佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2011年07月
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

7月31日、濁ってます

千曲川は30日の朝は濁っていましたが、夕方は笹濁りになったので、31日は濁りも消えるかと思っていたのですが夜に雨が降り、さらに濁りがひどくなってしまいました。
1.JPG

これはダメだと言う事で滑津川を見てみると、何とかできそう。ならば湯川もできるかもしれないので行ってみた。
ところが強い濁りで全くダメ。
2.JPG

結局、滑津川へ行く事にした。ところが行く途中から霧雨となり、本日の釣りは中止。

と言う訳でネタが無くなっちゃいましたので、30日の夕方に湯川へ行った話でも。。。。

30日は午前中滑津川に行ったのですが、夕方湯川の某場所に行ってみました。
始めて5分ぐらいで1匹目。20cmくらいのヤマメ。
1.JPG

ちょっと小さいが幸先ヨシ!。何とか砲弾ヤマメが釣れないかがんばったが、釣れるのはチビばかり。
2.JPG
3.JPG
4.JPG

結局、大型は上らず。
目の前でオニヤンマを発見。小さい頃はこのトンボを探して走り回ったものです。
ところがこのトンボが災難に。。。。
P1010010.JPG

竿を上げた時、餌に向かってトンボが飛んできて釣れちゃいました。
実際は餌をめがけて飛んできたトンボの羽に針がかかっちゃったのですが。。
人生始めての経験でした。
手の中にあるのは餌のミミズ。頭から背中にかけてハリスが絡まっています。
P1010011.JPG

湯川での釣果
ヤマメ4匹
トンボ1匹
キープゼロ
スポンサーサイト
[ 2011年07月31日 21:17 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(10)

プチ源流釣り

新潟県の信濃川は増水で大変なことになっているようです。
大雨が降っているのは新潟県方面のようで、佐久市の千曲川は平水です。ただし濁りがあり、釣りはちょっと無理です。
P1010002a.JPG

と言う訳で、某川の上流へ行ってみました。
平水で濁りもなく、釣りには問題なし。
P1010023.JPG
P1010020.JPG

しかし釣れるのはハヤ、ハヤ、ハヤ。
それに、ここと言う場所はほとんどアタリなし。アタリがあるのは竿抜けポイントと思われるところ。
そんなこんなでやっと釣れたチビヤマメ。
1.JPG

鹿の足跡があちらこちらにあります。
見かけないけれど、たくさんいるんでしょうね。
P1010019.JPG

雨が降り出し帰ろうと思っていた時に釣れたイワナ。
2.JPG

渓流は本流に比べて魚影が濃い。しかしこの時期になると、大型は残っていませんね。

たまたま見つけた、おまけのワンショット。外を見たら窓ガラスに張り付いていました。
P1010015.JPG
[ 2011年07月30日 13:29 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

お墓参り

佐久地方には8月1日にお墓参りをする習慣があります。
江戸時代、大雨により千曲川や支流が氾濫し、たくさんの死者を出しました。
この年が犬年だった事から「戌の満水」と呼ばれています。
雨は27日より降り出し、8月1日まで降り続いたとのことです。
この時から亡くなった方を弔うために始まった行事です。
このため地元の企業は8月1日はお休みになります。
でも、うちの会社は出社です。
[ 2011年07月26日 22:56 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(2)

今日も本流釣り

今日も早朝に本流釣り。
3回連続で同じ場所に入りました。
昨日は釣れなかったのですが、そこそこアタリがあったので。。。。

朝5時過ぎ、もうすぐ日が昇ります。
この時間は空気がヒンヤリしていて気持ちが良い。家を出る時は寝ぼけマナコでも釣り場に着くとシャキッとします。
P1010001.JPG

5時頃は周りには誰もおらず、ゆっくり釣りができます。
最初はやっぱりウグイ。お決まりになっちゃいました。
P1010002.JPG

やっと釣れたヤマメ。でも小さい。
1.JPG

今日も少しずつ釣り下がります。
2匹目のヤマメ。
2.JPG

私が最初に入ったところに別の方が入りました。竿だけ見えます。
竿を水平に出したまま動かしませんので、錘を重くして打ち込んでいるようです。
私は餌を流すタイプですが、場所によっては似たようにやります。ただ根掛りも多く、結構仕掛けをダメにしています。
3.JPG

さらに釣り下がり、同じ場所でチビ2匹。
4.JPG

しかし何でチビばかり?
レギュラーサイズのミミズよりも太ミミズにした方が良いのか?
場所的にはキープサイズが釣れてもおかしくないんですが。。。
最初に入ったところから200mくらい下ったところで、さらにチビ2匹。
ここですぐ上流に鮎師さんが一人入りました。
5.JPG

さらに50m釣り下がったところで、対岸に鮎師さん3人。
自分の竿にもやっとキープサイズがきました。
ジャンプされたり岩場に走られたり、取り込むのに結構苦労しました。
サイズ的には24cmくらい。
6.JPG

カエル:「佐久っ子君、見ていたよ。ブログネタができて良かったね!」
7.JPG

さらに釣り下り、ウグイとチビヤマメをゲット。
8.JPG
9.JPG
10.JPG

暑くなってきたので9時過ぎに納竿。
結局キープ1匹でした。
周りの鮎師さんを見ていたが、釣れていなかったなあ。
もしかしたら、数的には私の方が多かったかも。。。。。
11.JPG
[ 2011年07月24日 19:41 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

千曲川本流釣り

最近は千曲川の本流釣りばかり。
しかし、あまり釣れません。
それでも10匹の放流魚より1匹の本流ヤマメを狙っちゃいます。

と言う訳で今日も千曲川へ。。。。。晴れ
場所は先週と同じところ。
P1010006.JPG

前と同じように、時々アタリはあるものの中々釣れず。ウグイかもしれない。
そんな中でやっと釣れた1匹。チビです。それもエラがかり。
1.JPG

ここをあきらめて別の場所へ。。。
P1010010.JPG

ここの上流と下流はよく行くのですが、ここは始めて。実はここの下流に入ろうとしたら、すでに先行者がいました。しょうがないのでこの場所へ。。
この付近は釣り人がよく入りますので、中々アタリがありません。
今日はブログに載せる話題がないなあと思っていたところ、やっときました。
29cmジャストの泣き尺ヤマメ。
いままで釣った中で一番背高でぶ厚いヤマメ。
2.JPG
29cmあってもガンガン瀬に比べたら、取り込みは全然ラク。
そう考えると水の抵抗力はすごいですね。

同じ場所でチビを1匹
P1010011.JPG

気温も上がり、暑くなってきたので9時過ぎで終わり。
今日も尺に届かなかった。

その後所用を終らせ家でゴロゴロしていたのですが、3時頃滑津川へ行ってみた。
以前から居るのは分かっていたのですが、中々釣れなかった場所。

やっと釣れました。
22cmイワナ。同じ場所で18cmイワナ。小さい方はリリース。
と言う訳で本日のキープ2匹となりました。
4.JPG
[ 2011年07月23日 20:20 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(2)

7月21日の千曲川

7月21日の千曲川は笹濁りのようです。
釣りはなんとかできそうです。
私はダメですけど。。。。
[ 2011年07月21日 06:36 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(2)

早朝の千曲川パート?6

天気も良さそうなので、またまた千曲川へ。
P1010001.JPG

今日も朝の月が良く見えました。
P1010002.JPG

今日の場所はシンボル的タワーのある場所の下。
雑誌には大物がいると良く紹介されていますが。。。。
P1010011.JPG
P1010010.JPG

行って見ると、投網の方がやっておられました。
場所を移動しようと思いましたが、せっかく来たので竿を出してみました。

すぐにいつものパターンのウグイ。しかし良く掛かります。
P1010004.JPG

投網の方は一度瀬の下までやって、また瀬の中流を丹念にやっています。几帳面な方のようですね。
自分はと言うと、チビが2匹。
アタリもほとんど無く、大物なんてほど遠い状態。
投網よりも魚が居ないんじゃないか?
1.JPG
2.JPG

続いて臼田橋の下流へ。
鮎師の方がたくさん入っていました。
写真の左の方は本流釣りのようです。鮎釣りかと思って上流に入ってしまいました。申し訳ない事をしました。
P1010012.JPG

釣果はここでもチビ1匹。
暑くなってきたので15分で切り上げ。
結局キープゼロでした。
3.JPG
[ 2011年07月17日 11:59 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

渓流釣り歩き

昨日は雨も無く、千曲川は清流です。
早起きしてヤマメを求め、千曲川へ。
めずらしく早朝の月を見ました。
P1010008.JPG

今日は入る場所を変えました。年に何度か来るのですが、未だに数が釣れた事無し。当然今年はボウズ続き。でも、雰囲気からしていると思うので、飽きずに挑戦。
P1010012.JPG

始めてすぐにウグイ。いつものパターン。
P1010009.JPG

また、ウグイとのたわむれと思って合わせたら上りません。
ひさびさの大物。3分くらい格闘しちゃいました。
竿を絞りながら待つこの時間がたまりません。
上げてみたら26cmくらい。尺には程遠かった。
1.JPG

その後は、またウグイ、ウグイ、ウグイ。。。。写真も1枚でやめ。
P1010013.JPG

下流にルアーの方が入られました。
「佐久っ子さんですか」と声を掛けられ、お話を聞いたら当ブログを見て下さっているとの事。
私と入れ替わって上流でやられていましたが、釣果はどうだったのでしょうか。良かったらコメント下さい。
しかし、私の釣りスタイルって特徴があるんですかねえ。何で分かるのかな?。

ルアーの方と場所が入れ替わった状態で釣り開始。
しばらくして小型のヤマメ。22cmくらい。滑津川あたりでは良型ですが、ここでは川へお帰りいただきました。
2.JPG

その後は全くアタリ無し。対岸に鮎師の方が2名入られました。
今日は鮎も釣れるでしょう。先日からの濁りで、ほとんど釣られていませんから。。。。
今日は子供のアッシー君をやらなければいけないので、6時30分に上がり。

子供を山奥まで送って行くので、車に釣り道具も乗せちゃいました。
帰りに始めてのところに入ってみたのですが、全く釣れず、と言うかアタリなし。
雰囲気的にはいると思うのですが。。。。ただ、釣り人が入った痕がたくさんありました。
嫌気が差して30分ほどでやめ。始めての場所は十分調査してからやらないと危険というのもありますが。。。。

家に帰ってきてから滑津川の支流の源流へ。毎年行ってチビしか釣れない所ですが。。。
予想通りチビの連続。
a.JPG
b.JPG

イワナに混じってヤマメが釣れました。なんでここにヤマメが居るの?
c.JPG

釣り上って行ってもヤマメが混じります。ほとんど同サイズ。
d.JPG

場所を上流に移動したところ、ヤマメばかり。どうしちゃったの?
e.JPG
f.JPG
g.JPG

いる場所はチョロチョロとしか水が流れていないこんなところ。
h.JPG

周りには野生のラズベリー?がたくさんありました。
i.JPG
[ 2011年07月16日 17:25 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(2)

早朝の千曲川パート?5

佐久地方は洪水警報まで出ているのに、千曲川は笹濁り程度で済んでいます。
水量は昨日より若干増水しています。
それでも普段に比べれば渇水しています。
大雨警報も出ているのに上流では降っていないんですかねえ。

川は、水温が高いためか、モヤがかかっています。
湿度も高いので、早朝にもかかわらず汗をかきます。
P1010001.JPG
P1010002.JPG

釣り場は昨日と同じところに入りましたが、昨日ほどのアタリはなし。
途中でルアーの方とバッティング。
ルアーの方は下流から釣り上がってきたのですが、知らずに上流に入ってしまいました。釣り始めた時は全く見えなかったので200m以上は離れていたはず。。。。
このガンガン瀬でルアーは難しいでしょう。
私がここにきたのが5時過ぎですので、4時30分頃入られたのかな?。

始めてから15分ほどして1匹目。25cmのヤマメ。タモに入れた写真だと大きさが分からないので、手に持って撮ってみました。
1.JPG

30分ほどして2匹目、24cmのアマゴ。何か昨日と同じようなパターン。
2.JPG

その後はほとんどアタリなし。
仕事もあるので6時30分でやめました。

本流釣りも数は出始めましたが、大きさが25cm程度で大型が釣れません。
釣っている場所から見て、尺が釣れてもおかしくないと思うのですが。。。。

まあ、釣れるだけでも良しとしなければいけませんね。ぜいたくな悩みでした。
[ 2011年07月15日 21:20 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

早朝の千曲川パート????

昨晩、自宅前の用水路を見たら笹濁りではあるが釣りはできそう。
毎日大雨洪水警報が出ている割には濁っていない。

という訳で朝にもう一度見たら昨日と同じ程度。毎日雷雨があるので、いつダメになってもおかしくない。
さっそく早朝に出かけてみた。
千曲川に着いてみると、思った以上に濁っている。
1.JPG

せっかく来たのでやってみた。
5分ほどして糸の動きが変。上げてみるとチビヤマメ。こんなガンガン瀬にいなくてもいいのに。。。
2.JPG

リリースして再度挑戦。また変な動き。上げてみるとまたチビヤマメ。
今日はこんなもんかい。まあウグイが掛かるよりはましか。。。。
3.JPG

しかし、以外にヤマメのアタリはあり、餌だけずいぶん持っていかれた。
そんな中でやっと1匹。ひさびさのプチ砲弾ヤマメ。25cmくらいか。
1時間に1匹程度だけど、この引き癖になりそうです。
4.JPG

少し上流で24cmくらいのヤマメを追加。こちらは普通の型。
めずらしく取り込みに余裕があり、竿のしなりの写真を撮っちゃいました。
ガンガン瀬になると、この大きさでも手前まで引いてくるのは難しい。
竿を立てながら自分で魚の方へ近寄って取り込み。
5.JPG
6.JPG

2匹上げたところで6時30分。タイムアップ。
ひさびさに上った本流ヤマメでした。
今日も大雨洪水警報が出ている。でも濁りは少ないようである。明日はできるかな?。
[ 2011年07月14日 21:53 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

早朝の千曲川パート???

梅雨が明けてから佐久地方は連日の雷雨です。
川も濁ってしまい、中々思い通りの釣りができません。
特に本流の千曲川は濁りが強く、日曜日などは褐色の水でした。
昨日は佐久市も大雨注意報が出ていたのですが強い雨は降らず、早朝の千曲川は若干の濁りはあるものの、釣りはできる状態でした。
一瞬のチャンスと思い挑戦。
ただ、大雨注意報が出ている割には渇水しています。私が見た中で今年一番の渇水です。
2.JPG

ダメ元でやってみましたが、釣れるのはウグイばかり。
アタリもコツコツと結構あるのですが、ウグイのアタリのようです。
1.JPG

鮎が解禁になってからヤマメは急に釣れなくなりました。
今回入った場所も鮎釣りの場所。
朝5時にオトリ小屋が開くまで2人ほど車の中で仮眠を取っていました。
私が川に下りた時に対岸に本流釣りの方が1人入りました。
この方も釣れなかったようで、30分ほどやって別の場所へ移動されました。
鮎釣りが終るまで、もう1ヶ月ダメかもしれません。

また、鮎釣りよりも大変なのが雷雨。集中豪雨的に降られるとすぐに濁ってしまいます。
1度濁ると回復するのに2~3日かかりますので、そちらの方がたいへんです。
今日も雷雨で激濁り。しばらく本流釣りはできそうもありません。
[ 2011年07月12日 22:51 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(9)

源流探索

7月に入り、主要河川の支流の源流をあたっています。
土曜日は、それがピンポンして爆釣りできました。
今日は抜井川の目を付けた支流に入ってみた。
沢の入口に滝があり、落ち込みで5~6匹の魚が泳いでいました。
竿を出してみましたがスレていて釣れません。
そこから釣り上りましたが、全く魚の形跡なし。
イワナがいそうな沢ですが、近くを開発する時に川にも手が入り、いなくなったのではないかと思います。
入口から200mほど入りましたが、かなり上流までいけばイワナの顔が見れるかもしれません。
P1010005.JPG

午後、湯川の状態を見に行こうとしたら突然の雷雨。
雨が壁のようになって近づいて来るのが良くわかります。
途中から引き返しました。
1.JPG

ここのところ佐久地方は連日の雷雨。
河川も濁ってしまい、源流まで行かないと釣りになりません。

今日は子供の17歳のバースディーケーキを食べた。
あ~~この頃に戻りたい。
P1010018.JPG
[ 2011年07月10日 20:35 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(2)

イワナの沢にヤマメ?

朝5時起きをして千曲川へ。。。もっと早い人がいました。
あ~~網を打っているーー。今日やろうと思っていたところなのに。。。。
P1010017.JPG

仕方ないので下流へ入りました。
5分くらいで1匹ヒット。24cmくらい。手元まで引き寄せ、タモに目がいった時に一瞬糸が緩み、下流に走られました。瀬の落ち込みで痛恨のバラシ。不吉な予感。
その後は全くアタリなし。
その上根掛り。
竿を折らぬよう穂先を手元に引き寄せ、糸を引っ張ったのですが、いっしょに穂先も曲がってしまい、竿を折ってしまいました。不注意でした。
その後は予備竿を使ったのですが、また根掛り。
今度は目印から切れちゃいました。
完全に戦意喪失。本流はやめ。
1.JPG

今日は源流の用意もしてきたので、ここから源流にスイッチ。
近くで行ってみたい沢があったので直行。
20.JPG
場所に着いて、上から川を見たところ、ヤマメが泳いでいました。
何で?、ここはどうみてもイワナの渓。完全な源流です。
21.JPG

首をひねりながら、とにかく釣り開始。
すぐに1匹目。15cmくらいのアマゴ。
2.JPG

すぐ上でチビアマゴ。水深は10cmくらいしかなく、川筋も細いのに魚影が濃い。
3.JPG

またチビアマゴ
4.JPG

18cmくらいのアマゴ。魚がスレていません。餌がくるとすぐに食いつく。
5.JPG

この沢は人が入っていないのではないか。
22cmくらいのアマゴ。小さな落ち込みですが、簡単に釣れる。
6.JPG

次の落ち込み
アマゴとヤマメ
7.JPG

25cmクラスが2匹。
8.JPG

尺ヤマメ見っけ。
9.JPG
計ったら32cmありました。初の尺超えヤマメ。尺イワナ2匹に加え今年3本目の尺超え。
10.JPG

この後は全くアタリなし。ここが境の魚止めの滝か?
魚がいたのは300mくらいの間。
19.JPG

また、最初のところに戻り、もう一度釣り上ってみた。
11.JPG
12.JPG
13.JPG
14.JPG
15.JPG
16.JPG
17.JPG
18.JPG

今日は20cm以下はリリース。
この沢は数人入れば魚は絶えてしまうでしょう。
今年はたぶん来ないでしょう。
ただ、アタリの無かったもう少し先を確認してみたい気がする。

佐久市では午後2時頃に夕立があり、千曲川は激濁りです。
たぶん明日も釣りにならないでしょう。
[ 2011年07月09日 22:50 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

早朝の千曲川パート??

鮎が解禁になってから、中々本流ヤマメも釣れなくなりました。
釣れそうな場所は常に誰かが入ってしまっているので、場荒れしてしまっています。

ここのところ、千曲川は先日の雨で極濁りでしたが、やっと濁りも引いてきました。
鮎師さんもしばらくお休みだったので、魚も出てきているかもしれないという勝手な理屈をつけて早朝にちょっと竿出し。
川に着いてみるといくらか濁りがあります。
また、水も増水ぎみ。もう少し少ない方が釣りやすいのですが。。。
条件はいまいちですが、できないレベルではないので、さっそくトライ。
P1010003.JPG

時々アタリはあるものの、中々釣れません。もしかしたらウグイか?。
ミミズを使っているのですが、チョン付けにしたり、ミミズ通しを使ったり、頭と尻の付け方を逆にしたり、色々とトライしてみましたが、この方法が良いというのは見つかりません。
でも何か秘訣があるはずです。うまい人はそれなりに数を釣っていますから。
流し方の問題かもしれません。
色々やっているうちに偶然釣れた1匹。24cmのヤマメ。
それでも取り込むのに下の瀬まで走られました。小型ですが力はあります。
1.JPG

1時間30分やって1匹。
とりあえずブログに載せられる1匹が釣れてよかった。

今日は天気も良いので、鮎師さんもかなり入るでしょう。
また場荒れしてしまいそうです。
[ 2011年07月06日 22:32 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

結局釣りに出かけちゃいました。

日曜日は所用を終えて家でブラブラ。
でも何か時間がもったいなくて、滑津川へ行ってしまいました。
最近、本流ばかり行っていたので、ひさびさの滑津川はずいぶん変わった気がした。
アシが背丈より伸び、クモの巣だらけ。
かなり上流へ入ったのですが、川の淵でこんな物を発見。
これより上流には数えるほどの家しか無いのに、どこから流れてきたのでしょう。
P1010001.JPG

糸を出してすぐに「コツン」とヤマメのアタリ。餌だけ取られました。
滑津川は魚影が濃い。ただこんなのばっかりですけれど。写真撮るのもやめちゃいました。
1.JPG

そんな中でキープサイズを何とか3匹。リリースしちゃいましたけれど。
2.JPG
3.JPG
4.JPG

今日の釣りで出会ったお友達。
5.JPG
[ 2011年07月04日 21:53 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(6)

日曜日の千曲川も激濁り

今日から投網が解禁なので川を見に行ったところ、土曜日に引き続き日曜日も激濁り。それでも土曜日は無理すれば出来ましたが、今日は無理。そんな中で2人ほど投網をやっている人がいました。
渓流ファンからみると、助かりますけどね。。。。

雨は深夜でも明け方に近い時間に上流で強く降ったようで、5時頃、千曲川から取水している自宅前の用水路はあまり濁っていませんでした。7時には激濁り、8時は増水と、この状態ではしばらく釣りになりそうもありません。
P1010003.JPG

鮎銀座の野沢橋下には、様子を知らずにきた県外車が何台かありました。残念ですが、今日は無理ですね。
P1010004.JPG

ちなみに滑津川は濁りなし。釣りはできます。
9時現在、佐久市は快晴です。
今日は所用のため釣りはお休みです。
[ 2011年07月03日 09:07 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

土曜日の千曲川、濁ってます。

2日の千曲川は前日の雨で濁りが強い。特に臼田橋以降は極濁り。そんな中でも野沢橋の上下流にはたくさんの鮎師が入っていました。
佐久穂町の千曲川は笹濁りで、何とか釣りができるレベル。
でも釣れません。全く反応なし。
15分でやめ。
1.JPG

本流はダメと判断し、抜井川の支流へ。以前から一度やってみようと思っていたところ。
雰囲気は気持ちの良い源流。沢に下りてみると何か白っぽい。
粉っぽいものが沈んでいます。たぶん上流から流れてきたもの。
魚がいる雰囲気がありません。
道に出ている看板を見ると砕石場が上流にあるようです。
2.JPG
P1010014.JPG

せっかく来たので、抜井川の下流部でやってみました。
やっと釣れました、チビヤマメ。
3.JPG

同じ場所でキープサイズ1匹。
P1010017.JPG

あとはチビとハヤ。
4.JPG

それでもぐるりと回って3時間かかりました。
[ 2011年07月02日 17:51 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)