佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2013年01月
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

ワカサギ釣りの穴場

東信地方の有名なワカサギ釣場というと松原湖になります。
信濃毎日新聞に、小諸市にワカサギ釣り場があることが載っていました。
小諸市糠地の天池というところで、小諸インターから、信号が青だったら3分くらいのところです。

以下、新聞より。。。。
小諸市滋野甲にあるため池「天池(あまいけ)」が、ワカサギの穴釣りを楽しむ場として、1~2月の土日祝日に開放されている。
卵の放流から氷の厚さの計測、入漁の受け付けまで、全て地元の糠地(ぬかじ)区民を中心に62人でつくる「天池愛好会」(小田中市雄会長)が担う「手づくり」の釣り場。親子連れや釣り好きが気軽に行ける場所としてにぎわっている。
無題1.JPG
無題2.JPG

 市によると、天池は約1万平方メートルで、貯水量が約1万9千立方メートル。
小田中会長(76)らによると、もともとは南方にある芝生田(しぼうだ)区の農業用水を賄うため池で、ワカサギはいなかった。
同会が10年ほど前から管理を受託。その1、2年後から会員がワカサギの卵を放流し、釣りを楽しむなどしていた。
一般からも「釣りたい」との声が寄せられ、6年前からワカサギ釣りを一般に開放した。
今季に向け、昨年5月に300万粒の卵を放流。
池の周囲の草刈りもした。
氷の厚さを確認した上で今月12日に穴釣りを解禁。期間中、役員2人が交代で、早朝から受け付けや安全管理をする。
 解禁日は約40人が訪れた。
小諸市甲の会社員小山泉さん(52)は「地元の方々が整備してくれ、近くて助かる。ワカサギはビールと良く合うし、シーズンになると、居ても立ってもいられない」と笑顔。
佐久市臼田の臼田小6年高橋健人君(12)は「川釣りと違って、たくさん釣れて楽しい」と話した。
 小田中会長は「糠地は外からの人を受け入れる気風がある地域。これからも地域の役に立つよう続けていきたい」と話している。
 午前7~9時に受け付け。会への協力金として、高校生以上千円、中学生500円を支払う。
小学生以下は無料。混雑したり、氷が薄い場合は安全を考慮し、入場を制限する場合がある。
問い合わせは小田中会長(電話0267・22・8006)へ。
(提供:信濃毎日新聞)
無題3.JPG

場所はここです
無題4.JPG
スポンサーサイト
[ 2013年01月28日 23:49 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

佐久の天気

最近はニジマス釣りにも行っておらず、ブログネタもありません。
てな訳で佐久の天気の話題など。。。。。
土曜日は雪が降ったり、晴れたりとめまぐるしく天気が変わりました。
東京にあります民放5局が放送する天気予報は長野市の天気を示しており、佐久地方の天気とはずいぶん違います。
長野市の冬の天気は新潟に近いのですが、佐久市の天気は東京の天気に近いです。
境目は上田市付近。
冬型の天気になると佐久市は晴れ。
佐久市は日本の中でも有数の晴天率を誇ります。
昨日は強い冬型でしたので、この境目が佐久市付近にありました。
IMG_4439.jpg

冬型になると日本海地方は大雪になるのですが、アルプスで雪を降らせた冷たい空気が松本を越え、佐久地方に入ってきます。
このため、最近の最低気温はマイナス10℃。
この空気が関東地方に流れると、群馬の空っ風になります。

北の方は今日も雪のようです。
IMG_4440.jpg

渓流も解禁日まで20日を切りました。
[ 2013年01月27日 21:59 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

さぶ~~


1月のニジマス放流があったようなので出かけてみた。
佐久大橋下の野沢側に入ったのだが、今日は誰もいない。
中込側に1人いるだけ。
先日の大雪で、川原も雪で溜まっています。
堤防からの下り口も雪で埋まっています。
1台車が入った跡がありますが、放流の車でしょうか?
川原に下りることはできると思いますが、逆に上ってこれるか?
不安はありましたが、車が上った跡もありましたので下りてみた。
IMG_4433.jpg
IMG_4413.jpg

川原に歩いた跡があります。
雪の状態から見て昨日のようです。
と言う事は放流した跡かな?
IMG_4415.jpg

しばらくやったが全くアタリなし。
対岸でやっていた人も30分で引き上げ、千曲川独り占め状態。
私も1時間ほどで止め。
それに寒さで糸に付いた水滴が凍り、マグロでも釣れる太さに。
IMG_4423.jpg
IMG_4427.jpg

こんな市街地でも野うさぎがたくさんいるようで、足跡がいたるところにあります。
IMG_4416.jpg

堤防への上り口も何とか1発で脱出成功。
軽トラの四駆だから出られたけど、普通車の四駆だったならば無理だったでしょう。

場所をいつもの瀬に移動。
堤防より瀬の上流を流していたところ、一人の方が瀬の中で釣り始めました。
堤防からみると、私もこのように見えたんですね。
IMG_4434.jpg

ここでもアタリ無し。
水量が減って底まで見えますので、ここには居ないでしょう。
タモ網を使う事はありませんでしたが、水に濡れたとたん瞬時に凍ってしまいました。
IMG_4436.jpg

今年度のニジマス釣りは今日で終り。
12月から魚の顔が見れませんでした。
[ 2013年01月20日 11:46 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

どんど焼き

今日はあちこちでどんど焼きの煙があがっていました。
地区によっては三九郎と呼んでいるところもあるようです。
書初めの書き損じや正月飾りなどを燃やし、その火で米粉で作ったまゆ玉を焼いて食べると、1年健康にすごせるとの事です。
やぐらが竹で組まれていますので、爆ぜる時の音がすごくビックリします。
燃え始めると勢いがすごく、どこからか火の粉が落ちてきてジャンバーに穴が。。。。なんて言うのがよくありました。
IMG_4412.jpg

今日は気温が高かったので、ニジマスもあがっていたかもしれませんね。
チラッと川を覗いて見たのですが、佐久大橋ので2~3人やっておられました。
IMG_4411.jpg

下流でも餌釣りとルアーの方がおられましたが、ルアーはさすがに渋いでしょう。
餌釣りはこの方法がベスト。
ルアーに浮きを付け、遠くへ飛ばします。
竿は短くても下流まで流せます。
でも、中々釣れないようですね。
IMG_4407a.JPG

私はこういった待つ釣りは精神的にダメ。
ストレス発散が逆にストレスを貯めてしまいます。
18日が放流日のようですので、それまで待ちましょう。
相当渋いと思いますが、1回ぐらいニジマスの顔が見てみたいですね。
[ 2013年01月13日 17:21 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

休みも終り

寝正月だった休みも終り、7日からは仕事が始まります。
何か仕事に戻りたくないですね。
いつもの事ながら大人の1月病です。

1月はあと2回ニジマスの放流がありますが、昨年の例からしてほとんど釣れないでしょう。
渓流解禁まであと1ヶ月ちょっと。
やはり年が明けると待ち遠しいですね。

初釣り以降、チョコチョコと釣り場に顔を出しましたが、釣人ウォッチングになってしまいました。
以外とルアーをやっている人が多いです。
魚の活性が低いので、ほとんど追わないでしょうね。
1.JPG

さくラ咲く小径の前のテトラポットの間。
ここに以外といます。
ルアー竿に重い錘を付け、餌を付けてテトラの間に流します。
本当は釣り禁止の場所ですが。。。。
IMG_4392.jpg

天気が良く、アルプスや浅間山が良く見えました。
IMG_4399a.JPG
IMG_4400a.JPG
IMG_4397.jpg

ここにはかなりのニジマスが残っているはずです。
IMG_4402.jpg
[ 2013年01月06日 23:13 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

新春初釣り、釣れなかったけど

今年の釣りが始まりました。
朝から雪。
浅間山の周りだけは晴れています。
IMG_4367.jpg

9時から祈願祭がありました。
今年1年の釣りの無事を祈って神主さんに祈願をしてもらいました。
ペコ・ペコ
パン・パン
ペコ
IMG_4368.jpg
IMG_4369.jpg
IMG_4370.jpg

いつも釣っている瀬に移動し釣りましたが全く釣れず。
周りを見ても釣れたのは対岸で上った大型1匹のみ。
昨日放流したニジマスはどこに行っちゃたんでしょう。
IMG_4371.jpg
IMG_4372.jpg

強風と寒さに負けて完全に戦意喪失。
軍手を持っていたので、手袋の上にはめて寒さをしのいだが、それでも指先はちぎれるほどの痛さ。
10時30分納竿。
また、暖かい日に再挑戦です。
[ 2013年01月03日 14:59 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

謹賀新年

まずは新年のご挨拶
無題.JPG

今年もよろしくお願いします。

明日はニジマスの初釣り大会があります。
千曲川では放流が行われていました。
どうもまとめて放流しているようです。
ここから浅蓼大橋の手前までは放流無しですので、いつも釣っている瀬まで下ってくれるでしょうか。
IMG_4363a.JPG

明日は最低気温がマイナス8℃だとか、9時でもマイナス5℃のようです。
果たして釣れるでしょうか。
[ 2013年01月02日 19:47 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)