佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2010年09月
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

シーズン最後の日曜日、最高の釣り日和

今シーズン最後の日曜日ですが、所用のため朝1時間のトライ。5時30分に自宅を出ても、周りはまだ暗い。
天候から言うと、今日は最高の釣り日和でした。ただし最後にしてキープはゼロでした。(大型を狙ったこともありますが)。
P1010001.JPG

湯川に着いて川を見ると、川から湯気が。。。。。
水温より気温の方が低いので湯気が立っている模様。どうりで寒い訳だ。
P1010007.JPG
P1010009.JPG

今日は下流域で挑戦。2匹目のドジョウを再トライ。
P1010005.JPG

しかしチビばかり。残念ながらドジョウはいませんでした。
1.JPG
2.JPG

7時には日もでて、ついでに月も出ていました。
P1010022.JPG
P1010024.JPG

ひさびさに天気が良く、浅間山の煙が良く見えます。
3.JPG

一旦自宅に戻り、所用を行ったところ、だいぶ早く終わったので、千曲川へ尺ヤマメ(できれば36.5cm以上)を求め出撃。
川の様子を見ながら現地へ行ったのですが、釣り人が多く、解禁直後のようでした。
釣り場は以前入ったところなのですが、今日は水量も多く、以前は陸地になっていたところも水が流れていました。
P1010042.JPG
14.JPG

天気が良く、のんびりとした釣りとなった。
1匹目はウグイ。その後、時々そこそこのサイズは上るが、ほとんどチビばかり。大型はどこ行っちゃったんでしょうか。
11.JPG
12.JPG
13.JPG

しばらく釣っていると下から釣り上がってくる人があり、この場所をゆずり、もう一場所行って見たいところがあったので、そちらに移動、
P1010046.JPG

釣れそうな場所なのですが、今までアタリさえ無かった場所。
16.JPG

粘っていたところ、そこそこのサイズが2匹上がりました。今日は大型を求めていたのでリリース。
15.JPG

季節は秋に突入。
空も秋空です。
P1010053.JPG
P1010054.JPG
P1010056.JPG

昨日のキープ分。用水路に放り込んでおき、夕飯前にさばいて美味しくいただきました。たぶん今シーズン最後のイワナ・ヤマメとなるでしょう。
しかしイワナは、さびたいい色してますね。
チビ2匹は針飲まれ持ち帰り。
P1010001a.JPG
スポンサーサイト
[ 2010年09月26日 20:13 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

シーズン最後の源流へ

今シーズンも残すところあとわずか。
ゆっくり釣りができるのも今日のみ。
と言う訳で、最後の源流へ。。。。。。行く前にお世話になった滑津川に寄ってみました。
たぶん釣れないだろうと思いながら相立から。2月の解禁日にはここにも放流があったようですが、その後は放流して無い模様。数年前の台風の影響で護岸工事が行われ、川の中にも重機が入り、すっかり模様が変わってしまいました。
以前はちょっとした落ち込みがあり、手前が大きな1枚岩になっており、そこにすわってボーとして釣っているのが良かったのですが、それも無くなってしまいました。
P1010014.JPG
P1010015.JPG

釣れないだろうと思いつつ竿を出すと、1投目からチビヤマメが。。。気を良くして2投目。。またチビヤマメ。。
1.JPG

3投目はウグイ。。。その後はチビヤマメ1匹にウグイの連続。。
2.JPG
3.JPG

あきらめて次の場所へ。ここは年間続けてお世話になった場所。ところが草がずいぶん倒されて、最近かなりの人数が入った模様。そういえば世間はシルバーウィークだった。
ダメ元覚悟で竿を出して見たところ、それでもチビが結構食ってきました。
P1010023.JPG
TS3R0219.jpg
7.JPG
8.JPG

そこそこのアマゴをゲット。本日のキープ1匹目。良く釣られずに残っていました。
P1010025.JPG

その後はチビの連続。ここにきてデジカメの電池切れ。途中から携帯で撮影。
10.JPG
9.JPG

続いて3番目のポイントへ。。。放流魚の残りをゲット。でも何か痩せている。養殖なので餌の取り方が解らないのかも。それにここはイワナのポイント。と言う訳で下流へリリースしました。
TS3R0221.jpg
TS3R0220.jpg

滑津川はこれまでにして、本命の源流へ。
小さな川の源流ですが、人がほとんど入らないため、イワナの入れ食い状態。落ち込みのここぞと言うポイントでは必ず食ってくる。
TS3R0223.jpg
TS3R0234.jpg
TS3R0254.jpg
TS3R0255.jpg

しかしチビが多い。それに仕掛けを直すのに何と時間がかかることか。食って離した反動で、糸が跳ね上がり上の木の枝に絡みついてしまい、取ったり直したりで、ずいぶん時間がかかりました。
11.JPG

源流イワナらしいイワナ。放流魚と違ってきれいですね。
この源流のイワナ、みんなメタボ。餌が多いのか。
TS3R0226.jpg

その後もチビの連続。かなり魚影が濃いのだけれど、キープサイズはどこにいるの?
しかし今日は寒い。12時になっても吐く息が白くなる。ウェーダーを着ていても汗をかかない。
先週の土曜日は汗をかいて体重が2キロ減ったのに変わりすぎ。
12.JPG
13.JPG
14.JPG
16.JPG
17.JPG

そんな中でのキープ。と言う訳で、今年の源流釣りが終了しました。
15.JPG
[ 2010年09月25日 20:59 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

露天風呂

ちょっと釣りの話題から外れて。。。。。。。
日曜日の午後、小海町の八峰の湯へ。。。。
ヤッホーの湯と読みます。
TS3R0207.jpg

ここに来ている人は県外者が大半。10台のうち9台が県外車でした。
TS3R0206.jpg

松原高原にあるのですが、晴れていると露天風呂からは八ヶ岳連邦が一望できます。
当日は残念ながら雲に隠れていて見えませんでしたが、初冬の雪をかぶった八ヶ岳連邦を見ながらの入浴は最高でしょうね。
TS3R0210.jpg
[ 2010年09月20日 22:07 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

湯川、終盤の釣り

早朝に知る人ぞ知る、知らない人は知らない、(あたりまえか)湯川の某ポイントへ。。。。
ここは昨年の最終土曜日にヤマメのキープサイズを1時間30分くらいで20匹爆釣りした場所。
2匹目のドジョウを狙って出撃しましたが、ドジョウはいませんでした。
昨年の20匹は全てオス、次の日に釣った10匹もオス、未だに理解できない不思議な現象でした。誰か解る人いましたら教えてください。

今日の湯川はちょっと増水ぎみ。某橋の下流の昨年いい思いをしたポイントから攻めます。
P1010002.JPG

川原に下りたところ、1匹のスズメバチがまつわりついてきました。攻撃はして来ないのですが、ぶんぶんと周りを飛び回り、釣りに集中できません。わたしゃ熊じゃないってば。
そんな中3投目、きました、いい引き。ひさびさのヤマメとの格闘。25cmくらいのヤマメでした。昨日も同サイズのヤマメを釣っているのですが、広い川にいるヤマメは引きが違いますね。
P1010003.JPG

気を良くして次を狙いますが、中々大物はきません。ほとんどが15cm~20cmくらいで、来年キープサイズとなる大きさの物ばかり。全て「佐久っ子キープ」と書いてリリース。←ウソです。
1.JPG
2.JPG3.JPG
4.JPG

ここは終りにして、某橋の上流へ。
P1010001.JPG

橋の上から見るとコンディションはよさそうですが、行って見るとガンガン瀬の流れが速すぎます。
P1010028.JPG
流芯を外してトライしキープサイズゲット。23cmくらいのヤマメ。
P1010022.JPG

その後は小物の連続。中には持ち帰れそうな物もあったのですが、リリースしちゃいました。
(最後の1匹だけキープ)
5.JPG
7.JPG

結局、キープ3匹で、昨年のいい思いはできなかった。
暑くなりそうなので8時には止め。
周りの田んぼでは稲刈りが始まりました。
秋、突入です。
[ 2010年09月19日 11:54 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

滑津川、源流釣り

ひさびさに滑津川の源流へ。。。。。行こうと思ったが、寄り道して先日の放流場へ。
先日まで暑くて困っていたのに山々は秋の気配がただよっています。
ただ、カメラを忘れてしまった。写真は携帯で撮るはめになってしまった。
TS3R0153.jpg

最初の数投は空振り、全部釣り切られてしまったのかな、と考えながら流芯を外して流すとチビが食ってきました。
その後も竿抜けポイントと思われるところを当ると、いました3匹。あきらかに放流物、その後、チビやウグイを釣り、その場は引き上げ。
3.JPG
1.JPG
2.JPG

滑津川の源流と言っても、道からすぐ入れるところ。
ここは入渓者も多く、あまり期待はしていなかったのですが、予想に反して食いが良かった。
10.JPG
11.JPG
12.JPG

しかしチビが多い。入れ食いで食ってくる。そんな中でキープサイズ数匹。食いが浅く、釣り落したのも同じくらい。
遡行100mくらい。けっこう遊んでもらえました。
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG

今年の最小サイズ更新か。
8.JPG

あまりチビばかりくるので、別の渓へ。
そこでキープサイズ4匹ゲット。めずらしくチビが来なかった。
13.JPG

帰りに源流下部に立ち寄り。腹が黄色、尾びれが赤のきれいなイワナが釣れました。
TS3R0202.jpg
その他にイワナ2匹
15.JPG
のんびり釣っていたら、釣竿にトンボが3匹も止まってしまった。
TS3R0201.jpg

本日のキープ
P1010008.JPG
[ 2010年09月18日 20:29 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

こたつを出しました。

この間まで暑さ対策をしていたのに急に寒くなり、こたつを出してしまった。
先日までの最低気温が今日の最高気温です。
今年の天気は何か変。
川も渇水から増水に転じ、釣り方も変えねば。。。。。
[ 2010年09月16日 21:43 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

本流尺ヤマメはどこにいったのか

今晩から雨の予報なので、ちょっくらと早朝の釣りに千曲川へ。。。。。
日の出が遅くなりましたね。5時では暗くてちょっと無理。この間まで4時30分頃から出来たのに。。。。。
いそうな場所に竿を出したのですが、全くアタリ無し。(正確にはウグイ1匹)
P1010028.JPG
先日はそこそこアタリがあったのに、今日は全くダメ。チビさえ食わない。
尺ヤマメなんて夢の夢。いったいどこに行っちゃったのだろう。
帰りがけ、今シーズンの本流釣りは終りにしようと思ったが、もう一回挑戦してみようか。
それにしても渇水しているなあ。。。。。。。。。。。。。。。
P1010029.JPG
[ 2010年09月15日 22:17 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

放流物の残り

土曜日の残りを求めて早朝に放流場へ。。。。。行ったところ、車の中の釣竿が1本無い。
頭を昨日に戻して考えると、別の場所で釣った時に竿を2本持って行った時があった。。。。と言う訳で、その場所へ移動。そしたら、ありました。誰かに持っていかれずに、よく残っていました。
P1010001.JPG

気を良くして元の場所へ。川をのぞいて見ると、昨日と同じ状態で魚がいます。
餌を流すと、昨日と同じで避けられた。
少し移動しながら、1匹目ゲット。良型のヤマメでした。
そんな中で岩の下に頭だけ入れているイワナを発見。
ここで釣り人にあるまじき行為をしてしまいました。
頭が岩の下に入って尾を外に出している訳ですから餌には食いつくはずが無い。
と言う訳で、網を持って川に入っちゃいました。
結果、イワナゲット。
その後、溜まり場で24cmくらいのイワナが上りました。以前の放流魚が居つきになったもののようです。
そこでも「頭隠して尻隠さず」のイワナを発見。網を使ってゲットしちゃいました。
結果キープ4匹。
1.JPG
P1010037.JPG

佐久市の国道254号線、内山地区ではコスモス祭りを開催中です。かみさんがここに行きたいと言う事で釣りはそうそうと切り上げ、お家でお休み。写真は釣りの帰りに撮ったコスモス祭りの場所。
P1010009.JPG

コスモスまつり会場、コスモスの中で、いろいろなイベント開催中。お休み所では地元の人達のお茶の接待があり、美味しい漬物が食べられます。
1.JPG
2.JPG
3.JPG
[ 2010年09月12日 20:12 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

9/11ひさびさにがんばった渓流釣り

9/11は佐久漁協の特別解禁日。と言う訳で抜井川へ。。。。。ところが寝坊して10分遅刻。7時開始ですが、着いたのが7時10分。ちょうど釣り開始を告げた監視員さんが釣り禁止の旗を撤収して帰る時でした。
川に降りるハシゴのある所で地元の釣り人といっしょになり話をしたところ、皆さん開始からほとんど釣れていないとのこと。

開始直後(7時10分)の抜井川(公会所前から)
下流域では皆さん左上の放流場に集まっています。
P1010001.JPG
上流側は上流の橋下に皆さんいるようです。
P1010002.JPG

と言う訳で上流側の空いているところで釣り開始。
ところが釣れません。正確にはキープサイズが。。。。。。。
8時30分までやってチビヤマメ3匹、ウグイ1匹、ハヤ1匹、キープサイズの釣り落し2匹。
この間、見える範囲で釣れたのを見たのはルアーの方の2匹のみ。皆さん苦労しておられます。
渇水して透明度が高いと、魚も用心してしまっているんですかねえ。
いっしょになった方が、放流前に餌を与えないと、このようになることがあると言っていましたが、どうなんでしょう。
8時30分頃になると皆さんバラけてきちゃいました。
P1010006.JPG
P1010007.JPG

私はさっさと切り上げて、滑津川の放流ポイントに移動。
今回の放流魚は育てていただいた方のしつけが良かったのか、餌を魚の上流から流すと魚が避けて餌の流れ道を作ってくれます。
a.JPG

川も渇水中ですので水深15cm、魚が良く見えます。そんな中苦労してポチポチと上げました。最初の4匹は必死で釣ったのですが、その後は余裕もでき、写真も開始。
チビヤマメ、ウグイがきて、その後はキープの連続(ポチポチですが)。
1.JPG
2.JPG

キープ11匹目、25cmのヤマメがきました。放流魚です。
手元にあったバケツに入れ、ビクのところに行ったところ、ビクの中に魚が4匹しかいません。網に開いた小さな穴から脱走したようです。以前も脱走騒ぎがあり、穴を塞いだ時、この穴があることは解っていたのですが、この小さな穴から逃げられるとは思わなかった。
P1010020.JPG
P1011002.JPG

気を取り直して釣りを続けます。
3.JPG
4.JPG
5.JPG

珍しく午後2時までがんばってキープ17匹。
放流魚もずいぶん残っていますので続ければもっとキープできたと思いますが、暑くてバテバテのためここで中止。
抜井川から移動する時に、今日のブログのタイトルを「佐久の釣れない釣り日誌」としようと思っていたのですが、当たらなくて良かった。

今日のキープ。川魚をお待ちになっている家がありますのでおすそ分けし、自宅でも美味しくいただきました。
P1011001.JPG
[ 2010年09月11日 20:02 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

ひさびさの滑津川

理由があって、早朝、川の写真を撮りに滑津川へ。
ついでにちょっと竿だし。のつもりだったのですが、自分の背丈より高いアシが生えており、遡行困難。
やっと糸を流せるところができ糸を流すと、川の中まで出てきているアシに引っかかってしまい、釣りにならず。
今年の夏は雨と猛暑の影響でアシも実に良く育っています。それに渇水、この場所は釣りになりませんね。
渓流魚君もここに隠れて大きく育ってね。

P1010003.JPG
P1010004.JPG
[ 2010年09月10日 22:29 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

千曲川本流挑戦パート5、今日も尺は来なかった

今日も早起きして千曲川へ。残暑が続いていますが、早朝は秋の気配が漂っています。1週間前までは早朝も暖かな風だったのですが、今日は寒いという感じがしました。

入った場所は宿岩橋下流、以前から一度やって見たかった場所。
全般的に食いは良かった。この場所は投網はやってない感じがした。
P1010011.JPG
P1010015.JPG

釣れたのは小型サイズのみ。ただ、今までと違って来年はちょうど良いサイズと呼べる大きさの物で、あきらかなチビは少なかった。
欲しいのはこのサイズではなく、もう少し上。このサイズ、人間で言えば高校生クラスですかねえ。そうではなくて、もっと大人のむっちりと油の乗った、、、、(まずい、誰かの妄想が移っている)
1.JPG
2.JPG

今日はウグイが珍しく来ないなあと思っていたところ、来ちゃいました。
3.JPG

あまり釣れないので暇だと思ったのでしょうかねえ。事実なんだけれど、あんまりだあ
もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
P1010007.JPG
P1010006.JPG

浅瀬にいる稚魚。こういう魚がいる所は魚影も濃いですね。
P1010020.JPG
P1010023.JPG

千曲川の本流もだいたい当たって見ましたが、魚影の濃い場所と薄い場所の差がずいぶんあるような気がします。
後、1ヶ月、尺は来るでしょうか。40cmオーバー来ないかなあ。

本日のキープ、アマゴ3匹、ヤマメ1匹。
P1010001a.JPG
[ 2010年09月05日 14:16 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

佐久漁協、特別解禁日

9月4日は湯川の今年最後の特別解禁日。
釣り開始は7時ですが、5時に起きて釣り禁止となっていない露切峡下流で今日の腕試し。
結果は食いが渋く、ヤマメとウグイのチビが1匹づつ。たぶん投網で取られてしまったのではないかと思われます。
1.JPG

6時過ぎに露切橋下に到着。ちょうど先行者が2人入ったところでした。
私は先行者と川を挟んで逆側から挑戦。
その後、私の横に2人ほど入ってきました。
そのうちのお一人から「佐久っ子さんですか」と声をかけられました。私のブログを時々見てくれているとのことです。もし、これを見られましたら、ぜひコメントください。

と言う事で、この場所の釣りは全部で5人。前例からしてこの場所に放流されるのはバケツ1杯20匹程度。単純に考えると一人4匹となりますが、全部が釣れる訳ではないので、一人2~3匹と読みました。
P1010002.JPG
P1010003.JPG

7時から9時まで釣って全部でキープ6匹。その他チビヤマメ4匹(3匹リリース、1匹針飲まれ持ち帰り)。
だいたい予想通り。ただ食いはかなり渋かった。
時間的にはもう少し釣っていたかったのですが、かみさんの実家で法事があるため9時で引き上げ。
6匹と言う事は5人の中で一番釣れたかな。
放流日にしては消化不良の1日でした。

今日のキープ
P1010001a.JPG
[ 2010年09月04日 21:30 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

千曲川本流挑戦パート4

渓流釣りも、あと1ヶ月かと思ったら時間がもったいなく思い、5時起きして千曲川本流へヤマメを求め出撃。
何とか尺を1匹と思っているのですが、苦戦しています。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
入った場所はいつも行っている宿岩橋下。
P1010009.JPG

P1010010.JPG

P1010011.JPG

始めて2投目でウグイがかかった。
P1010001.JPG
その後もコツコツと流すたびにアタリあり。これはほとんどウグイですね。
場所を変えてやったところ、釣れるのはウグイばかり。

2匹目
P1010002.JPG

3匹目
P1010003.JPG

本日の4匹目にしてやっと20cmのヤマメ。
P1010004.JPG

その後も釣れるのはウグイばかり。
P1010006.JPG

6匹目
P1010007.JPG

7匹目でやっと2匹目のヤマメ。でも15cmのチビ。
P1010008.JPG

会社に行かなければならないので6時30分で上がりましたが、投網が解禁になって確実にヤマメが減っています。
鮎のいる場所とヤマメのいる場所って同じようなところなので取られちゃうんでしょうね。
釣る場所を選ばないと尺は上らないかもしれません。
投網も鮎のみにしてくれないかなあ。。

本日のキープはゼロでした。
[ 2010年09月02日 22:35 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)