佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2011年05月
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

渓流釣り歩き、チビとたわむれる

28日は前日の天気予報では雨。釣りはダメだなとあきらめていました。
朝5時に目がさめ、起きるまで1時間はあるとウトウトしていたが、雨音がしていないなと思い、窓から外を見てみると、雨は降っていない。
これは行くしかないと考え、急いで出かけた。とりあえずカッパも持ったが、夕方まで雨はなかった。
やはりこれは日頃の行いの良いためか。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

まず向かったのが湯川のいつもの場所。砲弾型ヤマメは魅力がある。水はかなり増水していますが、釣れない状況ではありません。
ダメ元で1時間ほどやってみるか程度の気持ちで始めた。
結果は4匹、内23cmキープ1匹。砲弾型ヤマメには遠いのですが、結構な引きをしてくれました。一瞬尺くらいあるかと思った。
1.JPG

増水の湯川は難しいので、滑津川へ。。。。
あまり人の入らない場所を選んだつもりですが草が倒れており、誰かが入った様子。
全くアタリなしでしたが、やっと1匹釣れました。2匹目のキープ。
2.JPG
下流で釣りを始めた人がいましたので、途中でやめ。

滑津川の某支流の沢へ。。。。チビとたわむれました。
しかし大型はいません。釣られちゃったのですかねえ。。。。
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
a.JPG
b.JPG
c.JPG

やっと釣れたキープ。24cm。
d.JPG

e.JPG

魚止めの滝。2匹目のキープ。
ここにはこれ以外にも泣き尺イワナが3匹泳いでいましたが、警戒して食ってくれませんでした。
f.JPG

午後、近くの千曲川へ。。。ただ本流ではなく脇流です。
その場所からみて本流釣り2人いました。
竿抜けポイントで、ヤマメが釣れるところ。ウグイ、ハヤも釣れますが。。。。。
ウグイにまじってヤマメ3匹。
11.JPG
12.JPG

その後、田んぼの草刈りをして、夕方から雨。
昼間、雨が降らなくて良かった。
長野県も梅雨に入り、月曜日は台風の接近。
しばらく雨と増水と濁りで、釣りも苦労しそうです。
スポンサーサイト
[ 2011年05月29日 11:29 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(7)

増水中の湯川での釣り

24日の午後より雨が降っておらず、天気が持つのも今日いっぱいとのこと。
今晩から雨になり、しばらく天気がぐずつきそうである。
先日の雨で、川は増水しているが濁りは取れている。
と言う事は今朝行くしかない。
多少の増水であっても濁りさえなければ釣りにはなるだろう。
と勝手な判断をし、湯川に砲弾ヤマメを求め出撃した。

東の空に陽が昇る寸前です。
P1010002.JPG

長野牧場のヤギさんはもう起きて、お食事中。
P1010003.JPG

5時、陽が昇りました。
P1010005.JPG

狙いは砲弾ヤマメで、今日は流れの速いところにアタック。
水量も多いので、おもりをBから4Bに変更。
10分くらいやって22cmくらいのヤマメが上ったが、取り込み寸前で落ちてしまった。
その後はまれにコツンとアタリがあるのですが合わせられなくて釣れずタイムアップ。
結局、砲弾ヤマメは釣れませんでした。

最後にトロ場を流したらチビがすぐに食ってきました。
もう少し大きくなってからと言う事で、川にお帰り願いました。
1.JPG

今年もツバメ夫婦がやってきました。
ただいま、タマゴを暖め中です。
P1010013.JPG
[ 2011年05月26日 23:27 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

大雨の増水

月曜日はひさびさに雨らしい雨が降った。
気温が下がり寒いと思っていたら、浅間山も雪化粧。
P1010001.JPG

川も増水し濁ってしまった。
今日は煮ごりは治まってきたが、相変わらず水は多い。
26日の夜からは、また雨のようなので、しばらく釣りはダメかも。。。

25日朝の浅間山。まだ雪が残っています。
P1010003.JPG
[ 2011年05月25日 22:15 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

本流のウグイ釣り

尺ヤマメを求め、5月22日の日曜日、早朝に千曲川へ。

入った場所より150m上流には先行者がいました。私が現地に着いたのが5時過ぎで、同じ場所から入ったようですので、今釣っておられる場所から考えると4時30分以前に釣り始めたようです。
先行者がいれば、別の場所へ移動するのですが、面倒くさいので後追いで釣る事にしました。頭に入ればルール違反ですが、後追いは問題ないでしょう。
私が用意している間に2匹釣り上げていました。

ということで始めたところ釣れました、ウグイが........
釣っても釣ってもウグイばかり、何で...
1.JPG
2.JPG
3.JPG

先に1人入っていますので、食いが悪いのは覚悟していましたが、1匹くらいヤマメが釣れてもいいと思うのですが。。。。。日頃の行いが悪いからか。。。
昨年はチビが良く釣れたのですが、それさえも食わない。。。
上流の橋との中間くらいまで釣りあがってくじけちゃいました。

お魚パラダイス用のクロカワを取ってやめちゃいました。

しかし、千曲川と湯川のクロカワの量はすごいですね。石を3~4枚まくれば十分な量が取れます。これだけ餌があればメタボになるわな。  
何!ヤマメとしては、あなたに言われたくない?。
ごもっともです。
[ 2011年05月24日 22:04 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(2)

お魚パラダイスその後

以前報告したお魚パラダイスのところに一度は行って見たいと挑戦してみたのですが中々うまくいかず、昨日水着で歩いて渡ろうと思い実行したのですが、思いの外深く断念。
今日、水着と浮き輪を使って再挑戦。
結果から言うと、うまくいったのですが、ちょっと危険だった。

水着に着替えて着るものとウェーダーをリュックに入れ、浮き輪の中に入り、足泳ぎで前進。
突当りの左側に台風の時に流されてきた鉄板が行く手をふさいでおり、ここを乗り越えなければなりません。
P1010016.JPG
P1010039.JPG
ペットボトルを掻き分け鉄板のところまでは簡単に到着できたのですが、この先が予定通りにいかなかった。
鉄板があるくらいなので、この先は浅くて立てるだろうと思っていたのですが、意外と深く浮き輪のお世話になった。
滝側から見た鉄板のところ。
P1010036.JPG
鉄板を越えて、右側の岩の窪みに足をかけ、水に入ると足が着くと思っていた。
ところが実際は浮き輪で浮いてしまった。後は泳ぎながら前進して陸地に上ったのですが、帰りが大変だった。岩の窪みの下までは行けたのですが、水面下の岩が垂直に近いので、岩に登れなくなってしまいました。
一旦元に戻り、浮いている丸太の上に乗り移動したのですが、丸太が左に動いてしまい大また開きのような状態になり、そのまま水の中へ。。。またまた、浮き輪で浮いてしまいました。
また元に戻り、丸太を動かないように陸地で石で堅め、丸太を渡って岩場に移り、鉄板を越してやっと脱出しました。

話は戻り、滝下に着くと、誰かが焚火をした後がある。それも最近。どうやって入ったのだろう。
このブログを見てくれた方でしょうか?。
P1010022.JPG

釣果は?と言うと、目の前に魚はいっぱい泳いでいるのですが、中々食ってくれず、アマゴ4匹、イワナ2匹、ハヤ2匹でした。
a.JPG
b.JPG
餌までは寄ってくるのですが、食ってくれません。餌はクロカワとイクラを使用。タナは1mくらいで底まで見えますので、食わないとイライラしてきます。

この奥が滝になります。
P1010034.JPG

2時間ほどやったのですが、無事戻れてよかった。
たぶん2回目は無いでしょう。
[ 2011年05月22日 18:17 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

釣り日和の渓流掛け持ち

今日まで天気が良いとの事で、早朝湯川の下流に行ってみた。
一投目でチビヤマメが釣れた。
1.JPG

これは幸先が良いと思い、さらに釣り上った。
しかしアタリが無い。
去年はチビの入れ食いだったのに、どうしたことか。
200m釣り上ったが全くダメ。
P1010016.JPG

おそらく仕掛けや釣り方に問題があるのだろう。今の釣り方がここに合わないのだろう。
ここはやめて、先日早朝にやったところで再挑戦。
4匹ゲット。ボウズにならなくて良かった。
P1010021.JPG
2.JPG

朝9時で、まだ時間があるので、某沢の上流へ。ここの源流は良く行くのですが、源流の下流部。流せる場所は150mくらい。
P1010048.JPG

ここから上流はイワナの生息域。ここもイワナオンリーかと思っていたら、川に降りたところでヤマメが泳いでいた。
チョロチョロとしか流れていない川ですが、魚は多かった。まるで釣堀り。流せば釣れます。
3.JPG
4.JPG
5.JPG
これらを含めて23匹。しかし大型は釣れなかった。誰かに釣られちゃったのですかねえ。
しかし、良い釣り日和だった。

今日の釣果のうち、5匹だけをお持ち帰り。魚は生きた状態で用水路に入れておいて、夕方さばいてご近所さんに分けてしまうのですが、湯川の1匹がお亡くなりになってしまい、自分で塩焼きにして食べちゃいました。ひさびさに食べた湯川ヤマメ美味かった。
明日は、雨との事。さてどうしよう。
[ 2011年05月21日 18:01 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

出勤前の一振りパート2

今日の朝、釣りに行こうか布団の中で迷っていたら5時。
考えても仕方ないので、近くの千曲川へ。5時10分には川にいた。
車のバックドアを開け、ウェーダーをはいて、リュックを背負い、ビクを持って、釣竿????。
釣竿がない!!!!!。がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
もしかして、昨日釣ったあと乗せ忘れた????。
しょうがないので昨日の湯川へ。。。。。。
昨日、車を止めた場所を探したが、見つからず。
竿をたたむ時、持ち忘れた可能性もあるので、堤防の上から捜したが見つからず。
誰かが持っていってしまったと傷心しながら、せっかくきたので別の竿を使おうと車の中をかき回していたところ、後部座席の下で探していた竿を発見。転がって座席の下に入ってしまったらしい。
余分な出費にならなくて良かった。
という事で考え方を変え、宗教的に言うと「これは神様がここに尺ヤマメがいるので、釣りなさい」という導きに違いない。と勝手な考え。(私の家は仏教です)

ところが今日はアタリが無い。1時間やってアタリ2回。そのうち1回で1匹ゲット。でも尺にはほど遠い大きさ。自分勝手な考えは当たりませんでした。6時30分に上って、ご飯を食べないと会社に遅刻。朝の釣りは忙しい。
本日の1匹。しかし、釣竿があってよかったーーーーーーー。わーい(嬉しい顔)
TS3R0357.jpg
[ 2011年05月19日 23:31 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

出勤前の一振り

ひさびさに、会社出勤前に湯川でトライ。
湯川は現在渇水中。昨年度、水が少ない時にあるポイントで結構釣れたので、早起きしてやってみた。
まだ日の出前、気温は7℃、地面の方が温度が高いのでもやが発生しています。
P1010001.JPG

釣り場に着く前に太陽が昇り始めました。
P1010003.JPG

途中、先に釣りをしている人の車がありました。結構早起きしたのに、もっと早い人がいた。
この場所よりかなり上流に入ったのですが、釣っている途中でこの人が釣りあがってきました。
年配の方で、話によると全くアタリが無いとの事。
1.JPG

私はそこそこ食ってくれているんですがねえ。漁協で放流をしていただいている方のようで、何と返答してよいか分からなかった。
私の釣っている場所を通り越して、上流で釣られていましたが、釣れていないようでした。

私の釣果は5匹、ひさびさに湯川のヤマメらしいヤマメを釣りました。
途中で落としたのが2匹。まあまあの釣果。
もっとも、夏場になるともっと肥えた湯川独特の砲弾型のヤマメが釣れます。
湯川や千曲川は川虫が豊富なので太るんでしょうね。
この場所で初めてイワナを釣りました。この場所、かなり通っていますが、ヤマメの場所とばかり思っていた。
2.JPG
3.JPG

しかし、会社ではしんどい1日でした。
明日も行ってみようかな?
[ 2011年05月18日 22:10 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(6)

5月15日の源流釣り

早起きして、本流を少しやってから源流釣りに行く予定だった。
目的の場所に行ってみると増水中。
P1010002.JPG

やってやれない状態ではないが、餌取り用の網を忘れたのに気が付いた。
クロカワであれば、石をまくれば取れるのだが、増水中のため石まで届かない。

結局、本流はあきらめて、餌もイクラのみで源流へ。
今日は抜井川水系の某川の源流。一度行ってみようと思っていたところで、初挑戦の渓流です。
P1010003.JPG
P1010004.JPG
実際に釣ってみると、全くアタリなし。200メートル釣り上り、イワナが1匹泳いでいるのを確認しただけ。
あまりにも魚が少ないので、やめました。


続いて抜井川水系の別の源流へ。昨年も来たのですが生き物の気配を感じなかった。
P1010025.JPG

それよりも上流で再挑戦。
200メートルほど釣り上り、やっと1匹釣れました。この渓に魚がいるか不安だったのですが、1匹釣れた事で安心しました。
1.JPG

1匹釣れると不思議なもので、次の落ち込みで3匹ゲット。
2.JPG

次の落ち込みで1匹。
3.JPG

少し釣り上って2匹。
4.JPG
5.JPG

戻る途中で後から釣り上ってくる釣り人2人がいました。6mの竿に2mの糸のちょうちん釣り。私は4.5m竿ですが、それでも長いと思っているくらい。魚に気配を感じ取られないためだと思うのですが、コントロール難しいだろうな。

山の木々、草花も芽吹いてきました。
P1010018.JPG
6.JPG

しかし、こんな源流にも人がたくさんは入っています。帰りがけ、川沿いに車が何台も止まっていました。
結局、大型サイズは釣れず。まあ、これだけ人が入れば無理だわな。15cm以下は放流してくださいね。私は3匹キープしましたが、結局別の場所でリリースしちゃいました。
[ 2011年05月15日 23:04 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

道産子

ひさびさに会った道産子。
P1010003.JPG

佐久っ子:おひさしぶりです。

道産子:ひさびさだねえ。今年の釣果はどうだい。

佐久っ子:ボチボチですね。でも、尺イワナ2本上げましたよ。

道産子:佐久っ子君に釣られるなんてドジなイワナだねえ。

佐久っ子:・・・・・ちっ(怒った顔)

道産子:さて、朝ごはんも終わったし、朝寝するかな。

佐久っ子:そんな生活しているとメタボになっちゃいますよ。

道産子:君にだけは言われたくない。雷

佐久っ子:・・・・・雨
P1010001.JPG
[ 2011年05月13日 22:57 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

大雨警報

全国的に大雨で大変なことになっているようです。
長野県も地震のあった栄村や松本地方は川が増水し大変なようですが、佐久地方は以外にもあまり雨は降りませんでした。
土日は釣りになるかも。。。
ただ今回はお仕事で時間が取れそうもありません。
できても日曜の午後くらい。
ひさびさに釣りの合間の仕事から、仕事の合間の釣りに戻りそうです。
[ 2011年05月12日 22:20 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(6)

軽井沢渓流釣りの集い

今日(8日)、軽井沢で「渓流釣りの集い」と言う釣り大会があった。
毎年開かれていますが、放流魚がニジマスである事と、日曜日は他の用事もあった事から参加はしていませんでした。
今年はブログネタにと思い参加。無料で誰でも参加できます。漁協の特別解禁日には、朝早くから場所取りで人が入ります。今日の釣り開始は9時なので、家を7時に出たら30分で現地着。これでも遅いと思っていたのに誰も来ていませんでした。漁協と軽井沢町の担当者が準備をしており、8時になったら魚を乗せた車が到着、放流が始まりました。
a.JPG

今年はニジマスだけでなく、イワナやヤマメもまじっています。
50cmクラスのニジマスも10匹くらい放流しました。
比率としては、ニジマス60%、イワナとヤマメが各々20%といったところ。
特別解禁日に釣った魚は尾が半分なかったり、サイズもまちまちなのですが、官庁から依頼されたものはきれいな物が多く、小型の物は少ない。
P1010011.JPG

今回の放流量は900kgだそうです。
特別解禁日は150kgで年6回放流しますので、特別解禁日の放流量1年分です。
と言う事は特別解禁日に20匹くらい釣りますので、×6で120匹くらい釣れる?、とバカな事を考えた。
8時30分に放流終了。この時点で、釣り人は2~3人。なんでこんなに少ないの?。

軽井沢は桜が満開です。
c.JPG

浅間山が、すぐそこに見えます。
b.JPG

釣り開始直前。釣り人20人といったところ。900kgをこの人数で釣ったら、一人100匹は釣れるんじゃないか。
P1010018.JPG

9時に釣り開始。私は10時30分まで釣ったのですが、全部で30匹くらい。放流量からして、25%くらいしか釣っていないんじゃないかと思われます。見える範囲では一番釣れていたと思います。どうしても外せない用事があったのでやめましたが、そのまま釣っていたら50匹以上釣れたでしょう。
ニジマスは放流し、イワナとヤマメだけ途中から記録。
1.JPG
2.JPG
3.JPG

10時30分に引き上げる時にはこんなにたくさんの釣り人が集っていました。
e.JPG
[ 2011年05月08日 21:37 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(8)

滑津川、魚がいません。

この休み、家族サービスがなかったので、上田市にできたアりオというショッピングモールへ家族ででかけた。
P1010003.JPG
P1010002.JPG
私は特に買う物もないので、お店を一回りして車で待機。しかし、女性というものはショッピングに何と時間をかけるものか。
自宅に戻ったのが午後3時30分。夕方まで少し時間がある。

と言う訳で、ひさびさに滑津川の初谷沢に行ってみた。
P1010004.JPG
P1010016.JPG

結構魚影の濃いところなのですが、あまりアタリなし。
やっと1匹釣れました。
1.JPG

最後の滝の落ち込みで4匹。それもチビばかり。
2.JPG
P1010014.JPG

この沢にもゴールデンウィークにはたくさんの釣り人が入ったと思われます。小さな沢ですので、アッという間に魚がいなくなってしまいます。
今年はこの沢ももうダメですね。

暖かくなり、いろいろな花が咲いています。
P1010017.JPG
P1010022.JPG
P1010023.JPG
[ 2011年05月05日 18:57 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(4)

佐久バルーンフェスティバル

バルーンフェスティバル2日目。
P1010010.JPG
P1010012.JPG

毎回競技説明や進行をしてくれているMCマキさん、ありがとうございます。
P1010009.JPG

朝6時30分には競技開始となるのですが、今日は始まらず。競技者はバルーンを広げて空気を入れる用意はしているのですが。。。
P1010013.JPG

実は今日の佐久平は朝もやがあり、ほとんど視界が利かない状態。
事情説明と競技内容変更のブリーフィングが行われました。
P1010014.JPG

気球は目視によって目的地を見つけますので、現状ではとても無理。
佐久バルーンフェスティバルは今回で19回目で、私も19回見ていますが始めてです。
7時過ぎ、もやも晴れて競技開始。
気球が青空に向かって離陸します。
P1010015.JPG
P1010019.JPG
P1010027.JPG

そう言えば釣りの話題が出ませんでした。
夕方、千曲川本流に行きましたが、撃沈されちゃいました。
しかし今日はどこの川に行っても釣り人が多い。
魚も減っちゃうだろうな。
P1010031.JPG
[ 2011年05月04日 21:42 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

源流釣り

佐久バルーンフェスティバルが始まりました。
ある競技者が競技終了直前バルーンを急降下させ、地面スレスレで最後のマーカーを投下した後、観客に向かって「皆さんこんにちは」と大声で言われました。なぜかこの言葉が心にジーンと響きました。
P1010034.JPG

競技は早朝に行われますので、8時30分に終了。9時には自宅に戻り、ひさびさに源流へ行く事にした。いつもはイクラだけなのですが、今日はクロカワも取って使ってみる事にした。
源流の入口で、釣り人の手袋が落ちていた。先行者がいるようです。

山奥も春がきました。
P1010049.JPG
TS3R0348.jpg
TS3R0350.jpg

川に降りて行くとやはり先行者の足跡あり。
釣り上ってみたが、釣れる数はかなり少ない。
1.JPG

釣り上ってすぐにイワナの死骸が川の中にありました。
おそらく、飲まれた針を無理やり外したので死んでしまったのでしょう。
これを見て、無性に腹が立ちました。
このような場合は持ち帰るか、無理に外さずにハリスを切ってリリースして欲しいものです。
釣りはスポーツかもしれませんが、魚の命を奪っている事を忘れないで欲しいものです。
P1010041.JPG

さらに釣り上りました。
2.JPG

途中でこのような物を道端で発見。最近の動物はお尻の処理にティッシュを使うんですかねえ?(笑)。
釣りの途中で出したくなる事もありますが、土ぐらいかけとけ。
P1010046.JPG

気が乗らない状態で釣り上がる。途中でおっさん二人が車で山道を下ってきた。帰りに落ちていた手袋があるか確認して、無ければこれらはおっさん二人の仕業か。
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG
9.JPG

12時30分釣り終了。
帰りに落ちていた手袋を確認したところ無かった。
この場所は魚影が濃いので、この倍以上は釣れるはず。
ちなみに、今日のキープは2匹。
[ 2011年05月03日 20:47 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(2)

中々釣れません。

2日は早朝から湯川の露切峡に出かけてみた。
湯川は平常より増水中。
P1010009.JPG

滝を2つほど釣り上ったがアタリなし。
夏はそこそこ釣れるのですが、水温が低いんですかねえ。
これは言い訳。本当は腕が悪いんです。

露切峡からの下流部をあたってみたが、同じくアタリなし。
夏場はチビがたくさん釣れるのですが、全然ダメ。
1時間30分ほどでやめ。
P1010010.JPG

そのあと、昨日行った千曲川の脇流へ。
2日ほどそこそこのサイズが上ったので、3匹目のドジョウを捕まえに。。。
上ったのはヤマメのチビとニジ君。千曲川では2匹目のニジマス。
餌に向かって飛びついてくる良型の魚・・・と思ったらニジマスだった。がっくり。。。。
1.JPG
P1010015.JPG

しかし、今日は風が強い。ちょうちんにして錘も重くしているので何とか釣りになるが、普通の長さだったらコントロールできないでしょう。
明日からはバルーンフェスティバルも始まりますので、風は吹かないで欲しい。
[ 2011年05月02日 18:39 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(2)

プチ本流釣り

娘から11時に買い物に行くのでアッシー君をやって欲しいとの申し入れで、9時から11まで2時間ほど千曲川へ。
いつもはイクラを使うのですが、昨日クロカワの食いが良かったので餌をクロカワにした。
いつもクロカワを取っているところにはカモの夫婦?が。。。最近、釣れそうなところには先カモさんが良くいます。
P1010009.JPG

その後、目的の場所に行くと、群馬Noの二人連れの車が。。。釣り場を探しているようです。ごめんなさい、先に入っちゃいました。
しかし今日は風が強く、糸が流されるのは当然として竿まで動かされてしまいます。このためほとんど釣りにならず。。。。3投程してやめちゃいました。
P1010010.JPG

このため、風の影響の少ない雨川の最下流へ。50m先が千曲川との合流地点。
もしかしたら本流から遡上したヤマメがいるかもしれないと思ったのですが、ハヤの入れ食い。。
すぐにやめ。。。
1.JPG

時間は10時15分。自宅に戻る途中で千曲川の脇流に寄ってみた。
ここでヤマメを2匹ゲット。
千曲川のヤマメは餌が豊富なのか、砲弾型の背高のヤマメが多いですね。
今日はどこに行っても風の強い1日でした。
2.JPG
[ 2011年05月01日 19:20 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(2)