釣れてくれますので、飽きない程度に楽しめます。
IMG_6957a.jpg
イワナ以上に釣れたのがこれ。
ちょっとラインを深くすると、すぐに食いついてくれました(笑)、
IMG_6956.jpg
日が高くなると渓に木漏れ日が差してきました。
IMG_6968.jpg
IMG_6970.jpg
さらに上流へ釣り上がり良型2匹追加。
IMG_6971a.jpg
最後に、ここで止めようと思ったところで、今日1番の良型。
タモですくったのですが、30cmくらいあります。
IMG_6976.jpg
6時に入って8時30分に納竿。
朝ははウィンドブレーカーを着て釣るのですが、今日は暑くてシャツだけ。
源流とは言え、これだけ暑いと釣るのも大変です。
[ 2014年07月26日 13:56 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(4)

渓流渇水中

金曜日の夕方に夕立があり、夜も雨があったので源流も増水しているかと思ったのですが、意外にも渇水中。
途中でちょっと寄り道して葦の根本を流したらヤマメがきました。
IMG_6939a.jpg
その後に源流へ。。。。
ところが行ってみると大渇水中。
多少の雨ではほとんど効果が無いようです。
IMG_6945a.jpg
釣れてくるのはこのサイズ以下のチビばかり。
それに昨日?誰か入った跡があります。
たまに餌に寄ってきても警戒して食ってくれません。
IMG_6944a.jpg
結局、お持ち帰りはヤマメ1匹だけでした。
ここのところ毎日夕立があり、源流の周りも湿っているので、キノコがいたるところで出ています。
IMG_6946a.jpg

そういえば、土曜日の午後、すごい夕立がありました。
ヒョウも交じっていました。
風も強く、台風並み。
うちの豆の棚も完全に倒れました。
しかし夕方はこの天気。
明日は良い天気になるでしょうか。
TS3R1153.jpg

と言う訳で次の日(日曜日)。
土曜日の大雨で源流も増水しているのではと思い、土曜日に釣れなかった源流へ再び出かけた。
入る場所は少しずらしたのですが、思った通り増水に若干の濁り。
写真を撮ろうとしたところ、バッテリー切れ。
という訳で携帯画像です。
TS3R1157.jpg
TS3R1158.jpg
昨日と打って変わって入れ食い状態。
ただ、ほとんどがリリースサイズ。
この渓では携帯は何かあった時の命の綱ですので、バッテリー切れを恐れて写真は撮りませんでした。
2時間で20匹くらいは釣ったでしょうか。
そのうちキープ3匹。プチ良型と言ったところ。
ただ、いくらでも釣れると飽きがきます。
6時から始めたのですが、8時で止めました。
その後、私のホームグランドの渓に移動。
魚影は濃いのですが、入る人も多いので大型は期待できません。
源流の入り口に先ほど釣った3匹のイワナをビクに入れて川の中に置いておきました。
自分はもう少し先から源流へ入渓。
川は浅いのですが水量も多く、魚影も濃いので初心者の私にとっては気楽に釣れる場所。
TS3R1162.jpg
TS3R1160.jpg
このサイズのイワナやヤマメは入れ食いで食ってきます。
恐らくこちらでも30匹くらいは釣ったでしょうか。
TS3R1159.jpg
その中でキープ5匹。
TS3R1161a.jpg
1匹は背高の砲弾型。
抜いたら自分の手前で着地。
TS3R1169a.jpg
この渓も2時間で終了。
帰りに川に入れて置いたビクを回収しようとしたところ中にイワナがいません。
ビクの口には石がちゃんと乗っており、間違いなく誰かが持っていったようです。
忘れ物を誰かに持っていかれた事はよくあるのですが、魚を持っていかれたのは初めて。
ビクは川に入れ、口は陸上に出して石を2個乗せてありますので、活かせてある事は一目瞭然。
おそらく釣り人が持ち去ったと思いますが、よほど釣れないんでしょうね。
[ 2014年07月19日 17:35 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

厳しい源流釣り

昨日先行者がいてあきらめた場所へ入ってみた。
IMG_6915.jpg
釣り切られてしまったのか、スレているのか、全く釣れる気配なし。
途中に先行者の置き土産?、市販のミミズに入っている紙粘土?。
IMG_6916.jpg
このすぐ先の渓がなだらかになった所でこの渓は止めにした。
IMG_6917.jpg
ここはあきらめて別の渓へ移動。
渓に下りる道筋に先行者の足跡があります。
知っている人は知っている場所なので仕方ないですね。
でも雨で足跡が崩れていないという事は最近入ったもののようです。
下りてから普通は釣り上がっていきますので、私は釣り下がり。
魚影は薄いのですがまれに良型がきますので期待をしつつ、あきない程度にチビと遊びます。
IMG_6919a.jpg
と思っている時にグッときました。
引きの強さからキープをできるサイズのようです。
しばらく泳がせて、タモを取ろうとしたら????
タモが無い!!!!!。
車に置き忘れてきた事をこの時始めて気が付きました。
浅い場所なので十分泳がせてから引き上げました。
IMG_6924a.jpg
さらに下流へ移動し、岩の淵を流すと強い引き。
先ほどより大型のようです。
1,2,3で抜いたら水辺の浅瀬にポチャり。。。。
慌てて捕まえにいったのですが、逃げるのが早かった。
その後はアタリがなく、砂防ダムの手前で終了。
暑くも無く、鳥のさえずりに耳を傾けた1時間でした。
[ 2014年07月13日 20:07 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

久々の源流

先週の土日は釣りに行かなかったので、久々に釣りに行った気がします。
ここのところ雨が多く、田んぼも畑も草だらけ。
10時には自宅に戻って野良仕事をしなければなりません。
2つほど行きたい源流があり、早起きをして6時前に目的の源流に行きました。
ところが。。。。。。。
先行者あり。。。。。。
先行者のかなり上流、または下流に入る事は出来ますが、自分が入りたい場所に入られてしまったので、撤収。
仕方なく、予定外の源流へ。。。。
IMG_6895.jpg
少し釣り上がったところで1匹目。
IMG_6896.jpg
上から木が張り出しており、下からは草が立ち上がっていますので、そのスキマをぬって糸を出しました。
糸の長さは50cmほど。
魚が泳いでいるのがみえますので、鼻先に餌を出すとすぐに食ってきました。
この渓の魚はスレておらず、素直です(笑)。
IMG_6897.jpg
この手の魚は入れ食いに近いくらいで食ってくるのですが、来年もう一回掛って欲しいものです。
IMG_6898a.jpg
しばらくチビと遊んで、やっと2匹目。
IMG_6903.jpg
水量も少なく、渓もなだらかなので釣り上がるのは楽です。
IMG_6908.jpg
魚止めの落ち込みで釣れた1匹。
なぜかここより上流に魚はいません。
IMG_6909a.jpg
ここで1時間ほど釣り、目的のもう一つの源流へ。
着いてすぐに気が付いたのが焚火の跡。
かなり最近のものです。
たぶん複数の方が来られたと思うのですが、釣り切られているのではないかとの予感。
IMG_6911.jpg
今日はあるポイントのみで釣る予定でいたのですが、釣れたのは1匹だけ。
結構、魚の集まる場所なのですが、釣られてしまったのでしょうか。
夕飯のオカズは確保できたので、ヨシとしましょう。
IMG_6912a.jpg
[ 2014年07月12日 20:53 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(4)