佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  >  2010年01月
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

水深1m以上でも底の見える川

岐阜県以南では明日より渓流解禁のようですね。
皆さん今日は道具の用意で忙しいでしょう。
ちなみに早朝釣りとなるとヘッドライトですか?。

明日よりこのブログも忙しくなるんでしょうね。

長野県はまだ先ですので、ボチボチ川の様子を見る程度です。
昨日は雨川を見ましたので、今日は抜井川の様子を紹介。
雨川の氷った滝ですが、そことその少し上が放流場所です。
解禁前日に成魚放流がされますが、うまく釣れるのでしょうか。
抜井川は雨川の山一つ南側にある川で放流量も多く、県外からも多数の人が釣りに来られます。
写真の場所は大日向地区という場所ですが、この川のもっと上流は綺麗な源流です。
国道よりすぐ入れ、魚もそこそこいますが、すれています。
佐久漁協では年に何回か成魚放流を行います。
写真の場所が抜井川の中でも一番多く放流されます。標高は雨川と変わりないと思うのですが、なぜか氷っていません。
放流時は堤防中段に流れる用水の上に板を引き(場所取りを兼ねて)、
そこから竿を出します。
雨川もそうですが、川の水が綺麗ですので水深1m以上あるにもかかわらず川底がよく見えます。ですから魚を見ながら釣りをする事になります。
私はこの場所よりもう少し上の流れのある所で釣っていますのでよく解りませんが、アタリを見て合わせるのではなく、餌を食ったのを見て合わせるのでしょうね。
P1010051.JPG

P1010053.JPG
P1010055.JPG

P1010056.JPG



私がいつも釣っている場所。
4.5m竿で岩の間を丹念に流し、釣り上げています。
ここは佐久漁協管内の放流河川で、放流後も魚が結構残っています。
P1010057.JPG
スポンサーサイト
[ 2010年01月31日 10:11 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

パラボラアンテナと海から一番遠い地点

佐久市の臼田には東洋一大きなパラボラアンテナと日本で海から一番遠い地点があります。
パラボラアンテナは八ヶ岳の山麓にあり、佐久平からよく見えます。
正確には「JXSA臼田宇宙空間観測所」
と言い、宇宙空間の観測や、衛星へ電波を発信しています。
以前この場所の近くから流れ出している川が地図にあるので行ってみたところ、ほとんど水無しでした。
P1010037.JPG


日本で海から一番遠い地点の入口は雨川の上流にあり、雨川にはイワナ・ヤマメが細々放流され、釣り人も結構入っています。
現在の雨川は氷の中でした。
滝になっているところまで氷っています。
P1010040.JPG

遠い地点の入口に行く途中にあるダム湖。
一般に川の水が貯まっているところは緑色なのですが、ここの色は青です。コバルトブルーと言うのですかね。湖の中に枯れ木が突き出ていたりしてかなり不気味です。現在は完全に氷っています。
P1010050.JPG

雨川上流にある遠い地点の入口。ここから約1時間の山道です。聞くところによると獣道のようだと言う事です。
P1010045.JPG
P1010046.JPG
P1010047.JPG
P1010048.JPG

入口のすぐ横の雨川
P1010049.JPG
[ 2010年01月30日 15:25 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

快晴の朝

朝、空を見上げたら気球が飛んでいました。

佐久市では5月にバルーンフェスティバルなるものがあり、今年は5月3日~5月5日に行われます。

この3日間と漁協の放流日が重なると物凄く忙しくなりますが、今年の放流日は5月1日ですので釣りと気球見学の連続となりそうです。

バルーンフェスティバルで気球が飛ぶのは、朝の6時~8時頃と午後4時~6時頃です。風が弱い時でないとダメなのだそうです。

この間の開いた時間にイベントを行ったり、佐久市の名所巡りのバスが出たりしていますので、遠くから見物に来られた方も退屈はしません。

佐久漁協管内で放流が行われている渓流は軽井沢を除いて車で30分以内で行けますので、家族をここにおいて、お父さんは渓流釣りなども可能です。(バルーンフェスティバルでは小中学生対象のニジマス釣り大会もあります。無料です。)
1.JPG

佐久地方のある一部から富士山がピンポイントで見える所があります。
500m四方の所で、そこから外れると全く見えません。
2.JPG

今日の北アルプスです。
手前の黒い山と後ろの白い山(北アルプス)間で、左側が松本や安曇野、右側が栂池や白馬になります。

3.JPG
[ 2010年01月27日 22:38 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

日曜日の雑魚釣り、ボでした。

24日の午後、天気が良かったので、近所の川へ雑魚釣りに。

釣れるのは油ハヤ、運が良ければウグイが上るかなと思い糸を垂れましたが、全くあたりなし。

15分でやめました。

この寒い時期、放流魚はすぐに食いつきますが天然魚は中々食ってくれませんね。

次の休みあたりから仕掛けの準備を始めようか。

佐久漁協のホームページに今年の放流魚のキロ数が記載されていましたが、昨年より放流数が減ったような。。。。。
鮎の方に回されてしまっているような気がするのですが。。。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
[ 2010年01月25日 22:52 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

源流に行ったら氷っていました。

天気も良いので川の上流の様子を見に行きました。
思った通り川は氷っていました。
この時期様子を見にいくもう一つの目的は、源流に下りる場所を探すこと。
草が生え、木の葉が出てくると川が見えなくなり、目的の場所や川へ降りる場所が解らなくなってしまうので、あえて川の見えるこの時期に場所を確認しておくためです。

地元の川で、標高900m程度のところです。
川の上面が氷っていて、これでは糸を流せません。
P1010030.JPG

滝も氷っていました。白いのは氷です。
TS330075.JPG

ここは南向きのためか氷っていませんでした。
TS330073.JPG

滝の下の落ち込み。この川の稚魚放流の最上部です。
ここにくれば必ず釣れます。ただしほとんどがリリースサイズ。
P1010031.JPG
[ 2010年01月23日 16:48 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

佐久から木曽のイワナの話題(新聞からのパクリ)

ブログネタが無くなってしまったので、他力本願の新聞のパクリ。
1月18日の信濃毎日新聞にイワナの話題が載っていました。ヤマトイワナの件ですが、正直ニッコウイワナと区別がつきません。今まで釣っていたのだろうか?。木曽地方しかいないと書いてあるので、釣っているのはニッコウイワナだろう。でも今年は少し魚も良く見てみよう。
昨日は暖かかった。解禁日もこの位であればいいなあ。。。。晴れ晴れ
新聞記事.JPG
[ 2010年01月21日 22:25 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

佐久の空にUFO?

夕方の日の入り直後、面白い形の雲が出ていました。遠くから見るとUFOと間違えそう。
雲の左下はパラダのスキー場。
P1010001a.JPG

P1010006a.JPG

P1010016a.JPG

今日の浅間山
P1010004a.JPG
[ 2010年01月17日 17:48 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

解禁まであと1ヶ月

寒い日が続いていますが、皆さんのところはどうですか。佐久市は雪はほとんど(日陰しか)ありませんが、最低気温がマイナス10度、最高気温も2度程度です。

渓流釣りブログを見ていると岐阜県で2月早々に解禁となるようです。
長野県は2月16日です。ちなみに2月15日までは狩猟期間ですので、こっそり渓谷に釣りに行くと熊と間違えて撃たれちゃいますよ。

皆さん、初日はどこへ行こうか迷っているようですね。今年はこうしようと考えているワクワク感がたまらないのですがね。

佐久漁協では解禁日の前日にイワナ、ヤマメの放流が行われます。放流河川は4河川あり、湯川と抜井川がほとんどで、滑津川と雨川にちょこっとおまけ程度に放流されます。

2月の佐久市はかなり寒く、河川が凍っているところもあります。水面が凍ってしまうので、どうにもなりません。

写真は昨年の2月15日に滑津川へ放流された成魚の写真です。
322.jpg

さあ今年はどこから始めようか。
[ 2010年01月16日 19:57 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

今年1度釣ってみたいところ

14日午後10時の外気温マイナス6度。たぶん朝方はマイナス10度を下回ると思われます。

写真は養魚場の放水路。なんとなくいそうな感じ。養魚場はシナノユキマスかニジマスを養殖していると思われます。結構餌も流れ出るはずだから大物がいるかもしれない。
P1010016.JPG

養魚場の放水路が千曲川に合流するところ。
ここも尺ヤマメがいそうな感じ。
暖かくなったら挑戦してみよう。
P1010015.JPG
[ 2010年01月14日 22:45 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

佐久市の自慢の続き

9日に地元の日本一について書きましたが、続きを一つ。
と言ってもめんどうくさいのでこちらを見てください。

全然関係ないのですが、そのホームページからのパクリです。
佐久の方言。今でも使っています。

「あのけんまく(あのげんまく)」  「あんなにたくさん」
「あれっちょび」  「あんなにちょっと」
「あんきした」   「安心した」
「いかさまー」   「なんといっても」
「いかざあ」    「行きましょう」
「いかずに」    「行こうよ」
「いっける、いっかる」 「乗せる、乗る」
「いべ」      「行こう」
「おいとう」    「あななたち」
「おじぎ」     「義理」
「おつかれー」   「こんばんはー」(夜間の訪問時)
「おとこしょう、おんなしょう」 「男性がた、女性がた」
「おめとう」    「あなたたち」
「おやげねえ」   「かわいそう!」
「かまんどけ」   「相手にするな」
「ごわすいな」   「そうですね」
「そうずら~」   「そうでしょう?」
「そんねんまく」  「そんなに」
「せっこういいんな」 「勤勉だなあ、まじめだなあ」
「そべえる、ぞぜえる」 「ふざける、あまえる」
「ぶちゃる」    「捨てる」
「ももかす」    「くすぐる」
「きもいる」    「あたまにくる」
「よた」      「粗悪なもの」「いたずら」
「しょうしい」   「はずかしい」
「おじゃんぼん」  「お葬式」
「ずねえ、しゃらつねえ」 「ずうずうしい」
「おこじはん」   「ごちそう、夕飯」
「ひとっきり」   「しばらく」
「めた」      「もっと」
「やぶせったい」  「すっきりしない」
「やらざあ、やらずに」 「やろうよ」
「よばれる」    「ごちそうになる」
「せっちょ」    「手出し」
[ 2010年01月10日 23:16 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

地元の自慢 長寿日本一

寒くて釣りができないので地元の話題が続きます。
現在、佐久市は1日の最低気温マイナス10度です。しばれるわーー(どこの言葉じゃ)
そんなこんなで、地元の自慢を一つ。
佐久市には日本一と自慢できるものが2つあります。
1つは市内中心を流れる川、地元では千曲川と呼んでいますが日本一長い信濃川の源流です。
もう一つが、
長野県は長寿日本一の県です。その中でも佐久市は特に長生きです。なぜ長生きなのかはよく解りませんが、年を取っても適度に働く(野良仕事をする)ことが良いのではないかと思います。私の家を含め近所では家で食べる野菜のほとんどを自分の畑で作っています。かと言って出荷するほど作っていません。野菜を作るには体を動かしますし頭も使います。こうしたことにより病気になる割合が少ないのではと思われます。
私の親父も相当な年になりますが、畑に出ています。ただ冬はやることがないので暇をもてあましています。もっとも我が家の場合は馬鹿息子が釣りばかりやっているので、しょうがなく畑仕事をしている感があるのですが(笑)。。。。

このような所ですので長寿にあやかれるよう”ピンコロ地蔵”なるものを作りました。
野沢商店街にあり、先ほど行ったところ今年最初の門前市で賑わっていました。
P1010005.JPG

P1010004.JPG

P1010007.JPG

P1010001.JPG
[ 2010年01月09日 12:18 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

地元の話題

佐久市のど真ん中に家畜改良センター(地元では種畜牧場と呼んでいます)があります。
ここではヤギとウサギの改良が行われています。かなり昔からあり、4月下旬はサクラの名所となります。
広大な牧草地があり、牧場内の通路は自由に通る事ができます。
休みには家族連れで賑わっています。
以前はここの牧草地(入ってはいけないのですが)で矢じり拾いをしました。現在はトラクターで耕していますので、偶然でないと見つからないでしょうけれど。。。。。
通路に面してウサギ小屋があり、参観者がウサギと触れ合う事ができます。
また、ヤギに草をやる事もできます。
春には子ヤギが生まれ、とてもかわいいですよ!!!!!!。

P1010041.JPG

P1010040.JPG

P1010042.JPG

P1010039.JPG

P1010033.JPG

P1010035.JPG

P1010043.JPG
[ 2010年01月03日 15:00 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

冬の千曲川

鮎釣りで有名な千曲川です。

野沢橋の前後はその中でも一番込み合う場所。

数年前、テトラポットの上を移動していた釣り人が、テトラポットの間に落ちてしまいました。

同様の事故が翌年も同じ場所で起き、お2人が亡くなりました。

源流釣りで、よく浮き石に乗ってしまう事があります。昨年はそれでこけて竿を2本折りました。

毎年、無理はしない事。浮き石には注意する事。は常に心がけているのですが。。。。。。
P1010006.JPG

佐久漁協では千曲川には渓流魚は放流しておりません。

このため、千曲川での渓流釣りはあまり見かけません。

しかし、見るからに大物がいそうなポイントがたくさんあります。

今年の前半は千曲川の本流釣りに挑戦しようかと思っています。

しかし鵜と鴨は年々数が多くなってきますねえ。。。
P1010012.JPG
P1010013.JPG
P1010014.JPG

P1010020.JPG
P1010021.JPG
[ 2010年01月02日 09:41 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)

初詣

明けましておめでとうございます。
2010年が始まりました。
と言う事で初詣に行ってきました。
場所は上田市の別所温泉にある北向観音。結構有名なところです。
写真のように拝観者がずらりと並び、拝観するまでは1時間くらいかかります。また、駐車場に車を入れるまでも1時間くらいかかります。
私の場合、脇道を通って車を駐車場に入れ、近道を通って直接拝観所に出ます。そのため、待ち時間ほぼゼロ。
でもぜったいご利益無いよなあーーーーーー。
P1010001.JPG
P1010003.JPG

北向観音には観音下駐車場の横に足湯(無料)があります。気持ちが良いですから、ぜひお寄りください。
P1010006.JPG
P1010007.JPG
[ 2010年01月01日 22:52 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)