佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2011年02月
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

イワナの爆釣り

今日はかみさんの友達が来るので、10時~12時まで席を外してとの事で、はいはいと2つ返事で釣りに出かけちゃいました。(本当は最初から行くつもりだったのですが)
9時に家を出て、戻ってきたら午後1時。4時間の釣りでした。

場所は毎年暖かくなると何回か行っている源流。放流はありません。全て天然魚です。
家から車で20分、地元の利です。
川に雪があるのは覚悟していたのですが、山道に雪が無い事を祈りつつ軽トラを4WDにして登って行きました。
日頃の行いの良いせいか(嘘です)山道には雪はほとんど無く、ラッキーでした。
P1010047.JPG

今日は落ち込みの溜まり4ヶ所と決めて、そこだけの勝負。
源流はまだまだ雪の中です。
1.JPG

最初のポイントに着くと、何と雪の上に足跡が。。。自分が最初と思っていたのに。。。
でも、そこより他に移動した形跡なし。釣り人では無いようです。
P1010001.JPG

最初のポイント。小さな落ち込みです。
P1010003.JPG

15cmと12cmくらい。やはりチビが多い。写真を撮ってリリース。
2.JPG

2番目のポイント。最初より大きめの落ち込み。
P1010006.JPG

ここで6匹ゲット。その中で20cm1匹をキープ。
3.JPG
4.JPG

3番目のポイント。源流の支流が山道の下を通って落ち込んでいるところ。
P1010018.JPG

非常に小さな落ち込みですが、6匹ゲット。22cm1匹をキープ。
5.JPG
6.JPG

4番目のポイント。今日の本命です。
ただ、近くにはこんなものが。。去年まではなかったよなあ、、、、、
P1010019.JPG

結構高いところからの釣りです。
そっと近づいて覗き込むと、いるいる、25cm超えも見えます。
P1010045.JPG

釣り始めたら入れ食い。平均、流している時間10秒、処理をしている時間5分。
時間がかかったのが、途中で魚が外れた時に反動で糸が上に跳ね上がり、上の木の枝に糸が絡みついた時の処理です。それで10本は針を使った。
ここで23匹上げました。最後まで入れ食いでした。まだいっぱいいるんでしょうね。
27cm1匹、25cm1匹、24cm1匹、22cm2匹くらい、20cm3匹くらい。後はそれ以下。
いつもは釣りながらリリースしちゃうのですが、今日は貯めてみました。
入れ物は生かして持ち帰るために持っている漬物樽です。
P1010043.JPG

この中の27cmと24cmをキープ。真ん中のイワナは背中にカビのようなものが付いていますので、滝にお帰り頂きました。
家族用には4匹あれば良いので、後は22cmのイワナを前にキープした20cmの物と交換して、残りは滝に戻しました。
P1010044.JPG

本日のキープ。
P1010053.JPG
スポンサーサイト
[ 2011年02月27日 19:36 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

本日のキープ4匹

長野県の2月は渓流には厳しい季節。
清流、渇水、低水温の3拍子が重なると、魚も石の下から出てきてくれない。

今日は雨川方面に9時過ぎに用事があるため、その帰りに釣りをしようと思ったが、その前に滑津川にちょっと行ってみた。

川への下り口が中央付近にあります。鹿が利用する獣道です。
P1010001.JPG
P1010002.JPG

暖かくなると食いの良い場所なのですが、今は全くダメ。
ここのところ気温が上昇しているのですが、川が凍っていました。
午前8時なのですが気温はマイナス4℃。
鼻水が出てきます。
P1010003.JPG
P1010005.JPG

と言う訳で1時間で切り上げ、雨川の下流へ。
さすがに滑津川ほど凍っていませんが、まだ雪があります。

たぶん、この辺に居るだろうと思われる場所へピンポイントで流してみます。

5~6m釣り上がったところでヒット。
15cmのヤマメ君。
夏の再会をお約束してリリース。
P1010008.JPG
P1010007.JPG

5~6m釣り上がり、中央の石のふちを流していてヒット。
12cmのヤマメ君。尺ヤマメになってね。
P1010011.JPG
P1010009.JPG

その上方で、20cmくらいのヤマメが2匹泳いでいました。
餌を流すと、一度は寄ってくるのですが、すぐに離れてしまいダメ。

その後、50mほど釣り上がったが釣れず。
川の淵に深みがあり、そこでヤマメをゲット。12cm。がんばって大きくなってね。
P1010015.JPG
P1010012.JPG

再度流すと大きめのイワナが食ってきた。ところが途中でハリスが切れてボチャン。

気を取り直して再度流すと、すぐにアタリあり。
22cmのイワナです。
でも良く見ると、これって放流魚?。
18日にこの場所に成魚放流があったんだ。雪の多い中、漁協さん良く放流しましたね。
先ほど見たヤマメも放流魚?
P1010013.JPG

と言う事は、放流魚まだいるかも。。。。
再度流すとすぐに食ってきました。
あれ?針がもう一本付いている。口を開けると餌まで。。さっき落ちたイワナです。
P1010014.JPG

それ以後は、そこではアタリなし。
でも、ここに放流魚がいると言う事は、少し上流の放流場所にもいるかも。。。
と言う訳で行ってみると3匹泳いでいるのを確認。

流したら食いました。目的のイワナ君。放流魚です。
P1010016.JPG

2投目、近くにいたチビヤマメが食ってきた。君じゃないってば。。。。
P1010017.JPG

3投目、また近くにいたチビが食いました。じゃまだってば、、、、
P1010018.JPG

その後は、魚が用心してしまい、全くダメ。
次回におあ付け。

戻りながら2匹ヤマメが泳いでいたところを流すと、なんと食ってきました。ラッキー。
20cmのヤマメをゲット。なんと、天然魚でした。
P1010019.JPG

本日のキープ。
夕飯のおかずになりました。1匹にはイワナのタマゴが入っており、季節外れの珍味をいただきました。
P1010021.JPG
[ 2011年02月26日 19:54 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

釣れない釣り

この時期の川は、非常に澄んでいます。

それに渇水。

そのためか川に魚が見当たりません。

石の下に入っちゃったんですかねえ。

あれだけいた魚が全く見えないのは、ほんとうに不思議。

最低気温もマイナス5度と、やっと上ってきた。

冬の寒さも峠を越えたようだ。
P1010006.JPG
[ 2011年02月23日 22:33 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

渓流、中々釣れません

放流魚を除くと、この時期の渓流釣りは厳しい。

8時30分に家を出て、あちこち回ったがさっぱり。
16日に釣れた4匹や昨日の最初の3匹は偶然とラッキーが重なったものではないか。

最初に入ったのは初谷橋の下。放流魚を狙ったが、表面に氷が張っており、釣りは大変。
P1010002.JPG
放流魚の残りが2~3匹泳いでおりましたが釣れそうもないので、下流へ移動。

去年お世話になった土手下が深みになっており、魚がいるかと思って行ってみたが、全くダメ。
P1010004.JPG

次に行ったのが、昨日の朝3匹釣った滝の落ち込み。
残念ながら全くアタリ無し。
P1010005.JPG

その滝から下流を歩いてみた。
写真の中央は川の上に張った氷。上を歩いても割れません。
P1010007.JPG
かなり下流まで歩いて行ったのですが、魚の形跡なし。
皆、石の下に入っちゃっているんでしょうね。

今日は全く魚に触れずボウズ。
ブログ用に秘密の場所(ドライブイン佐久の裏側)にいって、チビと遊ぶ事にした。
1匹目、15cmヤマメ。
P1010008.JPG

2匹目、15cmイワナ。
P1010009.JPG

3匹目、12cmイワナ。
P1010010.JPG

イワナの色はサビが効いていて見事。来年はキープサイズになるかな?。
しかし、2月3月の釣りは厳しい。
今日はキープゼロ。
さて、この次はどこに行こう?
[ 2011年02月20日 19:34 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

鼻水たらたら釣り日誌

天気は良いが寒い1日でした。

朝6時に起き、滑津川へ。
下流の落ち込みで竿を出して見た。
30分ほど粘って、イワナ・ヤマメ・アマゴを各1匹。
全て15cmくらい。「尺になって戻っておいで」と言ってリリース。
1.JPG

何人も入っているだろうと思いながら7時に放流場へ。
ところが誰もいない。と言うことは昨日釣り切られた?。
川を見ると20匹ほど群れている。と言うことはすれちゃっている?。
P1010014.JPG

竿を出してみると食ってくる。もしかして、まだ誰も釣っていない?。入れ食い。深さ30cmくらいで清流なので、食う瞬間が良く分かる。直接食うタイミング合わせて釣り上げる。
続けて9匹ゲット。
P1010005.JPG
P1010009.JPG

7時30分頃になると、みるみるうちに水面が凍りだした。最低温度は6時頃だと思っていたが、山は時間が遅いのか。それとともに食いが悪くなった。
魚も氷の下に入ってしまい、出てくるところを狙うが全く釣れなくなった。
そういえば、釣れたのはイワナばかり。残っているのはヤマメがほとんど。
群れているところに落してみるが全くダメ。
8時過ぎにあきらめちゃいました。ヤマメ君、あんたの勝ち。また明日くるからね。
P1010020.JPG

その後、雨川の放流場に行ってみた。
川を見たところ、さかなの形跡無し。
P1010017.JPG

一応、竿を出してみたところ、イワナをゲット。雨川での初ゲットです。
その後は全く反応無し。釣り切られているようです。
P1010015.JPG

本日のキープ。
P1010031.JPG

放流日の大量入荷時は、自宅分を残して近所や知り合におすそ分け。
皆さん川魚結構好きなようで、持ってきてくれるのを心待ちしています。
養殖魚は天然と違って丸々肥えてグラマーですね。
P1010034.JPG
[ 2011年02月19日 19:41 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

2月18日、濁っています。

佐久市の川は昨日からの雨で濁っています。

本日、放流が行われたようですが、釣果はどうだったのでしょうか?

冬の川は澄んでいますので、少し濁りが入った方が釣果は上ると思うのですが、今日の濁りは強すぎる。

明日は適度な濁りであってくれれば良いのですが。。。。

群馬県はまだ解禁していないので、明日は関東方面からたくさんの釣り人が入ってくるんでしょうね。

ネタがないので柿のねたでも。。。。

めちゃめちゃ柔らかい柿です。普通の人が見たら腐っているのではないかと思うようなもの。

でもこれが、非常にうまい。サジですくって食べるのですが、とろっとして甘く、食べ始めるとやめられない。

いつの間にか残り3個になってしまった。
P1010001.JPG

さて、明日はどこで釣ろう。
[ 2011年02月18日 22:08 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

解禁日から尺イワナ釣れちゃいました

佐久漁協さん、放流日は18日に延期との事で、朝はゆっくりと起き、8時に源流へ。

途中、放流場所を見て見たのですが氷が張っていて、18日の放流日に釣る事はできるのでしょうか。
P1010007.JPG

プチ源流なのですが、雪が多くて釣り上がる事は危険なので、滝の落ち込みの横に車を止め、そこで釣ることにしました。
車から釣り場まで、歩く距離にして30mくらいなのですが、雪が多いので歩行が大変でした。
車で使っている雪降しで岩の上の雪をどかして足場を作り、釣り場の周りの雪をラッセルして、とりあえず場所を確保。
滝の落ち込みは手前半分が凍っています。
P1010017.JPG
P1010018.JPG
P1010019.JPG

今シーズン1投目、すぐに食ってきました。
22cmイワナ。源流イワナは顔つきが違う。竿が気持ちよくしなります。ただ、アタリが非常に弱い。
集中していないと見落としてしまう。
P1010008.JPG

続いて2投目、これもすぐに食ってきました。幸先良し。
前と同じく22cmイワナ。
P1010009.JPG

この後、何回かアタリがあったのですが合わなく、10分ぐらい時間を置いてヤマメをゲット。
15cmくらい、途中で針が外れ、氷の上へ落ちてしまいました。
竿を使って手元まで引き寄せリリース。
P1010012.JPG

しばらくアタリがなく、投入場所を少しずらしたところ23cmイワナをゲット。
P1010013.JPG

あちこち投入ポイントを変えてやっていたところ、グッと重そうな手応え。大きなイワナです。
だだ、周りは氷ですので、水の中を手元まで持ってこれません。無理やり引っこ抜いちゃいました。
落ちなくて良かった。
31cmくらいのイワナでした。
初日から尺イワナが上るとは気分がいいです。
P1010014.JPG

その後、アタリもほとんど無く、9時10分で止め。寒くて人間が持ちません。
糸まで凍ってしまいます。
P1010016.JPG

1時間ちょっとでキープ4匹なので良しとしよう。

今日の釣果。
ちょうど家族分で、美味しくいただきました。
P1010007.JPG
P1010009.JPG
[ 2011年02月16日 10:52 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

長野県、いよいよ渓流解禁です。

長野県もやっと渓流解禁です。

国道254号ですが、内山峠より佐久側に雪はありません。
ただ、道路の脇に除雪した雪が解け出して、道路の所々で凍っています。
内山峠より佐久側は下りですので、峠を越えて湯川や抜井川、滑津川に来られる方は、くれぐれも気を付けてお越しください。

午後8時頃に滑津川の放流場所を見に行ったのですが、放流魚の形跡無し。
今年は放流されているのかねえ。。。。。。。

去年は、放流魚は食わず、天然魚の方が食いが良かった。
今年もこのパターンかな?

追記
佐久漁協のホームページを見たら放流中止ですと。
知らずに釣りに来る人多いと思うよ。
[ 2011年02月15日 21:22 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

佐久市、渓流解禁前情報

昨日、今朝と雪が降りました。
解禁日のコンディションはかなり悪い状況です。
ボウズでなければ良しとしよう。
低温で川の表面には氷が張り、その上に雪が積もったたために、川と陸の境目が分からなくなりました。
氷は厚く無いので、乗れば割れます。
水深は15cm~20cmなので転んでも怪我をする事はないのですが、服が濡れると大変な事になります。
こちらに来られる方は念のために着替えを準備した方がよさそうです。

滑津川で私の好きな釣り場なのですが、完全に凍っています。
普通はこの部分全て水が流れています。
釣りができないどころか、川にも降りられません。
P1010003.JPG

湯川や抜井川も同じような状況でしょう。

滑津川の放流場。
右から水が流れ込んでいる部分を除いて、表面が凍っています。放流魚も氷の下に入っちゃうでしょうから、当日の釣りは難しいかも。。。。。。。
P1010004.JPG

放流場所から下流。
画面の上の方は水が見えません。
P1010006.JPG

放流場所の下り口
当日はラッセルしなければダメそうですね。
P1010008.JPG

放流場(初谷橋)から初谷温泉方面。
滑津川はこの道に沿って流れているのですが、源流釣りはしばらくダメそうです。
P1010009.JPG

上の道を少し行ったところ。
雪景色に青空。気持ちが癒されます。
P1010013.JPG

動物の足跡ですが、なんでしょうか。
P1010001.JPG
[ 2011年02月13日 16:17 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

ひさびさの大雪

日本全国雪模様のようですが、佐久も30cmほど積もりました。
佐久は気温が低いので、山間部は根雪になっちゃいます。

源流釣りには、ちと大変。

お昼頃の状態。朝よりだいぶ解けました。
P1010001.JPG

夕方の状態。きれいな夕焼けです。
P1010003.JPG

解禁日当日も良い天気であって欲しいものです。
[ 2011年02月12日 19:10 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

福寿草が咲きました。

庭の福寿草が咲きました。なんだかんだ言っても、春はそこまで近づいてきているようです。
P1010001.JPG
P1010002.JPG

週間天気予報を見ると、16日は天気がよさそう。

ただ、最低気温はマイナス7℃との事。

毎度のことながら鼻水タラタラの釣りになりそう。
[ 2011年02月09日 22:10 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

解禁前に釣れてしまった!!!

解禁まで、あと10日。

ひさびさに道具を取り出し、仕掛けをリニューアルしました。
激安の竿を1本新調したので、調子を見に歩いて近くの小川へ。。。。

田んぼのど真ん中を流れている川ですので、住んでいる魚もハヤ、フナ、ウグイが主で、まれにヤマメ。
ほとんど釣る人もおらず、私と中学生が時々釣るぐらい。
行って見ると先カモさんが4羽。こちらに気が付いてバシャバシャと川の上を走りながら逃げて行きました。

その場所は予想した通り、アタリも無し。
これだけカモが暴れれば無理も無いのですが。。。。。。。

少し下流に移動し、2~3回流したところアタリあり。
餌を付け替え、再度流したところ、きました「まれに釣れるヤマメ君ではなくアマゴ君」

食いの渋い時期、釣れてもハヤだと思っていたのに、禁魚を釣ってしまった。
当然すぐにリリースしましたが、糸、竿を通して伝わってくる感触、ひさびさに思い出しました。

滝の落ち込み。手前側から上りました。ゴミの多さが残念です。上側のゴミはファンヒーターの灯油缶、中央は発泡スチロール、左の緑の袋は家庭ゴミが大量に入っています。
P1010035.JPG

20cmくらいのアマゴ。水温が低い中で、良く食ってくれました。
尺アマゴになって、もう一度お会いすることを約束してリリース。
P1010033.JPG

足元は凍っていました。この滝から右下の水路へ水を取り込み、田んぼや畑へ水を供給します。
P1010036.JPG
[ 2011年02月05日 15:44 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)