佐久の渓流釣り日誌

長野県のとある地方で渓流釣りを楽しんでいます。
佐久の渓流釣り日誌 TOP  > 
渓流釣り
プロフィール

佐久っ子

Author:佐久っ子
源流釣りを趣味にしています。

カウントダウンタイマー
カウントダウンタイマー
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
QRコード
QR

遠足いや遠車

先週の朝のテレビ番組を見ていたら、群馬県のとある場所から生放送で天気予報をやっていました。
そこは花畑で芍薬の花が咲いており、調べてみると佐久市から1時間程で行けるところ。
天気も良いのでかみさんを連れてお出かけ。
DSCN3373.jpg
DSCN3370.jpg
沢山の芍薬が咲いていました。
我が家にも数本ありますが、これだけの量となると爽快ですね。
DSCN3337.jpg
DSCN3338.jpg
色々な種類の芍薬が咲いており、これほど種類があるとは知りませんでした。
聞くところによると50種類ほどあるそうです。
DSCN3342a.jpg
DSCN3348a.jpg
地元の奥様方が観光客を接待してくれておりました。
漬物に冷たいお茶、飴をいただきました。
DSCN3368.jpg
芍薬園全体はこんな感じ。
[広告] VPS

せっかく富岡まで来ましたので、近くにある世界遺産の「富岡製糸場」まで足を延ばしました。
DSCN3374.jpg
DSCN3375.jpg
そう言えば我が家や周りでも昔は蚕をかっていました。
畑から桑を切ってきて蚕に与えたものです。
いつからか輸入品に押されてアッと言う間に飼う人もいなくなってしまいました。
DSCN3382.jpg
建物群の一部は保存修理を行っており、そこを見学するにはヘルメットが必須だそうです。
そのためヘルメットを貸し出していますが、現場の都合ですのでヘルメットは無料でも良いのでは???と思うのは私だけでしょうか。
DSCN3377a.jpg
久々に良い目の保養をしました。
スポンサーサイト
[ 2018年05月14日 21:52 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(8)

平穏になりました。

あちこちで賑やかだったゴールデンウイークも去り、やっと平穏になりました。
渓流にも釣り人がたくさん入りましたので、お魚さんも大忙しだったでしょう。
と言う事で静かになった渓流に行ってきました。
午前中は所用があり、午後からのお出かけ。
前日に雨が降った事もあり、若干の増水。
目的のポイントに流すと一投目からきました。
かなり強い引き。
良型の放流イワナでした。
DSCN3281a.jpg
その後もアタリはあったのですが、針に掛からず。
場所を移動。
流れの中から釣れました。
これも良型の放流イワナ。
二匹とも抜いているので、途中で落ちないかビビりました。
DSCN3283a.jpg
さらにすぐ下の落ち込みで一匹追加。
流れと流れの間の淀みにいました。
DSCN3285a.jpg
先程の場所に戻り、泡の中を流す魚が餌を追う姿が見えましたが、残念ながら空振り。
もう一回流すとと食ってきました。
DSCN3287a.jpg
まだアタリはあるのですが、スレてしまい中々針掛りしません。
と言う訳で場所移動。
この場所も一投目から食ってきました。
DSCN3290a.jpg
上記のすぐ下流。
川の中にある石のすぐ横にいました。
DSCN3292a.jpg
20mほど上流の落ち込み。
泡の切れ目から釣れました。
DSCN3298a.jpg
水が流れ落ちているところが深みになっており、水の落ち込みが二股に分かれている間から釣れました。
左の流れの下には沈み木があり、仕掛けが見事に引っかかりました。
DSCN3300a.jpg
上記のすぐ横の落ち込み。
珍しくヤマメが釣れました。
これも以前放流の残りでしょう。
DSCN3302a.jpg
同じ場所から釣れたイワナ。
餌を追ってくる姿が見えましたが、中々針掛りしません。
捕捉の下手な魚と思っていたらシッポが切れていました。
たぶん誰かが釣って、証にシッポを切ったのでしょう。
それほど大きく無いのでリリース。
DSCN3304a.png
すぐ近くの落ち込みで二匹目のヤマメ。
このヤマメ、一度食いついたのですが取り込み途中でバラシてしまいました。
たぶん食わないだろうと思ったのですが再度食ってきました。
DSCN3306a.jpg
場所を移動したのですが、その場所は釣れず。
車に戻ろうとして川を横切るついでに流したらイワナがかかりました。
ラッキーな一匹。
DSCN3308a.jpg
移動時間を考えると賞味一時間程の釣りだったのですが、GW明けにもかかわらずよくこれだけ釣れました。
魚も釣り人が一時途絶えたのでホッとしたのでしょうか。
その後は二番芽のタラの芽とコシアブラを採って終了。
漁協の放流もしばらくはありませんので、まったりとした釣りができそうです。
[ 2018年05月09日 10:40 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

ゴールデンウイーク

ゴールデンウイークもあと2日。
3日は軽井沢で「渓流釣りの集い」という釣り大会がありました。
かなりの量が放流され、参加費は無料で誰でも参加できます。
毎年惰性で参加していますが、年々参加人数が増えているようです。
DSCN3260.jpg
9時から釣り開始なのですが8時過ぎから強い雨が降り、あっと言う間に増水に濁り。
人数が多いので早い流れは最悪です。
幸い9時には雨が上がりました。
いつもは8時頃に放流車が来て放流を行うのですが、今回は開始15分前に到着。
放流終了と同時に釣り開始となりました。
DSCN3253.jpg
私はこの人数の中でやる気がせず、あちこちで拾い釣り。
8匹程釣って納竿。
まだまだ皆さん釣っていますが、10時30分終了。
ニジマスはほとんど釣り切られたようですが、イワナ・ヤマメはまだまだ残っています。
たぶん次の日あたりは良く釣れるでしょう。
中央の人が集まっているところは子供釣り場。
無料で釣れます。
DSCN3259.jpg


そしてこの時期、佐久市ではバルーンフェスティバルがあります。
3日から5日の午前中までの予定です。
競技は朝と夕方に行いますが、3日の朝は雨で中止、午後は風が強くて中止。
4日は朝、夕方とも風が強くて中止。
DSCN3269.jpg
それにしても観客が凄い。
今までで最高の人出です。
DSCN3265.jpg
DSCN3267.jpg
5日の朝が最後ですので何とかできるようになって欲しいものです。
[ 2018年05月04日 19:49 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

久々の源流

ついにゴールデンウィークに突入しましたね。
ここのところ放流魚を追い回していましたが、一段落したので久々に源流へ釣り行。
山は山菜採りと釣り人でごった返しています。
源流もポイントというポイントはすでに誰かが入渓済。
これだけ入渓していればクマも出て来ないでしょう(笑)。
テレビでも「あちこちでクマが出没」と騒いでいますので、釣りもドキドキです。
少し前までは鈴を4つ付けただけで釣りをしていましたが、今はオーディオプレーヤーで大音量の音楽を流しながらやっています。今ではこれが無いと怖くて釣りができません。
DSCN3213.jpg
いつもは源流を釣り上がって行くのですが、手っ取り早く良型を釣るのはダム下が一番。
始めてすぐに来ました。
しかし残念ながらリリースサイズ、良型になってまた来年。
このサイズ結構釣れました。
DSCN3205a.jpg
2匹目と3匹目は良型イワナ。
これはオカズになります。
DSCN3207a.jpg
良型イワナはダム下に1~2匹くらい。
良型が出なくなったら別のダム下に移動。
DSCN3209a.jpg
4つほどダム下をはしごして5匹程ゲット。
DSCN3211a.jpg
DSCN3214a.jpg
山道を歩いていて感じたのですが、今年はこのトゲのある木があちこちにあります。
歩くのがとにかく大変です。
DSCN3216.jpg


そう言えば先週、とある釣り場からの帰り道。
倒木があり、道が通れなくなりました。
DSCN3202.jpg
倒木はだいたい山側から倒れてきますのでのこぎりで切断するのも山側に登らないと切断できません。
DSCN3204.jpg
こういう時のために電池式のチェーンソーを持ち歩いています。
私のは写真の物よりひと世代古い物ですが、これですと道から簡単に切断できます。
畑にある果樹の剪定に使うために購入したのですが、釣りの時も時々役に立っています。
電池式ですので連続使用は15分が限度です。
電池チェーンソー


先日JAの販売店に買い物に行きました。
なんとリーフレタスが2個入りで100円で売っていました。
TS3R1627.jpg
それに対して普通のレタスの苗が、42円。
まあ作る喜びはありますが、金銭的には合わないなあ。
TS3R1629.jpg
こちらはトウモロコシの苗。
夏場のトウモロコシはスーパーで買えば1本100円です。
今年も20本ほど作りましたが、手をかけて作るよりも買った方が安い?????
TS3R1630.jpg
[ 2018年04月30日 18:35 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)

豪雨

25日は久々の雨になりました。
実は24日の午後にとある場所にイワナの放流があり、その場に居合わせた八王子から来られたと言うお二人と釣らせてもらいました。
放流が3時頃だったので1時間ちょっとしか釣りができず、更に放流直後は食いが悪かったので25日の早朝からカッパを着て釣りを行いました。
1時間程は順調で10匹程つりあげました。
TS3R1624.jpg
ところが急に雨が強くなったと思ったら水が増水、激濁り、あっという間でした。
まあ源流ですので流されたり取り残されたりすることは無かったのですが、川の変化が速い事をつくづく実感しました。
DSCN3197.jpg
DSCN3196.jpg
豪雨だったようで帰りの道の側溝も排水しきれず、道路に流れ出してこんな状況に。。。。。
DSCN3198.jpg
そう言えば広島市でイノシシが出たと騒いでいましたが、タラの芽採りに山に入ったところイノシシが掘り起こした跡があちこちにありました。
TS3R1626.jpg
クマも冬眠から覚めてあちこちに出没しているようです。
釣りもビビりの連続になりそうです。
[ 2018年04月25日 19:23 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(6)